NISAは、節税目的としては、あまりつかえない?

NISA口座で投資を始めて、もう5年。ロールオーバーをするかどうかで迷ってます。といった声も聞こえるようになってきました。

そもそもNISA口座はお得になるような制度なのだろうか?

NISAは投資で利益が出ないと意味がない制度?

NISAは、利益が出なければ何の意味もない口座です。

通常、投資で利益が出ると所得税と住民税を納めることになります。

ところが、NISA口座内で発生した売却益や分配金などの利益がでても、課税されない制度となっています。

一見、利益が出た時に節税になるかと思うのですが、逆にNISAで損失がでた時には、NISA以外の口座で利益が出ても、NISA口座内の損失と損益通算と呼ばれる相殺ができないというデメリットがあるのです。

つまりは、利益が出た時だけ得になって、損失が出ると、逆に損するという制度なわけです。

これは、つみたてNISAも同じ仕組みです。

ということは、投資で利益が出るのかどうかが、NISA口座を利用する理由になってくるわけなのですが。

NISA口座内で行う行為が投資である以上、利益がでるか、損失となるかは、分からないものです。

これがリスクというものです。

ましてや、NISA口座の期間は、最長5年間という、投資としては比較的短い期間に限定されているため、より利益となるか損失となるかのリスクが高くなっています。

ただのNISAよりも、つみたてNISA?

ただのNISAは、最長5年間という短い期間設定となっていますが、つみたてNISAは、最長20年という長い期間設定になっています。

投資としての効果を発揮するならば、最低10年は欲しいというのが、実際に投資をしている中での実感です。

投資で利益が出る最大のポイントは、複利という仕組みにあります。

複利とは、100万円から5万円の利益が出たとしたら、次は100万円とその利益の5万円を合わせた105万円で運用するということを繰り返していくことです。

つまり、投資する期間が長ければ長いほど、投資元本がどんどん増えていき、それに伴って利益もどんどん加速度的に増えていくわけです。

投資期間が長いことは、複利を効果的に利用できるために、利益が出やすくなるわけです。

そして、その複利の効果が見られるようになるのに必要な期間が、だいたい10年以上かかるというわけです。

つみたてNISAの期間は、最長20年。

これならば、複利の効果をうまく利用できそうなので、資産形成を目的とする制度としては、まあまあ使えそうな感じです。

さらに「つみたて」という仕組みを利用することで、より損失となることを抑える仕組みも導入されています。

NISAは、つみたてNISAも含めて、利益が出ないと意味がない制度です。

NISAとつみたてNISA、どちらの方が、利益がでる可能性が高いのかといったら、一目瞭然で、つみたてNISAです。

つまり、利益がでないとメリットどころかデメリットさえあるNISAを利用するよりも、より利益が出やすくメリットを享受しやすいつみたてNISAを選んだ方が賢明だと考えられるわけです。

唯一の問題は、つみたてNISAは、選べる商品に限りがあるという点です。

しかし、これは、資産形成に向ている商品を金融庁目線で選択した結果というわけですから、仕方のないことなのかもしれません。

0コメント

  • 1000 / 1000