投資をするなら必読⁉『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識(ハワード・マークス)』

投資の本を紹介するなら、1番目か2番目には登場するであろう本かもしれません。

著名投資家たちのコメントも大絶賛です。

バフェット『極めて稀にみる、実益のある本』

ジョン・C・ボーグル『投資関連書として他を圧倒する水準』

この本は、投資をするなら必ずと言ってもいいぐらい、お勧めリストに入ってくる本なのではないでしょうか。

買って間違いなしの投資関連書籍!

この本は、『買って間違いなし!』だと思っています。

この本の内容は、一度読んでわかるような簡単な話でもなく、辞書のように思い立ったら開いて読めるようにいつも手元にあったほうがいいぐらいかもしれません。

つまり、買って手元に置いておくというわけです。

繰り返し読んでも、「そういうことか!」と思わされることが出てきます。

人はどうやら、経験した後に、文章を読むことで、直感的にその文章を理解することが出来るようになっているのかもしれません。

つまり、今読んでも何気なく通り過ぎてしまう文章が、後になって読んだ時に、すでに経験をしたことで、とても印象に残る文章になってくるというわけです。

この本は、簡単なノウハウ本や方法を提示しているものではありません。

この本で説明しているのは、哲学です。投資哲学と言われているものです。

つまり、投資に関係することをするのであれば、 『この本の内容を基準して、物事を考えましょう』と言っているのであって、簡単に答えを教えてくれているものではありません。

人は、簡単に答えを求めてしまう傾向があります。

投資をするなら、何を買えばいいか、いつ買えばいいか、そういった簡単な答えをいつも求めています。

しかし、投資はそうではない。

物事の基盤となる考え方をもって、その時の背景や状況などに応じて変化する答えを導き出せるようにしておかなければなりません。

『投資は簡単なことではない。簡単だと思うのは愚か者である。(チャーリー・マンガー)』

つまり大切なことは、答えではなく、考え方なのです。

この本では、この考え方に焦点を当て、投資をする基盤を作ってくれるとても価値のある本だと思います。

なので、はっきりいって初心者向きではないです。

投資をすでに何年か経験してきて、多少いろんな経験をしてきた上でこの本を読んだ時に、本当のこの本の価値を理解することができる。

そういった類の本だと思います。

ハワード・マークスの投資イメージが、とても『しっくり』くることもあって、とてもためになる。

ハワード・マークスの運用パフォーマンスのイメージ。

『相場が良い時期には平均的なパフォーマンスで十分である。上げ相場では誰もが利益をあげる。いまだかつて、良い時期に市場に勝つ必要性について、納得できるように説明してくれた者に出会ったためにはない。良い時期には並みのパフォーマンスで事足りるのだ。

 しかし、市場に勝つことが必須の時期もある、と我々は考える。それは相場が悪い時期だ。我々の顧客は下げ相場のあおりをまともに受けることを望んではいないし、それは我々も同じである。』

つまりは、上げ相場では平均的なそこそこのパフォーマンスだけど、下げ相場で大きな損失を出さない、ディフェンシブな運用というわけです。

地味ではありますが、かなり効果的で、なおかつ、かなり高度なことを言っています。

そして、これは個人的にもとても理想としている運用スタイルです。

上げ相場で、無理にリターンを追う必要はなく、そこそこのリターンで満足し、損失をできる限り抑えることさえできれば、それだけで十二分な資産が築けるものです。

ただ、それが簡単なようで、とてつもなく難しいことなのも確かで、何故難しいと考えるのか、詳しくはこの本を読んで考えてみてもらいたいところです。

この上げ相場では平均的だけど、下落相場でほとんど損失を出さない。

そういうパフォーマンスを出すための基盤となる考え方、物の見方、この哲学がこの本で披露されているわけです。

個人的には、参考になることばかりです。

ジョン・C・ボーグルが『投資関連書として他を圧倒する水準』と評価している本?

ボーグルといえば、バンガードグループの創業者で、インデックスファンドの生みの親ともいわれている人です。

つまりボーグルは、インデックス投資を推奨している人なのですが、そのボーグルが『他を圧倒する水準』とまで評価しているこの本で披露されている投資の考え方、実は、アクティブ運用です。

能力のある投資家は、市場平均よりもリスクとリターンのバランスが良く、市場平均を超えるパフォーマンスを上げることが必要と言っています。

例えば、ハワード・マークスが考える運用スタイルの『上げ相場でそこそこで、下落相場で損を出さない』ができれば、確実に市場平均を超えるパフォーマンスとなります。

そしてリターンが高く、リスクが少ないという、まさに理想の形となってきます。

そういう運用ができる人、それが本当に能力のある投資家であるといっています。

これをアクティブ運用と言わず、何をアクティブ運用というのでしょうか?

つまり、この本では市場平均のパフォーマンスを超えるべく運用するアクティブ運用の考え方について書いてあるわけなのですが、インデックス推奨者のボーグルがこの本を大絶賛しているという、なんとも不思議な話です。

そもそも、インデックス推奨者とアクティブ推奨者には、まったく正反対の考え方が存在し、お互いにどっちの方がいいかという議論になれば、必ず対立するような間柄になってしまうところがあるものなのです。

インデックス派も認めるアクティブ運用の考え方。

その点から考えても、この本がどれほど有意義な内容になっているのか想像してみてもらいたいところです。

この本は、投資をするなら間違いなくお勧めの本だと思っています。

ぜひ読んで、いろいろ投資について考えを巡らせてみてもらいたいなと思うところです。

0コメント

  • 1000 / 1000