天才数学者の投資法⁉『 天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す(下)偶然を支配した男のギャンブルと投資の戦略(エドワード・O・ソープ)』

『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す』。なんとも興味をそそるタイトルです。

今回は、この『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す』の上下巻の下巻です。

天才数学者の目には、株式市場というマーケットや投資は、どのように映っているのでしょうか?

『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す』は上下巻になっている。

『天才数学者、ラスベガスとウォール街を制す』は上巻と下巻の2冊になっています。

上巻は、本書の著者であり主人公でもある数学者のエドワード・O・ソープの自伝的物語になっています。

対して、下巻の印象としては、上巻の自伝にあるブラックジャックなどのギャンブルをやっつけた経験や数学者としての物の見方などから、投資や株式市場などがどう見えているのか?

また、金融の世界に身を置いたことで見えてきた経済や社会などに対する考え方などが書かれているといった感じです。

ソープが、天才数学者であることはこの本を読むと間違いないと感じられます。

金融の世界で有名なブラック=ショールズとよばれる方程式なども、その式が生まれる概念は、ソープのほうが早かったといわれています。

しかし、ソープは学者らしい、正確に厳密であることよりも、実務に使える、『だいだいあっている』ということを優先していたため、学者としてブラック=ショールズモデルのような学術的な評価を受けていなかったという感じのようです。

この本は、上下巻に分かれています。

できれは、上巻から読み始めて、下巻にいく方が好ましいとは思いますが、本を読むのが苦手だという人にとっては、厚い本を2冊というのは、若干抵抗を感じることと思います。

個人的には、上巻の方がお勧めかなと思うところもありますが、投資や運用に役立てたいと考えて、この本を手に取るのであれば、下巻を読むだけでも十分に価値がある感じになっていると思います。

天才数学者の考えでは、自ら学ぶことができない人は、結局『インデックスファンド』になるようです。

ソープの考えでは、世間一般に知られている『効率的市場仮説』などのファイナンス理論には、真っ向から対立するような見方を持っているようです。

もともとソープには、みんなや学者が「そうだ!」といっていることに、「そうではない!」という視点で物事を考える傾向があるようです。

だからこそ、ギャンブルで勝つことなんて不可能だと誰もが考えていた中で、見事に攻略法を見つけ、実践し、ギャンブルをやっつけてしまった。

株式投資も同じだそうです。

たとえば、ファイナンス理論として『効率的市場仮説』という考え方があります。

『効率的市場仮説』とは、「道端に100万円が落ちているか?という問いに、そんなものが落ちていれば先に誰かが拾ってしまうから落ちていることなんてあり得ない。」というように、市場にあるおいしい情報は、すでに株式市場は反映されてしまっていて、自分だけがおいしい思いが出来るなんてことはないようになっている。という考え方です。

これが本当であれば、バリュー投資とか、成長株投資、良いニュースや悪いニュースで売買するなど、要は、株価の適正値を計算して投資するなんて行為は、すべて意味がないという事になってしまいます。

そうなると、ヘッジファンドなどで行われている株式の買いと売りを同時に行うロング・ショート戦略などもすべて無意味という事になってしまうわけです。

しかし、ソープは、株価の歪みを利用して、買いと売りを駆使し、リスクを減らしリターンを生み出すことに成功した。

つまり、株価の適正価格を計算して、適正価格になっていない場合には、それを利用してほとんどリスクないようにして、ちゃんとリターンを手に入れてきたということです。

その実績と経験から、ソープは『市場は効率的にはなっていない』と主張しています。

インデックスファンドは、市場は効率的になっているという仮説を利用して、賢く投資する方法として考えられた投資戦略です。

つまりは、市場が効率的でないのであれば、インデックスファンドではなくアクティブファンドの方が優位に立てるという事になるわけですが、実際はそうなっていない。

アクティブファンドのほとんどが、インデックスファンドに負ける結果となってしまっている。

そのような理由から、自ら学ぶことが出来ないものは、インデックスファンドを選べということにつながってくるわけです。

自ら学ぼうとする人は、市場の非効率的なところを見つけ出し、そこに効果的に賭けることで、市場を出し抜くことも不可能ではないかもしれない。しかし、まともに学ぶことをができないのであれば、インデックスファンドを使った方がいいだろうというわけです。

本書の一説に『私たちがもう生きていなくなったら、残る株はアメリカ株式のインデックスファンドのうち、広範な銘柄に投資し、ノーロードで経費率がとても低いものに乗り換えてもらう。バンガードS&P500やバンガード・トータル・US・ストック・インデックスなどだ。』とありました。

私が生きている間は、インデックスなんて方法は取らないけれど、私がいなくなったら、インデックスで運用するのが賢明だと取れなくもない言葉です。つまり、できるものは、インデックスを上回ることは十分にが出来るが、できないものは、下手に運用するよりも平均値のインデックスの方が効率的というわけですね。

この言葉、どこかで聞いたことがあるような言葉です。

そうです。あの有名なウォーレン・バフェットも同じようなことを言っていましたね。

天才数学者も、著名な投資家たちと似たような結論になってくる?

先ほどのインデックスの話もそうですが、結局のところ、最終的に落ち着く結論は、バフェットやレイ・ダリオ、ハワード・マークスといった著名投資家たちと、ソープの答えは似たようなものになるのかもしれません。

天才数学者だけに、理論的に、また数学的に、とんでもない回答が得られるのではないかと期待していたところもありましたが。

結論としては、似たような話に落ち着いたなと感じています。

ソープはどうやら『実務家』であるようです。

学者など本は、より詳しく、細かく、理路整然と説明しようとする傾向がありますが、この本では、どことなく曖昧さを残していて、でもその通りだと思わされるような真実を伝えているような印象もあり。

この曖昧さや、シンプルな真実に行きつこうという所が、『実務家』なのかもしれないと思いました。

『タレブはトレーダーだから、ソープと同じ学び方をし、その結果、発想も似ているのだろうと思う。厳密に間違ったことをやるよりも、おおざっぱに正しいことをやる、それがプレイヤーの道なのだ。』という言葉が、訳者のあとがきにありました。

ソープがプレイヤーとしての立場から、投資を考え、そしてこの本を書いている。ということがうかがえます。

天才数学者が、数学という知識と知恵をもとに、株式市場でプレイヤーとしてどんなことを考え、発見し、活躍をしたのか、それがこの本に書いてあるわけです。

0コメント

  • 1000 / 1000