マイクロ法人を設立するとお金持ちに?『貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する(橘 玲)』

「貧乏はお金持ち?」

ちょっと変な言葉ですよね。

でも、この本を読むと「なるほど、そういうことか」と思うことでしょう。

サラリーマンも法人化(会社)?

法人化と言われても、ピンとこない人が多いことでしょう。

しかし、法人化することのメリットは、間違いなくあります。

今の時代、『雇われる』という意識だけでは、生きていくのが難しくなってきたと感じています。

就職氷河期を経験した自分にとって、この本の最初の章には、身に染みて感じるものがありました。

結局サラリーマンであっても、『雇われる』という気持ちではなく、『独立』という気持ちが重要になっているというのは、今の若い世代ではよく感じていることなのではないでしょうか?

特に、今の30~40代の中には、そう感じている人が少なくないと思っています。

そして、『独立』の一つの形が、『法人化』つまり会社を作ることです。

サラリーマンだって、給料という形で収入をもらっていますが、その収入を給料ではなく、自分の会社の売り上げとしてもらったっていいという発想です。

自分が会社に貢献した売上や利益に応じて、会社から売上として収入をもらう。

考えてみれば、それは一人のサラリーマンであっても、一つの会社であっても同じ事ですよね。

そこで、この本で出てくるのが、『マイクロ法人』。

自分一人が株主(所有者)で自分だけが社長であり社員の会社。

個人事業や給料ではなく、法人化することで、魔法のようにいろんなメリットが出てくる。

特に、税金やファイナンス(融資)といった面で、様々なメリットがあります。

その仕組みやノウハウを紹介しているのが、この本です。

法人化するとメリットがあるの?

法人化にどんなメリットがあるのか?

法人化すると、税金の計算で有利な点が多々あります。

本書の内容は、2010年ごろの話なので、今の税制とは少し違いますが、それでも大枠は一緒です。

法人を設立すると、収入を法人と個人で分け合うことで、全体で税額を減らすことが可能になります。

基本的には、個人事業も、収入を家族で分け合うようにすることで、家族全体での税額が少なくなる仕組みがあります。

法人を設立すると、その家族にプラスしてもう一人の人が加わるので、さらにメリットがでることになります。

このような人の数を増やすことで税額が減る効果を『所得の分散化』と言います。

他にも、法人ならではの経費の計上など、さまざまなメリットがあるものです。

詳しい話は、本書を読んでみてもらえればと思います。

ところで、法人の設立というのは、簡単にできないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は、案外簡単に設立できてしまいます。

株式会社などの法人組織にこだわりを持たなければ、費用として10万円以下で、法人を設立することが可能です。

サラリーマンでもマイクロ法人化というのは、ある意味では不可能ではない話なのです。(会社が給料を法人の収入にしてくれるかどうかは、わかりませんが。)

例えば、サラリーマンが、株式投資をするための法人を設立する。

なんてことは、案外簡単にできてしまいます。

それによってメリットが増えるか、デメリットとなるかはわかりませんが、やって出来ないことではありません。

本書では、日本国民みんなが『マイクロ法人化』なんてことを言ったりしていましたが、その考えも、あながち悪いものでもないかもしれません。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000