【事業主向け】「お金の管理が上手くいかない?」。目的別に口座を分けてみませんか?

事業を行っている中で、お金の管理がよくわからなくなることってありませんか?

いくら入ってきて、いくら出ていくのか?

今、つかえるお金はいくらあるのか?

もっと言えば、利益がでて、手元に残るお金はあるのだろうか?

よくわからないままに、経営している人もいるのではないでしょうか?

お金の管理が、わからなくなるのはなぜ?

事業を行っていると、お金の管理が難しくなります。

事業には、家計以上に複雑な何かがあるのでしょう。

お金の管理を難しくする事業ならではの特徴といえば、『かけ』と呼ばれる取引です。

商品を仕入れた時は、商品と一緒にお金を支払うのではなく、後日請求書などが送られてきて、支払うことになります。

売り上げた時も同じで、商品を渡したときにお金を受け取るのではなく、後日請求書を送って、振込などで支払ってもらいます。

この、売り上げや仕入れのタイミングと、入金、出金のタイミングの違いが、お金の管理をややこしくします。

さらに、通常業務で発生する、経費もあります。

こちらは、たとえば飲食をすれば、飲食をしたその時にお金を支払います。

つまり、即時決済。

他にも、毎月定期的に発生する経費もあったりします。

お給料や保険料といった固定費です。

さらには、数年かけて資金を回収するような、大規模な投資を行ったりもします。

このように、事業を行っていると、取引ごとに入出金のタイミングがまちまちで、入ってきているのが多いのか、出て行っているのが多いのか、よくわからなくなってきてしまうわけです。

会計事務所の試算表はあてにならない?

お金の管理がわからなくなるので、なにかを指標にしようと考えます。

その指標にしている代表的なものが、税理士や会計事務所などで作ってくれる決算書であり試算表でしょう。

しかし、この決算書や試算表ですが、多くの経営者が、当てにしているようで当てにしていないところがあります。

なぜなら、「結局試算表などを見たところで、なにもわからない。」と感じるからでしょう。

この感覚は、ある意味正しい。

こんなことを言っては、税理士や会計事務所に悪いのですが、はっきり言って決算書や試算表を見るだけでお金のことを把握しようとするのは、不可能だし、やめた方がいいかもしれません。

よほど単純な取引をしている業種でないと、試算表などでお金の把握をするのは、難しいです。

例えば、『会計事務所』。

この業種は、毎月ある程度決まった顧問料をいただくことができるので、その範囲でやりくりすれば、だいたい利益とお金の把握が出来てしまったりします。

つまり、試算表とお金の状況が、だいたい似通っているというわけです。

会計事務所の見る試算表の感覚と、一般事業者の見る試算表の感覚は、まったく違うものになっているかもしれません。

お金の把握は、目的別に口座を分けるのがベストです。

試算表はあてにならない。

会計事務所の試算表報告やアドバイスもいまいちピンとこない。

そこで、お金を管理する方法として、目的別に口座を作るという方法をアドバイスします。

事業別や、入金用、仕入支払い用、経費支払用などで口座を分ける。

通常、複数の口座を作ると、資金の無駄が生じることもあるため、少ない口座数に絞ったほうが良いところもあります。

しかし、口座を分けることで、何処の部分にお金が足りないのか、またお金に余裕があるのか、経費はどのくらい使っているのかを、口座の残高をみるだけで、なんとなく把握できるようになります。

そして極めつけは、貯蓄用の口座や、投資用の口座といったものを用意すると、今、本当に利益が出ているのか、投資に使えるお金があるのか、といったことまで何となく見えてくる気がしてきます。

あくまで気がしてくるではあるのですが、試算表などよりも、直感的にわかる分、ずっといいと思っています。

入金用口座から、仕入れ用口座、経費用口座、に資金を移動。

あまりそうであれば、貯蓄用口座に入金。

複数の事業を行っているならば、事業別口座を作って、事業単独で利益が出いるか、赤字かを見えるようにする。

といったように、複数の口座をうまく活用すること。

これが、お金を管理する最もシンプルで、分かりやすい方法なのではないでしょうか?

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000