Tポイントでも投資信託の購入ができるようになる?

楽天証券で楽天スーパーポイントで投資信託が買えるサービスがあります。

このサービスによって、楽天スーパーポイントがただのおまけではなく、資産と同等の意味を持つようになりました。

そして、ポイントの王者Tポイントもその状況を黙ってみているわけではないようです。

最近Tポイント離れという言葉も聞くようになりましたが、ここにきてTポイントでも投資信託が買えるサービスが始まるようです!

Tポイントが組んだのはあのSBI証券!

SBIという金融グループは、今もっとも勢いのある金融機関といえるのではないでしょうか?

特にSBI証券は、インターネットで株式等の売買ができるネット証券といわれる証券会社の中でも口座数シェアがダントツの1位となっています。

そのSBI証券とポイントで投資信託が購入できるサービスを展開することにしたのが、ポイント界の王者ともいえるTポイントです。

しかし、最近のTポイントは、「あまり貯まらない」などといわれ、dポイントや楽天スーパーポイントに押され気味でしたが、ここにきて投資信託の購入に使えるサービスの導入です。

少なからず、SBI証券との相乗効果はありそうですね。

サービス開始予定は、7月20日だそうです。

Tポイントで株式が買えるサービスはすでに始まっている?

Tポイントで株式が買える、SBIネオモバイル証券という証券会社が最近誕生しています。

しかも、取引単位が1単位からとなっているので、銘柄によっては数百ポイントから株式投資に挑戦ができることになります。

さらに、取引時に係る売買手数料が無料となっていて、費用は月額のサービス利用料のみとなっています。

つまり、数百円~という少額のお金で、株式のトレーディングを行うには、まさにぴったりのサービスです。

しかし、これでは資産形成のためのサービスになっていないところがあります。

実は資産形成のためには、少しずつ積み立てていくような運用が必要となってきます。

その点で、今回登場した投資信託が購入できるというのは意味があるわけですね。

資産形成は投資信託で、特に投資初心者ほど投資信託が適してる?

資産形成のための運用法は、コツコツと積み上げるようにして資産残高を増やしていくことです。

株式を売買して、少しのお金をドカンと大きくする資産形成法は、ものすごく運のいい一握りの人にしかできません。

ちょっと想像してみればわかりますが、もし誰でもそんなことが出来たら、そこら中に株式で大金持ちになった人が誕生していることになります。そうなった時の株式市場はいったいどんな姿になっているのでしょうね?

つまり、誰もが株式売買で大儲けできる社会なんて物理的にもあまり考えられないわけです。

まぁ、ハイパーインフレでも訪れれば、あり得ないこともないかもしれませんが。

資産形成のための運用法、それはコツコツを資産を積み上げること。

言い換えれば、コツコツと地道に株式などの資産を買い続ける方法です。

そのための道具として、使えそうなのが投資信託なのです。

Tポイントで投資信託を購入できるようにしたというのは、そういう意味で意味のあることだと思うわけです。

願わくは、もっと貯まりやすいポイントに?

Tポイントで投資信託が購入できるというサービスが始まったことは、意味あることだと思います。

しかし、そもそもそのTポイントが貯まりにくいのでは、せっかくのいいサービスもあまり意味のないものになりかねませんよね。

願わくば、Tポイントがもっと貯まりやすいポイントとなってくれるといいなと思うところです。

ところで、今回のサービス開始にあたり、今まで投資信託を保有していた場合に付与されるポイント(SBIポイント)もTポイントへ変更するという予定だそうです。

という事はつまり、SBI証券で投資信託を購入し、その投資信託を保有することによって付与されるTポイントを使って、SBIネオモバイル証券で株式を購入するなんて流れも考えられるのかもしれませんね。

Tポイントが投資とつながったことで、いろんな可能性がでてくるのかな?

0コメント

  • 1000 / 1000