マネック証券で、暗号資産のCFD取引が始まる!

ビットコインやリップルといった、かつて仮想通貨と呼ばれたもの。

今では、『暗号通貨』と呼ばれています。

ネット証券大手の一つ、マネックス証券で、この度、その暗号資産のCFD取引が始まりました。

ネット証券大手で取引できることから、他の暗号資産取引所に口座を開設するよりも安心感もあり、今までビットコインなどが気になっている人は、マネックス証券で暗号通貨投資を始めて見るのもありかもしれません。

暗号資産ってなに?

「今更だけど、暗号資産って何?」って人もいるかもしれません。

暗号資産とは、ビットコインに代表される。貨幣のように現物化されていない、ネット上に存在する通貨と言われています。

実際には、通貨というよりもデータなのですが、多数の人で監視しあっている仕組みのため、保全機能が高いともいわれています。

ところが、ビットコインを取引する取引所の管理不備や不正により、多額の暗号通貨が盗まれるといった事件が多発し、ビットコインなどの暗号通貨に対する信頼が大きく失われました。

そして、それと同じくして、それまで暴騰していたビットコインの価格も、大きく下落することになりました。

しかし、それでもまだ、暗号通貨は生き残っています。

これからどうなるかわはわかりませんが、今後も生き残り続けるようなのであれば、ビットコインなどの暗号通貨を再度見直してみるのもいいのかもしれませんね。

マネックス証券の暗号通貨CFD

マネックス証券で取り扱う、暗号資産のCFDとは、実際に暗号資産を売買取引するものとは、若干違います。

CFDとは、先物取引に似た仕組みの取引方法で、最近では株価指数や株式のCFDが増えてきました。

証拠金というお金を証券会社に預け、その預けた証拠金の範囲で、現物ではなく指数を売ったり買ったりの取引を行います。

つまり、ビットコインそのものを取引するのではなく、ビットコインの価格の変動を取引するという事になります。

いってみれば、投資家の資産は、ビットコインの買いの取引をしたとしても、ビットコインではなく預け入れた証拠金というお金というわけです。

逆に言えば、マネックス証券という会社の信用リスクは負いますが、ビットコインが盗まれるいった、過去に起こった取引所の環境整備や不正により財産を毀損するといったリスクがないとも言えます。

暗号通貨資産への投資ってどうなの?

はっきり言って、以前のバブルのような高騰はあまり期待できないと思っています。

ビットコインなどの一部の暗号資産によって、暗号資産は、すでに認知度が高くなっているため、あまり知識を持っていない投資初心者や素人の参入と言ったバブルを起こす主な面々の参加が期待できません。

また、暗号資産の持つ弊害もよく知られるようになってきたため、賢い投資家も、そうかんたんに資金を投入しない可能性も高いです。

ということは、今後は昔のような大きく値動きするボラリティが収まり、安定した投資先となる可能性があるのかもしれません。

もしそうなるのであれば、いわゆる『金投資』の代わりという、当初、暗号資産に期待された効果を発揮することもないとは言えない気がします。

もしビットコインなどの暗号資産が、金投資の代わりという役目を担うことになるのだとしたら、今のような先の見えない不安な金融環境というのは、ビットコインなどの暗号資産にとって追い風となるのかもしれません。

なんにせよ、わからないことが多すぎて、あまり大きく突っ込むところではなさそうですが、だからといって、一切見向きもしないというものでもないのかもしれませんね。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000