最近はやりの少額投資で、投資の経験値は上がるのか?

SBIネオモバイル証券、LINEのワンコイン投資、ワンタップバイなど、数百円から数千円程度のお金で始められる少額投資のサービスやアプリが増えています。

しかし、すでにご存じかもしれませんが、少額投資は決して資産形成に向いているとは言えません。

であれば、投資の練習台としては、これらのサービスに意味があるのだろうか?

少額投資は、資産形成に向いていない?

ちょっと計算してみましょう。

仮に1,000円を元手に、投資を始めて、このお金がどこまで大きくなるのか?

もし上手く運用出来て10倍になったとしても、10,000円です。100倍であっても100,000円です。

1,000倍にすれば、100万円になってそこそこのお金になったといえます。しかしそれでも、まともな新車も買えないようなお金であり、資産と言うのには頼りない感じがします。

しかも、1,000倍にするということがどれほど偉大なことなのかということも押さえておきましょう。

元本を30年で1,000倍にしようと思ったら、年率約26%が必要になります。

年率26%という数字は実現可能な数字なのでしょうか?

ちなみに、世界一の投資家と言われているウォーレン・バフェットの運用利回りが、年率22%ぐらいと言われています。

つまり、1,000円を100万円にできるひとは、世界一の投資家さえもしのぐ運用力があるということになってしまいます。しかも、30年間ずっと世界トップクラスの運用力を実現しようというのは、ちょっと自信過剰ではないだろうか?と思いませんか?

はっきりいって、バフェットは米国株が急成長してきた時代という、言ってみれば投資環境がとてもよかった時代を生きてきたという追い風もあったのではないでしょうか?

現在の金利を見て、今後もバフェットが生きてきた時代のような投資環境が続くとは、思えないところもあります。

つまり、年利26%を30年間続けるというのは、ちょっと神がかっていることの様にも思えるわけです。

つまり、1,000円を投資したところで、どうあがいても新車も買えないようなお金にしかならないというわけです。

はっきり言って、少額投資では資産を築くことは、ほぼ不可能と思われます。

少額投資の意味は、資産形成ではなく、投資の練習?

少額投資では、資産を築くことが難しかったとしても、これから本格的に資産形成をするための練習ができるのではないか?

という考えもあるかもしれませんが、個人的には、資産形成を目指して資産運用を始めるのであれば、少しでも早く資産形成の計画を立てて、1,000円なんて言う金額ではなく、数万円という単位で積み立てを始めるべきだと思います。

つまり、年間にしたら、数十万円から数百万円というお金を投資に使うべきだということになります。

投資というのは、先ほども見た通り、年率にすると22%も稼げません。

現実的な利回りは、5~10%程度に落ち着くことになるのではないでしょうか?

年率がある程度決まっているということは、あとはどれだけのお金を投資に回すかで、形成できる資産の額が決まってくることを意味します。

つまりは、できるだけ多くのお金を投資に使いなさいという事です。

でも、1,000円などの小さなお金で株式投資をやってみて、銘柄の選び方や売買のタイミングなどを練習したほうがいいのではないでしょうか?

という意見もあるかもしれません。

しかし、株式投資を実際にやっていると、銘柄選択や売買のタイミングは、資産形成にとってそれほど重要なことではないということがわかってきます。

資産形成の3原則は、長期、分散、積立と言われています。

この原則を守れば、銘柄選択や売買はほとんど必要ないということに気づいてきます。

原則通りに分散を行うと、厳選して銘柄選択を考えても、分散が進むにつれ、徐々に日経平均やTOPIXに運用パフォーマンスが似通ってきます。

また、タイミングを図ろうとしても上手くいくことはほとんどなく、結局は定期的に積み立てることが一番いいのかもと思うようにもなります。

さらに言えば、タイミングを見て売買しようとすればするほど、運用パフォーマンスが落ちてくることがほとんどだったりします。

そんなことがあって、最終的に落ち着くのが、運用コストが格安なインデックスファンドへ定期的に積み立てるという方法に落ち着いてくることになるわけです。

この方法をとるだけで、運用のプロの8割に勝てるというのが現状であったりします。

結局最終的には、少額投資で投資の練習をする必要はないということになってきます。

むしろ、損してもいいやという考えで投資を始めてしまうことで、練習どころか資産運用の方法で最もしてはいけない運用法を選択することにもなりかねません。

それは、何も知らない人のデイトレードです。

少額投資であることで、デイトレードをしたいという気持ちが起こる可能性はかなり高いと考えています。

「より大きく稼ぎたい。」という気持ちが、必要のない行動取らせることがあります。人にはそういう癖がどうやらあるようです。

クレジットカードのポイントを有効に利用しようという程度での少額投資であれば、もしかすると問題ないかもしれませんが。

少額の元本を元手に、大金をつかもうと考えるような少額投資には、大して意味がないどころか、むしろ悪影響となる可能性もあるように思います。

0コメント

  • 1000 / 1000