ファイナンシャルプランナーが、相談業ではなく、金融機関の仲介業というビジネススタイルから抜けられないのは何故なのか?

独立系といっても、実際には、生命保険の代理店手数料や、投資信託の販売手数料などで収益を上げているファイナンシャルプランナーが意外と多いものです。

ですが、「金融機関の商品を取り扱っていると、どうしても、手数料が高い商品を売りたい。」

「そのお客様が、本当に必要な商品かどうかわからなくても、とりあえず買ってもらいたい」

と考えてしまうものです。

これが本当にお客様のためなのかと葛藤しているファイナンシャルプランナーも少なくないことでしょう。

しかし、分かっていても、仲介業というビジネスモデルから脱却できないのは何故なのでしょうか?

そもそもファイナンシャルプランナーという仕事は、保険を売るために登場した?

ファイナンシャルプランナーというと、家計を見直して、生涯のお金のことを相談する人というイメージもあるかもしれませんが、その知識やノウハウは、すべて生命保険を販売するためのものでした。

『でした。』というよりも、今でもそうなのかもしれません。

ファイナンシャルプランナーが作る、ライフプラン表やキャッシュフロー表というのは、相談してみるとよくわかりますが、生命保険の営業の人が作るものにそっくりです。

生涯のお金の計画を作成し、必要保障額を算出、そしてその保障額を補てんする生命保険を売るという、流れで営業することがあります。

この流れは、ファイナンシャルプランナーも一緒です。

つまりは、ファイナンシャルプランナーという仕事は、生命保険を販売する目的でつくられたのです。

『保険の営業』という言葉だと、若干近寄りがたい印象を持たれることも少なくありませんが、『ファイナンシャルプランナーです。』と名乗ることで、その壁を取り除けることもあるものです。

まったくもって、保険の営業が考えそうな手段ですよね。

実際、ファイナンシャルプランナーが日本に来てから、大きく普及する原動力となったのは、保険会社でした。

それから徐々に、他の業種も入ってくるようになりましたが、今でも日本FP協会の上層部は、生命保険会社の息がかかっているように感じます。

そもそもが、生命保険の仲介業のために生まれてきたような資格という事を考えると、やはりファイナンシャルプランナーは、金融商品仲介業というビジネスモデルが定着しやすくなっているのは当然なのかもしれません。

ビジネスモデル的に、相談業というのは難しい。

ファイナンシャルプランナーの相談業は、はっきりいって儲からない。

FP技能士一級という資格は、合格率一桁の難関資格でありながら、その知識をつかった相談という仕事では、高収入を得るためのビジネスにはなりにくいものです。

具体的に言えば、FPの最高位の資格と言われているCFPの相談料は、おおむね1時間あたり、5,000~10,000円と言われています。

似たような相談料の話に、弁護士も挙げられますが、弁護士への相談は、必要に迫って相談することが多い反面、FPへの相談は、必要性があまり高くありません。

そのため、FPの相談料は、あまり高くできないという事もあるように思います。

『FP無料相談』なんて形は、まさにその典型なのかもしれません。

仮に、優秀なFPで、1時間10,000円の相談料をもらえたとしても、1日に2組づつ相談をおこなったら、そのFPの年収はいくらぐらいになるでしょう?

1ヶ月に25日働いたとして、月の収入は、25日×2組×10,000円=50万円。

つまり、毎日のように午前午後と相談対応に追われたところで、年間の売上は600万円がいいところという事になります。

さらに、この600万円の売り上げから、事務所家賃や水道光熱費などの経費を差し引くと、最終的な手取りは、あまり多くないのかもしれません。

このように、相談料だけでやっていこうとすることは、あまり収入が多くなく、あまり魅力ある仕事とは言えないのかもしれません。

その点、金融商品仲介業というスタイルであれば、年収数千万円なんて人もいます。

ビジネスとしてやるならどっちが良いか、考えなくても分かることです。

仮に資産5,000万円のお客様から相談があり、相談料として、キャッシュフロー表などの作成も含め、トータル数十万円の相談料と手間代をもらうのと、5,000万円を預かって運用手数料として、年間1%(50万円)づつ永続的に手数料をもらうビジネス。

そう比較しても、はっきりと相談とアドバイスでは割に合わないことがわかるはずです。

でもお客様からすれば、どっちがいいと思いますか?

お客様のためと思い、相談料とアドバイスで仕事をしているファイナンシャルプランナーは、相談料だけで稼ごうとするのは、事業としてはあまり優れていないことがわかっています。

そのため、他の稼ぐ手段を考えなくてはなりません。

結果的に、今の相談を重視したファイナンシャルプランナーの多くが、講演料や本や雑誌のコラムなどの執筆といった、時間にとらわれない収入や、より高収入が得られる効率のいい仕事も同時に掛け持ちしているわけなのです。

0コメント

  • 1000 / 1000