そんな方法があったのか⁉『 老後資金は貯めるな! 60歳から始めればいい安心のマネー術(長尾 義弘)』

老後の生活資金、心配ですよね。「私の年金は大丈夫なのか?」と不安に思っている人も少なくないかもしれません。

しかし、年金制度が大丈夫だと考えるのであれば、「こんな方法で年金を増やし、老後の生活を安心なものにできるのか?」と、知識としては知ってはいたけれど、これは意外な着眼点でした。

結論から言えば、繰り下げ受給の制度を利用する事!

本書のテクニックの結論を言うと、年金制度のなかの繰り下げ受給制度を利用することとなります。

繰り下げ受給とは、年金の受取開始年齢を先に延ばし、65歳から受け取るのではなく、68歳とか70歳とか年金の受給開始を先に延ばし、年金を受給するように選ぶことが出来るという制度です。

逆に、本来65歳から受給開始のところを前倒しして60歳とか62歳などから年金の受給開始をすることを繰り上げ受給と言います。

このあたりの制度は、結構知っている人も多い制度ではないかと思われますが、この制度をどう活かすのかという着眼点が、いまいち知られていなかったようです。

この本は、まさにその着眼点から、年金で老後は安心を実現しようという内容です。

年金の繰り下げ受給は、月利0.7%という高リターンの運用になります。

 増額率=(65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までに月数)×0.007

0.7%程度?と思うかもしれませんが、年間にしたら8.4%になります。これは下手な投資信託などよりもハイリターンな利回りです。しかもほとんどリスクなし。

さらに年金の受給開始を70歳まで5年間引き延ばすと、42%の増加です。

これは大きい。年金年額が200万円の人だと、284万円受け取れるようになるという大幅アップです。

ただ、繰り下げ受給で良く懸念される話として出てくるのが、「いつ死ぬかわからないし、先にもらっておいた方が得なのではないか?」とか、「定年で退職したら、すぐにでも年金をもらわないと生活していけないのではないか?」という話ですね。

しかし、この辺の懸念している事項は、この本を読めば軽く一蹴されることでしょうね。

十分な生活費を年金として受け取れるようになるのであれば、年金受け取りが開始されるまでは、それまでの貯えを使い切るつもりで生活すればいい!

とてもシンプル。シンプル・イズ・ベスト!

何事もシンプルに考えれば、悩みや不安も少なくなる!ってことかもしれません。

ストックではなく、フローに注目する!

本書の中でも良く出てきますが、『老後に向けていくら貯蓄すればいいのか?』と世間ではよく言われています。

しかし、本当に注目すべきことは、貯蓄額ではなく収入額。つまりストックよりもフローなのです。

この視点は、資産運用や投資にも言えることです。

よく「資産運用でいくらの資産を作らなければいけないのか?」とか「投資で資産をいくらにする」といった話を聞くことがありますが、実際この視点は的外れ。

資産運用の目的は、労働以外の収入を作り、所得を増やすことにあります。

資産を増やす目的は、将来の手取り収入を増やすことが最終的な目的なのです。

インデックスファンドに積立して、2,000万円の資産をつくることができたとしても、これで資産運用が完了したわけではありません。

問題は、「この2,000万円からどうやって収入をうみだすのか?」。この視点なしに、資産運用を行うのはナンセンスです。

老後の貯蓄も一緒というのが、本書でも言っていることだと思います。

要は、老後のための貯えよりも、老後の収入を増やすこと。言い換えれば、働かなくても入ってくる不労所得をいかに増やすかが大切だと言っているわけです。

何があっても絶対に途切れない収入があれば、貯蓄なんて必要ない。と言って、「それは違う」という人はいないでしょう。

そして、何があっても絶対に途切れない収入の一つに公的年金がある。

どんなに長く生きても、100歳、110歳、120歳、いくつになっても生きている限りずっと受け取れる公的年金。

その公的年金を少しでも多く受け取れるようにしておけば、老後は安心。貯蓄なんてなくてもOKってわけですね。

シンプルな考え方ですが、まったくもって正論だと思いました。

資産運用は必ずしも必要な事ではない。むしろ、何の知識も経験もなく資産運用をすることは、リスクでしかないという考え方もその通りだと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000