賢明なる投資家になるための、『バリュー株投資は「勝者のゲーム」!(井手正介)』

この本は、リーマンショックから2年後ぐらいに発売された本です。

実は、この本は、今の私の投資スタイルに大きな影響を与えた本で、この本が今の投資方法の原点になっているといっても過言でありません。

株式投資を学ぶなら、おすすめの一冊です。

バリュー投資がなぜ勝者のゲームなのか?

投資の世界で、今や主流となっている『効率的市場仮説』。

この言葉を信じる限り、バリュー投資にインデックス投資を超えるような優位性はないと考えられるわけですが、実際には、バリュー投資には市場平均(インデックス)よりも優位性が見られる。

それは、いったいなぜなのか?

そこを様々なデータや学者の研究内容などを用いて、詳しく説明してくれている一冊となっています。

日本の投資関連の本で、これほど実際のデータや、研究論文、そして自身でためした実証結果などをもって解説してくれてる本は、とても稀な存在です。

この手の内容が知りたければ、海外の人が書いた本を読むことになるのが、普通です。

しかし、海外の人が書いた本だと、日本の市場に合わせた内容となっていないことが多く、どこまで日本市場で使える理論なのかわからないところがあります。

その点、この本は、日本で理論の実証をやってくれているという点で、数少ない本の一つといえるのではないでしょうか。

株式へのバリュー投資とは、超長期の社債を買う感じ?

『エクイティ・ボンド』

これは、かの有名なウォーレン・バフェットが株式投資についてつかった言葉です。

「元本価値が内部成長率で持続的に増殖する優良社債」というような意味です。

要は、株式といっても、その本質は社債に投資をするように投資をするというのが、バリュー投資を行う理由というわけです。

株式というのは、企業が稼いだ利益を、配当と内部成長に利用するための留保金にわけて使い、株主に貢献するようになっています。

つまり、安定的に利益を稼ぐ優良企業への株式投資とは、投資した元本(株式)に、企業利益というクーポンをつけてくれる、社債のようなもので、そのクーポンは、配当金という形で還元したり、企業が投資家に代わって再投資をし、元本価格(株価)の上昇でもって還元したりしているわけです。

株式投資とは、実際には、このようになっているということを、この本を読んで、直感的に理解できるようになった。

これが、この本から得られた大きなポイントでした。

具体的には、PERとROEを確認してバリュー投資を実践する方法で話が進められていました。

まったくもって「なるほど!」と思わされる話でしたが、個人的には、いつの間にかPBRとROEをよく利用するようになっていました。

でも、株式投資に接する考え方としての最終目的地は、ほとんど同じだと思っています。

きっと、この本は、バリュー投資を志している人、株式投資に挑戦したい人にとって、とても参考になる一冊になることと思います。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000