トレーダーに必須の心理学『リスクの心理学 不確実な株式市場を勝ち抜く技術(アリ・キエフ) 』

トレーダーにとって、投資に関する心理学を学ぶことはとても有益です。

人は、自分が思っているよりも合理的な判断ができない。

心との対話なくして、トレーダーとしての成功はないのです。

投資と心理学。

トレーダーに限らず、長期投資家も含め、投資や資産運用をしている人ならば、誰もが気づくことがあります。

それは、投資という行為には、心の問題が出てくるということ。

中でも、リスクを感じる私たちの心は、特に大きな問題となります。

この本の中で、何度も伝えていることに、「損失はできるだけ小さくし、利益はできるかぎり伸ばす」という事があります。

損切は早く、利食いは遅くというわけですね。

言葉にするのは簡単です。

しかし、いざやろうと思うと、これがなかなかできない。

そして、これができない理由の大部分が、私たちの心の中の問題なのです。

その問題と向き合ったのが、この本です。

心の問題と対峙するために。

ずばり言ってしまえば、心の問題を完全に解決することはできません。

リスクをリスクとも思わず、まるでコンピューターのように冷静に取引するなんてことは、私たち人には不可能です。

リスクとは、不確実性のことで、先のことはわからないということです。

分からないことに対して、不安を感じるのは、人として当然です。

機械のようには、なりたくたってなれません。

本書でも、心理学を駆使して、機械のようになれるとは一言も言っていません。

むしろ、人にできない事を機械ができるように、機械にはできないことが人にはできると言っています。

人として、不安や恐怖を感じる者として、どうやって投資と対峙したらいいのか。

それがこの本の課題というわけです。

重要なのは、心との対話。

取引をしている自分が、その時どう感じているのか、心地よいと感じるポジションサイズはどのくらいなのか?

それを客観的に見つめてみようといった事を言っていました。

具体的に言えば、日記などで記録をつけることを本書では何度もお勧めしています。

面白かったのは、不安に感じたらストップウォッチで、不安に感じている時間を測って記録してみるというものありました。

リスクを感じると出てくる、不安や恐怖。

それに自分の心はどんな反応をしているのか。

それを客観的に見つめてみようと提案しています。

ポジションの取りすぎ。

損をしたくないための、早めの利食い。

なかなかできない損切。

上手くいくと横柄になる。

負けると取り返したくなって、いつもと違うリスクを取ってしまう。

などなど、投資をしていると感じる様々な、非合理的な反応と判断。

投資家としてやっていくなら、知っていて損ではない話なのではないでしょうか?

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000