投資信託の仕組みを学ぼう!

初心者向けの投資商品である『投資信託』。

そもそも『投資信託』ってどんな商品なのか?その仕組みと考え方から学んでみよう!

投資信託ってなに?

投資信託という言葉は聞いたことはあるけれど、そもそも「投資信託ってなに?」と思う人もいるかもしれません。

投資信託とは、株式や債券、不動産などに、10,000円などの小口で投資できる投資商品です。

例えば、トヨタ自動車に投資をしようとする場合、通常100株から購入することになるわけですが、その場合には、70万円必要になるなどそれなりのお金を用意しないといけません。

ところが、投資信託の場合、その投資信託を購入する人”みんなでお金を出し合って”トヨタ自動車の株式を買う仕組みとなっているため、10,000円などの小口から株式投資ができる仕組みとなってます。

しかも、投資信託ではトヨタ自動車だけではなく、複数の株式に投資をする仕組みも持っています。

この複数の投資先へ分散して投資することを分散投資といいます。

分散投資をすることで、1社に投資をするよりもより安全に株式投資ができるようになります。

投資信託は、少額のお金で、本当だったら多額のお金がないとできないような分散投資に参加できる。そういう仕組みになっているわけです。

そのような仕組みが、まさに資産形成を始める資産運用初心者に向いてるといえるところです。

分散投資でより安全に?

投資信託を利用する一番のメリットは、『分散投資』です。

分散投資は、投資のリスクを軽減する基本中の基本ともいえる投資方法です。

分散投資がなぜリスクを軽減することにつながるのか?

感覚的にもわかることだと思いますが、よく言われるのが、『一つの籠に卵を盛るな』という格言です。

一つの籠に卵を盛っていると、その籠を落としてしまうと、大切な卵すべてを失うことになってしまいかねない。だから籠を分けて卵を運ぶことで、すべての卵を割ってしまうリスクを減らそうということです。

投資の場合もこの話と一緒で、自分の財産を一社の株式だけにしてしまうと、自分の財産すべてがその会社と一蓮托生となってしまう。もしその会社に何か大きなトラブルが起きれば、自分の財産すべてを失いかねないというわけです。

万が一のこととは言え、全財産を失うようなリスクは取るべきではないですよね。

そういった理由で、『分散投資』が大切なわけです。

また、投資信託の分散投資の場合、複数の株式に分散するだけではなく、債券や不動産といった複数の資産グループに分散することもできます。

古くから、『資産3分法』などといって、株式、債券、不動産の3つの資産に分けておきなさいという言い伝えもあったりします。

プロが運用してくれるのが投資信託?

投資信託を説明するときに、よく出てくる話が、『プロが運用してくれる』という話です。

資産運用を始めたばかりの素人である自分が直接運用するのはちょっと怖いけど、株式市場などで運用経験の豊富なプロが運用してくれるのであれば、少し安心かな?

という気持ちを抱きやすいものです。

投資信託は、たくさんの投資家からお金を一堂に集め、集めたお金を運用のプロが知識と経験を駆使して運用しているといわれています。

しかし、そこが案外そうでもないというのが、いろんなデータなどから分かってきています。

実は、プロが運用しても、素人が運用しても、実際のところ大して成績は変わらないと言われています。

極端な例としては、『投資のプロは、サルのダーツにも劣る』などと言われていたりもします。

どういうことかというと、プロがその経験と知識、そして情報を駆使して選び出した銘柄群でポートフォリオ(分散投資とほぼ同じ意味)を組んだよりも、新聞の株式欄にめがけてサルにダーツを投げさせ、そのダーツが刺さった複数の銘柄でポートフォリオを組んで運用した場合を比較すると、そんなに運用成績は変わらないといったことです。

「なんで?」と思うかもしれません。しかし、事実それを証明するようなデータはたくさんあるようです。

その理由を説明しようとすると少し難しい話になってしまうので、ざっくりといえば、『株式市場などのマーケットには目に見えない神の力が働いている。』という事のようです。

つまり、投資信託はプロが運用してくれるから安心というものではないという事になります。

投資信託のメリットは、あくまで小口で幅広く『分散投資』が可能というところにあるわけです。

プロが運用しない投資信託がある?

「投資信託は、プロが運用してくれる。」というのが一般的な認識のようですが、実は、プロが運用しない投資信託というものがあります。

投資信託を大きく2つに分けると、プロが運用してくれる投資信託と、プロの運用を必要としない投資信託、があります。

プロが運用する前者を、『アクティブファンド』、プロが運用しない後者を『インデックスファンド』といいます。

『インデックスファンド』が、なぜプロの運用を必要としないのか?

その理由は、株式市場に上場しているすべての銘柄に投資をするなど、とても簡単なルールに従って運用しているからです。そのため、プロの意見や判断を全く必要としないわけですね。

プロが運用しない投資信託は、運用のプロを雇う必要がないし、経済の情報を集めたり、投資しようとする企業の調査をするといったコストがかかりません。

実は、このコストがかからないところが、『インデックスファンド』の最大の利点となっています。

投資でリターンを上げたければ、運用に係るコストを削減すること。というのは、今や資産運用の常識ともいえるほど認知されてきた話です。

サルのダーツではないですが、プロが運用したからといって、別に成績が良くなるわけでもないのであれば、そこにコストはかけない方のが最終的なリターンは上になるという事です。

投資信託は、プロが運用するからいいというのは、もはや通用しないようです。

投資信託は、市場全体を購入できるなど、幅広い分散投資によってリスクを軽減できる投資商品という認識の方が正しいようです。

0コメント

  • 1000 / 1000