「保険で貯蓄もできるんです。」は、間違っている?

生命保険会社が保険を売るときに必ずと言っていいほど出てくる言葉があります。

「掛け捨てでは勿体ない。終身保険ならば、保障と貯蓄の両方が出来ます。」

「老後の積立として、終身保険を活用されてはいかがですか?」

といった決まり文句。

しかし最近は、「保険で貯蓄は間違っている」という意見も増えてきて、何が正しいのかわからなくなってきます。

根本的には保険は貯蓄がメインの商品ではないですね。

原理原則から言えば、生命保険は貯蓄目的の商品ではないのは確かです。

生命保険の一番の目的は、万が一の時の保障です。

なので、「生命保険で貯蓄をすることは間違っている」という意見は、あながち間違ってはいません。

しかし、終身保険のように、貯蓄性がある生命保険が存在していることも確かです。

終身保険は、一生涯保障という、いうなればいつかは返済しなければいけないお金を預かっているともいえる性質を持つ金融商品ですので、いつかは返すのであれば、早めに返すこともできるという点で、貯蓄性があると言えます。

しかし、預貯金とは違い、積み立てている間にも、万が一の保障が付くという点で有利な金融商品にもなっています。

そこで出てくる営業トークが、「預貯金と変わらず貯蓄が出来て、その間に万が一のことがあれば、保険金を遺族が受け取ることもできます。預貯金は少しづつ増えていく三角ですが、保険は加入した最初から満額受け取ることもできる□の形なのです。」という話です。

つまりは、積立を始めた最初から積立総額をうけとることもできるという点で預貯金より有利と言いたいわけです。

この話には裏があるので、そのまま受取ることは危険ではありますが、あながち間違ってもいません。

「使うつもりのない貯蓄をするならば、預貯金よりも終身保険の方が、なにかと良さそうだな。」と考えるのもわかります。

生命保険で貯蓄ができる。

これは正しいのでしょう。

老後の貯蓄か運用か、それとも念のための貯えか?

生命保険、特に終身保険といった商品には、貯蓄性があり、見方によっては有利な金融商品にもなりえます。

ですが、金融商品というもの自体がそういうもので。

いい面があれば、逆に悪い面もある。良いところと悪いところを相殺したら、みんな同じ的なところがあります。

預貯金は、元本割れがほとんどないし、いつでも引き出せる。でも金利がほとんどない。

株式投資は、もしかすると大きなリターンをしれないが、逆に大損することもあり、将来が見通せない。

終身保険は、元本割れは心配はほとんどないが、引き出しも基本できない。長く積めば多少利益にあることもある。

といった感じで、どれも一長一短です。

つまりは、目的に応じて金融商品は使い分ける必要があるわけです。

一つの種類の金融商品だけで、すべてをというのは、ほぼ不可能でしょう。

生命保険で貯蓄に向ているケース

生命保険の貯蓄性を使うことが向いているケースを想像すると。

①保障が必要な人。

②老後まで引き出しをすることが、ほぼ確実にないこと。

③元本割れがどうしても許せない人。

という3つの条件を満たしたときが考えらえます。

生命保険で貯蓄をする良さは、厚生年金などと一緒で、基本的に老後まで現金化がほぼ不可能という点です。

つまり、そう簡単に途中で現金化出来ないことが、計画的な貯蓄を助けてくれるわけですね。

しかし、上記の3条件をすべて満たすとなると、かなりお堅いイメージになるかもしれないですね。

多少は遊びがあってもいいのではないかとさえ思えてきます。

とはいえ、結論から言えば。

生命保険で貯蓄することは、絶対にない選択肢ではなく、向いている人には向いているというのが答えになりそうです。

もしかすると、「どうしても貯蓄が苦手だ」と考えている人には、貯蓄性の生命保険を勧めるかもしれませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000