これからより必要とされるスキル、「考える」って何?  『AIに負けない子どもを育てる(新井 紀子 )』

AIを研究し、たどり着いた答えは、現代人の『考える』という力が鈍っているという事だった。

そして、それは今の子供たちにはより顕著に表れてきていて、文章を読み理解するという『読解力』が極端に落ちてきているという話です。

文章を読み、理解するという事が、これほどまでに人にとって、とても重要な基礎となる能力だったのかと、この本を読むと本当に感じさせられます。

この本は、本当に読む価値ありです。

また、学習段階の子供がいる家庭ならばなおさらでしょう。

文章を読み理解することが、これほどまでに重要だったのか?

前作では、東大受験に合格できるAIを作ることを目指す研究をしながら、発見したことは、今の世代には読解力が弱いのではないかという事が判明したという話をしていました。

そして、AIとは、そもそも数学的な発想で確率や統計を利用するもので、現段階のAIに物事を考える力はないということを説明していました。

これは、AIという仕組み上どうしようもないことなのだそうです。

この話を知ると、人が物事を考えるという仕組みに、神秘的なものを感じずにはいられません。

そもそも、考える以前に認知という事でさえ、AIは人にかなわない。

ある写真を見て、その写真に車が写っているといったことを人はいとも簡単に認知します。しかし、AIにそれと同じことをさせようとすると、膨大な車の写真データを集めて、解析しなければできない。

そもそも、写真の車の部分と背景を分ける判断をすることでさえ、AIには難しいという話でした。

AIは、所詮数学の世界から出ることが出来ないもの。

人のように認知したり、考えたりするものとは全く別物だったというわけです。

これだけでも、AIを世間的なイメージでしか考えてない人にとっては、目からうろこでしょう。

しかし、この本はさらに先へ切り込んでいました。

実は、AIでも今の大学入試には、十分に対応できてしまうという結果がでた事です。ただし、東大を除いて。

つまり、今の大学入試は『考える』ことよりも、『覚えている』が重視されているという事なのでしょう。

確率や統計で問題が解けてしまうようなものだったと。

しかし、東大受験ともなると、確率や統計で解ける問題ではなくなってくる。『考える』という事に重点を置いた試験問題になってくるという話です。

そして、この『考える』という事の根本に、『文章を読んで理解する』という事さえ出来ていないと。

『文章を理解する』が出来ていないという話は、とても意外に感じました。

しかし、文章理解の例題を読むと、「あれ?」と思わされるところがある。

不思議でしたが、文章を読んで理解するという事が、意外にも全然簡単なものではなかったのです。

そして、この文章を理解することそのものが『考える』という事につながってくるという事が、2作目である『AIに負けない子どもを育てる』で、より分かるような内容になってきています。

文章を読んで理解するという事には、『考える』ことが必要になってくる。

意外にも、私たちが自然と無意識的に行っていることが、AIでは対応できない、とても高度な事だったわけです。

しかし、それが出来ない人が最近になって増えてきた。

仕事をAIに奪われるなどと言われているのは、AIが凄いのではなく、今の人の能力が落ちてきたのが大きな要因だとこの本の著者は考えているわけです。

自分には読解力があるのだろうか?リーディングテストが付いています!

2作目である、本書では、本当に読解力があるのかどうかを客観的に確認することが出来るリーディングテストの体験版が付いています。

ぜひ、解いてみてください。

文章を読んで理解するというのは、意外と大変なことだぞと感じることになると思います。

読解力とは何ぞや?というのを実感することでしょう。

私の場合、具体例同定という類の問題、特に(理数)というところでかなり苦戦をしてしまいました。

他の問題はほぼ満点だったのですが、どうやら定義をきちんと把握する能力が足りていないようです。

特に理数に関しては、もともと私は理系ではあったものの、文章を読んだ時点で、「そんな定義、今さら覚えていないよと。」と考えてしまい。しっかり考えることをあきらめてしまった節があるようにも感じています。

つまり、文章そのものを理解する前に、知識を利用して読むという癖があるという事なのかもしれません。

知識のない本を読むことが、とても苦痛に感じるのは、このことが関係しているのかもしれないとも思いました。

また、問題の後半に入って、集中力が落ちたことも実感していました。

「文章をきちんと読むという事が、これほどエネルギーを必要とするものなのか?」という事を肌で感じたわけです。

東大に合格できる人とそうでない人の差には、この読解力があるかどうかの影響が大きいと、著者は考えているようです。

教科書を読んで、本当の意味で理解ができていれば、熱心に勉強をしなくても、テストで高得点がとれるものだと。

しかし、現代の勉強法や授業は、「詰込み」とよばれるような「暗記」に頼っていて、考える力を身に着ける学習ができていないというのです。

ここまでの私の話では、読解力というものについて、いまいちピンときていないかもしれません。

「読解力と考える力の関係って?」

「文章を読めると、理解するのは何が違うの?」

「本をたくさん読むようにすれば、読解力は身につくのでは?」

そう感じているかもしれません。

これらの疑問については、本書を読んでいただければ、「あぁ、なるほど」と思うのではないでしょうか?

ちなみに、本をたくさん読んだからと言って、読解力が身につくものではないという残念な結論だけは、伝えておきます。

この本で取り上げている題材は、本当に深くて良い話だと思っています。

本書を読むと、「『高いレベルの読解力』が欲しい!」と思うことでしょう。

この本を読んだ後、絵本という存在に感心した!

読解力って何なのか?

読解力を身に着けるには、どうしたらいいのか?

1冊目の『AI vs.教科書が読めない子どもたち』では、この答えは、まだわからないとし、2冊目でその方法を公開したいという話で登場したのが、今回の『AIに負けない子どもを育てる』です。

しかし、まだ科学的に立証された方法ではないとはしながらも、おおよそが概略が見えてきました。

その中で、まずは文章の流れを読み取ることから始めなければいけないんだろうな感じた次第です。

ある時、たまたま図書館に行き、絵本コーナーを見ていました。

すると、びっくりです。

絵と短い簡単な文で出てきている絵本を読んだからと言って、頭が良くなるとかそういうのは関係ないだろうと、今までは思っていたぐらいだったのですが。

意外にも、その文章の流れを理解しやすいように作られているのかもしれないと感じたわけです。

つまりは、たくさんの絵本に触れるという事は、頭が良くなる(考える力が身につく)ことにつながっているのかもしれないと思ったわけです。

本当に小さい、絵本に触れ始めの子向けには、主語と述語だけを使って、後は絵で内容を理解させる構成になっています。

例えば、「アリさんが、ねています。カエルさんも、寝ています。」といった主語と述語だけの簡単な文章と一緒に、アリさんがベットで横になって寝ている絵があったりするわけです。

それが、子供の成長とともに、絵本もレベルアップしていき、似たような挿絵であったとしても、文章が「アリさんが、ベットの上でスヤスヤと、カエルさんはベットの下でスヤスヤと、なかよくねています。」といった文章を使うようになってきます。

文章を理解するうえで、「何処で?」とか、「どんな風に?」とか様々な情報が一文に組み合わさって出てくるようになっています。

ここで、ベットで寝ているのは誰?と聞いて、すぐに「アリさん」と答えられれば、その子はこの文章を読んで理解したという事になるのかもしれません。

絵本は、子供が考える力を学ぶための最適のツールなのかもしれないと思いました。

そして、読解力というものや、考える力を身に着けさせようという意図があるのか、ないのかはわかりませんが、小さい子に絵本を与えるというのを、当たり前のように行っていたということに、ほんとうに感心しました。

今は、スマホなどIT機器を利用して情報を拾うことが多い時代になってきました。

また、文章よりも動画で情報を得られることも多くなりました。

新聞よりも、情報が早いネット。ブログよりもユーチューブ。

この結果、文章を読んで考えるという事が損なわれてきているのかもしれません。

ネットで情報を拾おうとすると、言葉通り「拾う」になってしまい、「読む」とは違うものになってきます。

具体的には、「単語」を追いかけ、文章の流れは、二の次。

そして、文章で流れを追うよりも、動画で流れを追った方がわかりやすいので、より文章に触れなくなってきます。

何となくではあったけど、「情報を得るなら、ネットニュースよりも新聞の方が良い感じがするな」と思ってはいましたが、その背景には、こういった理由があるのかもしれません。

時代に少し逆行するところも出てくるのかもしれませんが、文章というものについて、改めて考えされられた次第です。

0コメント

  • 1000 / 1000