インデックスファンドとアクティブファンドで、投資信託運用の基本を学ぶ。

投資信託の運用方法は、大きく2つのグループに分かれます。

一つがインデックスファンド、もう一つがアクティブファンドと呼ばれています。

この2つの違いを理解することができれば、投資信託で運用するコツの8割以上を理解したも同然になります。

インデックスファンドとアクティブファンド。

投資信託を比較検討するときの、最初の選択肢ともいえるのが、インデックスファンドを選ぶのか、それともアクティブファンドを選ぶのかになります。

インデックスファンドとアクティブファンドかを知ることは、投資信託で運用する上でとても重要な意味を持ちます。

インデックスファンドとは、市場全体の平均値となることを目標に運用されている投資信託です。

代表例が株価指数のTOPIXに連動するように設計された投資信託です。

TOPIX(東証株価指数)とは、東京証券取引所の第一部に上場している全銘柄から算出された株価指数です。

詳しくは、東京証券取引所の中でも、大手の企業が上場できる第一部で取引されている会社の株価を、時価総額という会社の値段ともいえる数値を考慮しながら、株式市場全体の値動きを見る指標となっています。

インデックスファンドは、このような市場の平均的な値動きに近くなるように運用することを目的としている投資信託になります。また、このような運用の考え方をパッシブ運用とも言います。

インデックスファンドのポイントは、資産運用初心者や投資が下手な人であっても、必ず平均的な運用パフォーマンスとなることができるという点があります。

これがどういう意味を持つかというと、とりあえずインデックスファンドを選んでおけば、人より大儲けすることはできないが、人より大きな失敗をすることも避けられることを意味します。

もしインデックスファンドで運用していて、運用益がマイナスになってしまったとしても、その結果は、他の損している大半の人に比べれば、まだましな損失であることになります。

インデックスファンドとは、良くも悪くも『平均値』であるということです。

対してアクティブファンドは、インデックスファンドよりも高リターンになることを意識しながら、運用のプロに運用を任せるといった投資信託になります。

つまり『平均値』で満足しない運用を行う投資信託ということになります。

これだけを聞くと、インデックスファンドよりも、アクティブファンドを選んだ方が良いのではないかと思ってしまうことでしょう。

しかし、アクティブファンドは、平均値であるインデックスを上回ることを目標としながら運用していはいるものの、実はその成績は『平均値』であるインデックス以下となっているケースがほとんどとなっています。

現実としては、アクティブファンドの中で、インデックスを上回ることができている投資信託は、一握りしかないという状況です。

つまり、アクティブファンドで運用する場合には、運用パフォーマンスがインデックスを上回ることができるであろう投資信託を選ばなければいけないことになります。

これができるかどうかが問題なわけです。

資産運用をして本当の結果がわかるのは、10年後であり20年後であったりします。

正直、10年後にインデックスに負けましたという結果がでたのでは、あまりにも遅すぎますし、その後から、その負けを取り返すのも難しくなってしまいます。

だったら最初から、アクティブファンドの中で良い投資信託を選ぼうとはせず、インデックスファンドで運用したほうのが良いのではないかというのが、今では投資信託で運用するときの常識となっているわけです。

インデックスファンドの探し方。

大まかなインデックスファンドへの理解ができたところで、どうやってインデックスファンドを探せばいいのでしょうか。

インデックスファンドの投資信託は、その投資信託の名前に、『インデックス』という言葉が使われていたり、『目標とする株価指数の名前』が使われていたりしています。

例えば、『ニッセイTOPXインデックスファンド』ここには、TOPIXという株価指数とインデックスという言葉の両方が使われています。また同じ日本株では、日経平均225という昔から使われていてなじみのある株価指数もあります。

他には、『eMAXISSlim先進国株式インデックス』。ここでもやはり『インデックス』という言葉が使われています。ただ、先ほどとの違いは、TOPIXとかではなく、先進国株式となっていることです。

つまり、こちらの投資信託は、日本の株式市場ではなく、世界の先進国の株式市場を対象としたインデックスファンドということになります。

インデックスは、日本の株式市場に限らず、米国、EU、新興国、全世界、といろんな場所と規模で株価指数が算出されています。

また、株式に限らず、債券や、不動産投資に近いREITなど各種の資産ごとにも作られています。

インデックスファンドのほとんどが、名前に『インデックス』とあることが多いので、それだけでもインデックスファンドかどうか判別があらかたつきます。

もう一つ、インデックスファンドを見分ける方法として、信託報酬手数料という投資信託で運用する上でかかってくる費用をチェックすることでもだいたい見分けられる傾向にあります。

インデックスファンドは、株式市場に上場している株式を、すべて買えばいいといった比較的簡単なルールで運用されているため、運用に必要なコストが安くすむケースが多くなっています。

そのため、インデックスファンドはアクティブファンドよりも運用コストが安くなる傾向にあります。

つまり、信託報酬手数料が安い投資信託から探していけば、だいたいインデックスファンドであることが多くなります。

実は、インデックスファンドの最も大きな利点は、この運用コストの安さです。

運用コストは、そっくりそのまま運用のパフォーマンスにマイナスの影響を与えることになるため、安けらば安いほど有利になるという傾向があります。

0コメント

  • 1000 / 1000