お金持ちになる教科書?『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました(トマス・J・スタンリー)』

お金持ちってどんな人たち?

「お金持ちになりたーい!」誰もが考えることですよね。

じゃあお金持ちってどんな人たちなのだろう?

どこかの企業の経営者のように、絵画などの美術品を買ったり、宇宙旅行へ招待したり、海外で豪華な生活をおくったり、素敵な女性と噂になったりするような人を言うのでしょうか?

本書に登場してくるお金持ちは、どうやらそういったお金持ちとは違うようで、『蓄財優等生』とお金持ちを評価しています。

消費旺盛なお金持ちではなく、堅実に貯蓄することでお金持ちになった人が本書で取り上げられているお金持ちという事です。

先ほどのように、豪華な生活を送るお金持ちの話も出てきますが、そのようなお金持ちは、収入が悪化した時に、とんでもないことになっているといっています。

高所得がいつまでも続くようであれば、そのような事にはならないわけですが、現実的にはそういう事はなかなかできることではありません。

アリとキリギリスという古い話がありますが、この話は案外現実的にも当たっていると感じています。

では、『蓄財優等生』とはどのような人物なのか?

そのような人たちを研究している、億万長者研究で有名なトマス・J・スタンリーが、本書の著者です。

この著者は、『となりの億万長者』という本も書いていて、この本は米国でベストセラーにもなっています。

お金持ちになるのは簡単だ。

お金持ちってどのくらいのお金を持っている人をお金持ちというのでしょうか?

よく言われるのが、金融資産1億円という数字です。

つまり、預貯金や債券、株式などで1億円を持っている人がお金持ちと呼ばれているわけです。

そう考えると、1億円という金融資産は、思っているほど途方もない目標でもないことがわかります。

案外誰でもできるような積立と運用方法で、1億円という金額は達成できるものだとわかります。

しかし、ここで疑問が。

1億円のお金を持っているからといて、お金を使えないのでは、私たちがなりたいお金持ちとはちょっと違うのではないかという疑問です。

しかし、考えてみてください。

1億円のお金で、年間300万円の収入をうみだせたらどうでしょうか?

給料+300万円と考えれば、十分に余裕のある生活になってきそうです。

1億円で年間300万円の収入をつくるために必要な運用利回りは、年3%です。

つまり、選べば株式の配当金や外国債券の金利、投資信託の分配金などでも十分に狙える利回りです。

資産がある人は、自然と収入も増えるというわけです。

実際に、金融資産から調べても、金融資産の金額と所得の金額には、正の相関性があるようです。

お金持ちになるための、ミリオネア・マインドを学ぼう!

身近なところに、蓄財優等生型ミリオネアがいれば、その人から学ぶこともできそうですが、なかなかそういった機会も少ないですよね。

そんな人のために、この本はあるのかもしれません。

本書には、『蓄財優等生型ミリオネア』の姿が、はっきりとイメージできるくらいよく書かれています。

本書で紹介されている内容や、登場する人物の考え方、人生の選択、方法などを学ぶことで、お金持ちになることが出来るようになるかもしれません。

そうです。お金持ちになることは、自分が思っているよりも簡単な事なのかもしれません。

つまり、ちょっとした考え方の違い、行動、そういったものを知るだけで、お金持ちに近づけるのかもしれません。

本書で登場するお金持ちの姿は、頭脳明晰な優等生ではありません。弁護士や医者のようなカッコいい仕事をしている人だけでもありません。もとから大金持ちの家庭に生まれた幸運の持ち主ではありません。

それでも、ミリオネアになれた。

この違いは、ミリオネアになる考え方や行動にあるということなのでしょう。

ミリオネアになるための入り口を、この本から覗いてみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000