FXの確定申告、どうやってする? そして、するとどうなる?

FX取引をしている方。

確定申告が必要だという話を聞いたこともあるかもしれません。

しかし、「税金の申告なんて不慣れでどうしていいかわからない。」ってことあるかもしれませんよね。

分離課税って何?

FX(為替証拠金)は、所得税の分離課税という取り扱いになっています。

「分離課税ってなに?」

分離課税とは、その名の通り、分けて課税されるといった意味で。

給与や不動産所得、事業所得といった主要な所得とは別で計算するという取り扱いになります。

つまり、給与や不動産所得などの税率と、FXで儲かった利益の税率が違うということになるわけです。

また、FXで損をしたからと言って、給与や不動産所得の税金が減らせるというものでもないことになります。

「FXは、収入の柱にはならない。趣味の範囲でやるもの。」というのが、財務省の見方なのかもしれませんね。

FXの税金の納め方。

FXで儲かった時には、確定申告をして所得税などの税金を納めることになります。

FXは、株式投資等のように、特定口座があって、口座内の損益を証券会社の方で計算し、自動的に税金を支払ってくるという仕組みがありません。

なので、FXで大きく儲かった時には、確定申告をしないと、その儲けに対する税金を支払っていないことになるので、『脱税』と言われることにもなりかねません。

サラリーマンやパートなどの給与所得者であれば、年間20万円の収入までは、確定申告をする義務がありません。

なので、FXの申告が必要かどうかの一つの基準として、年間20万円の利益があることが挙げられます。

ただ、20万円の利益がないと確定申告をしてはいけないわけではないので、利益が20万円以下でも、また利益がマイナスであったとしても、確定申告をしてもいいことになっています。

確定申告自体は、税務署や市区町村などが行っている確定申告の相談会や税理士に相談するほか、国税庁のホームページなどからネットで確定申告をすることもできます。

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

国税庁 確定申告書等作成コーナー 作成コーナーをご利用になる場合には、Internet Explorerの互換表示設定を無効にしてください。 作成前にご利用ガイドをご覧ください。平成30年分以前の申告書に誤りがあった場合は、更正の請求書、修正申告書の提出を行ってください。 なお、令和元年分の申告書に誤りがあった場合は、上の「申告書等を作成する」から申告書を作成し、再度提出してください。集計用ファイルのダウンロード支払った医療費の内容や受け取った配当等の内容を表計算ソフトで入力することができます。メッセージボックスの確認e-Taxの受付結果の確認や送信したデータのダウンロードができます。ご利用にはマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要です(納税手続きなどの一部機能を除きます。)。送信した申告書の内容の確認メッセージボックスからダウンロードしたデータ(拡張子が[.xtx])を読み込むと、申告の内容を確認することができます。ID・パスワード方式の届出ID・パスワード方式の届出を行うことができます。ご利用にはマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要です。この画面の右上のメニュー〔…〕選択後、「Internet Explorerで開く」又は「その他のツール」から「Internet Explorerで開く」を選択し、開いた画面で確定申告書等作成コーナーをご利用ください。 ブラウザの切替方法の詳細はこちら Copyright (c) 2020 NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.

www.keisan.nta.go.jp

具体的には、FX会社から発行される『年間取引報告書』などの一年間の損益が確認できる書類(ネットでダウンロードできたりします。)を使って、必要な個所に入力します。

『分離課税』の『先物取引に係る雑所得等』を開き、『差金等決済に係る利益又は損失の額』の欄に売買の損益、『その他の収入』にスワップ金利収入を記載。

FX取引の多くは、取引手数料が発生しないため、必要経費等はほとんどないことでしょう。

入力した結果、FXの利益がでて、FXの利益に対して納める税額が出てくることがあります。

その場合には、税務署などにある納付書や、口座振替の手続きを取ったりして、納税することになります。

FX取引は確定申告すると得なの?

FXで損失がでている場合、確定申告をしたからと言って、基本的には税金の還付があるわけではありません。

また、利益が出ていた場合には、その利益が申告義務のない20万円以下であっても、確定申告することによって、納税が発生することがあります。

つまり、FXの利益が、申告義務のない年間20万円以下の利益であるならば、あえて申告しない方がお得かもしれません。

ただ、利益がマイナスであった場合には、確定申告をすることで、その損失を来年に繰り越すことが出来るというメリットもあります。

例えば、前々年に100万円の赤字。

前年に50万円の黒字。

といった場合には、前年の100万円の赤字を繰り越すことで、前年の50万円の黒字は相殺され、前年のFXに対する税額は0円という事ができます。

もし前々年分の申告をしていない場合には、前年の50万円の利益は、申告義務のない20万円を超えているので、申告する義務が発生し、50万円に対する税額を支払うことになります。

(前々年分の申告書も期限後申告にはなりますが、前年度分と一緒に提出するという方法もあります。)

つまり、FX取引で赤字だった年分は、確定申告したほうがいい場合もあるという事ですね。

確定申告したりしなかったり、判断が難しいところかもしれません。

FXに限らず、金融に関する税制って、複雑ですよね。

0コメント

  • 1000 / 1000