「今こそ、金価格上昇にかける?」 金投資をすすめる理由はなぜ。

「金はこれから上昇する?」

金が値上がりすると考えるのは、なぜなのだろうか?

金への投資を勧めるのはどういう理由からなのでしょうか?

『ポートフォリオの一部に金を含めよう!』金投資を勧める理由は何故なのか?

『ポートフォリオの一部に金を持っていた方がいい』という話をよく聞きます。

その理由は何故なのでしょうか?

資産運用の主となる投資資産といえば、”株式”です。

いろんな資産に分散して投資するポートフォリオ運用でも、その中でもっとも収益に貢献してきたのは、これまで株式でした。

そしてそれは、今後も変わらない可能性が高いと考えています。

無駄に分散投資してポートフォリオ運用を行うよりも、株式資産に全資産割り振って運用してきた方が、リターンは上であった可能性が高いとも言われています。

その株式のリスクを保管するのに、最も効果的だと考えられているのが、金なのです。

『ポートフォリオの一部に金を保有したほうがいい』と言われるのは、株式のリスクを金を保有することで補完するのが目的なわけです。

株式と金には、値動きが逆に動く傾向があると言われています。

株価が下がると、金が上がり、株価が上がると、金が下がるというわけです。

株価には期待リターンが高いというメリットがあるのですが、大きな値動きがあるというデメリットがあります。

そこを金の株式と逆に動く傾向があるという性質を利用して株式のリスクを軽減しようというわけです。

他には、金に投資することを勧める理由に、「これから金価格が上昇する」と考えている人もいます。

今後金価格は上昇すると考えるのはなぜ?

まず、大前提として、特定の資産価格がこれから上昇するとかしないとかいった意見はあまりあてにならないものです。

どんな大物投資家だって、これは上がるぞと考えて買っても、大失敗することもあるし。

逆に、これはあまり見込みはないなと思った資産が大きく上昇することだってあります。

投資で重要な事は、『上がる銘柄を探すことではなく、うまく買うこと、投資すること』です。

偉大な投資家となった人たちは、投資した銘柄で成功したのではなく、投資の仕方が上手かったというわけです。

なので、これから金が上昇するとかしないとかいった話は、話半分で考えるべきなのですが。

なぜ、「金投資をお勧めします」という人が、今後金投資が上がると考えているのでしょうか?

お金の基本となる通貨への不安が出てきていると予想している。

今、世界的に借り入れが増え、それとともに通貨の発行量が増えているという事が、通貨への不信をかっていると考えているわけです。

たとえば、なんだかわからない新しいお金として期待感がある仮想通貨が、なぜこれほど価格が高騰したのか?

リブラなどの民間主導での新たなお金を発行しようという動きが、なぜこれほど注目されるのだろうか?

これらの動きが、現存のドルや円といった通貨への潜在的な不信感が生み出したものなのではないかと考えても不思議はないのかもしれません。

通貨がダメになるのだとしたら、現存のお金は何で守ればいいのだろうか?

正直仮想通貨ではまだまだ信用力が低いと考えると、金という大昔から使われてきたお金が最も注目されやすいのではないかと考えるわけですね。

株式や債券といった他の資産に比べ金の価格はまだ低い?

お金が市中に出回る量が増えると、懸念されるのがインフレです。

需要と供給の動きによって、需要に比べて相対的に供給が少なければ、必然と価値が下落します。

この流れは、物や商品に限らず、通貨にも当てはまるというわけです。

しかし、いま世界的にもインフレが起こっていません。

低いインフレで、程よい感じになっています。

日本国内では、インフレどころかデフレさえ懸念されています。

お金の量が増えているのに、インフレが起きないことに不思議に感じている人も少なくないかもしれません。

そう考えるのは、歴史的には、お金を増やすとインフレになるのが通例だったからです。

そして今お金を増やしたことによって、そのお金がどこに流れているのかといえば、”株式”と”債券”または不動産です。

なんとか余ったお金で収益を得ようとして、株式や債券といった投資資産にお金が流れ込んでいます。

米国の株式はNYダウが最高値。債券は0金利やマイナス金利という事がよく見られるようになった。

日本の株式は、日銀やGPIFなどの政府の機関ともいえるものが大株主になるという不自然さ。

今はあらゆる資産の価格が割高になっているかもしれないと考えても、なんの不思議もありません。

割高という事は、期待収益率は下がっていると言い換えることもできます。

リスクが高い資産のリターンが下がっている可能性が考えられるというわけです。

そんな、株式や債券、不動産の価格が値上がりする中、あまり値が上がっていない資産が、”金”です。

金は、この10年間で見ると、ほとんど一定の位置にいるように見えます。

リスク資産のリターンが下がるとともに、安全資産と考えられる金にも、お金が流れるようになるのではないかと考えても不思議じゃないと考えます。

実は、株式や債券ほどではないですが、2016年ぐらいからじわじわと金の価格(米ドルベース)が上昇してきています。

この上昇の角度がこれからより急激に上昇する可能性もあるのかもしれません。

実際、今年2019年の夏から秋にかけた金価格の上昇は見事でした。

円ベースでは史上最高値と一時期言われました。

今は少し落ち着いてはいますが、再度上昇が始まる気配もなくはないように感じています。

金に投資するのをお勧めしますかと聞かれたら?

個人的には金への投資はお勧めするかもしれません。

金には、希少価値が高い、高価なものという認識、腐食したりしない、見事な輝きなど、絶対的な価値があります。

その価値は、資産の一部を守るためにとても心強いものだと思います。

金の価格が今後上昇するのかと問われたら、それはわかりません。

でも、下落すると予想するよりも、上昇すると予想したほうのが、自然なような気がします。

つまりは、リスクが低く、リターンはそこそこの投資となる可能性は十分に高いのではないかと考えているわけです。

対して、株式は、上昇する大きさよりも、もし下落したらの時の大きさの方が大きくなる気がしています。

つまり、期待リターンの割にリスクが大きいのではないかと思っているわけです。

そういった総合的に考えても、金に投資をするのはありなのではないかと思っているのですが、そんな予想、いや想像が当たるかどうかは誰にも分りません。

言っている自分でも半信半疑です。

投資の原則。『先のことは誰にも分らない』ということです。

それでも、現代ポートフォリオ理論から言っても、ポートフォリオ資産の一部に金を持つというのはありだと考えます。

0コメント

  • 1000 / 1000