資産運用初心者におすすめの投資信託について、投資家でもあるファイナンシャルプランナーが、ちょっと思うこと。

私は、ファイナンシャルプランナーの最高位の資格と言われるCFPを保持しています。

また、株式や投資信託などに投資をして、かれこれ15年ぐらいの経験もあります。

そんな私が、資産運用初心者におすすめの投資信託と言っているものについて、ちょっと思っていることをお話しします。

資産運用初心者におすすめの投資信託なんて、そもそもないのでは?

資産運用初心者向けというけれど、本当に向いているのだろうか?

だいたい、資産運用初心者の一番の問題は、『リスクに慣れていない、分かっていない』という点です。

「じゃあ、リスクが少ない投資信託を選択すればいいのではないか?」

って話があるかもしれない。

そこで、よく勧められているのが、『複数の資産に分散投資するバランス型の投資信託』。

しかし、複数の資産に分散投資することによって、リターンが下がるというデメリットもある。

このデメリットは、長い目で見ると、リスクとなる可能性だってあります。

また、複数の資産に分散投資することによって、投資信託を運用している会社や販売している会社の手数料が高くなることも大きなデメリットです。

「株式だけに投資する投資信託は、年率7%のリターンが期待でき、投資信託の手数料は、年率0.2%だった。

バランス型の投資信託にしたことで、期待リターンは、3%に下がり、信託報酬手数料は、年率1%に上がった。」

リターンが下がったのにコストが上がるなんて、これじゃ、意味ないじゃん。

なんて思いませんか?

資産運用初心者は、リスクへの理解から始めよう!

「リスクの勉強!」

これが、資産運用初心者の最初に始めることだと思います。

リスクを知らずに、投資信託に投資してうまくいく人は。

『何にも考えず、毎月投資信託(適切な)を積立して、10年後よく見たら、資産が増えていた。』

という幸運をつかんだ人ぐらいです。

積立をしている10年間、金融市場から離れ、上がっても下がっても、全く気にせず、のんきに過ごしていた。

そんな人です。

でも、そんなことできる人は?一握りしかいません。

だから、投資信託でうまくいかないという声が多くなる。

ずばり、リスクをしらない投資初心者が資産運用をするなら、値動きのない資産がお勧めです。

それが、資産運用で失敗しない一番の方法なのかもしれません。

『投資信託は、リスクについて勉強したくなってから。』

というのが、ファイナンシャルプランナーとしての投資信託に対してのアドバイスです。

ところで、値動きのない投資先ってあるの?

リスクについて学ぶことのない、資産運用初心者は、値動きのない資産で運用することがお勧め?

では、値動きのない資産とは?

日本国内では、『個人向け国債』ぐらいしかないかもしれない。

本来なら、もっと債券市場に、個人が参加できるような機会が増えればいいのかもしれないけれど、今の日本で個人が簡単に買える債券は、個人向け国債ぐらいです。

トヨタ自動車などの有名な企業が発行する『社債』は、金融機関が一手に買い占めてしまう。

言い方を変えれば、「日本の金融市場は、投資初心者に優しくない」と言えなくもない。

もっと安全性が高く、その割にリターンのある投資先が、個人にオープンになっていない。

そして、そういう資産は、金融機関が買い占め、その後、『投資信託などの形にしてリスク資産として個人に販売』している。

「これってどうなのだろう?」と思うところです。

最近、そんな日本の金融市場に、新たな一手が加えられました。

それが『ソーシャルレンディングで、新しい形の社債』というものです。

でも、ソーシャルレンディング業界でも、業界最大手と言われていたmaneoの不祥事で、信用失墜。

なかなか個人が資産運用をしようという意識が高まらないのも、仕方がないことなのかも。


0コメント

  • 1000 / 1000