生命保険に加入するなら、『収入保障保険』を知っておこう⁉

生命保険に加入するなら、『収入保障保険』という種類の生命保険を知っておいて損はないです。

収入保障保険は、無駄の少ない生命保険としてとても有効な商品だと考えています。

『収入保障保険』とはどのようなものなのでしょうか?

収入保障保険は定期保険の一種です?

収入保障保険は、定期保険とよばれる分類の一種です。

生命保険には、一生涯の保障が続く『終身保険』、保障の期間が定められていて、保障期間が終わったら満期保険金が受け取れる『養老保険』、それと養老保険と同じように保障の期間が定められているけれど、満期が来ても満期保険金を受け取ることがない『定期保険』の3つのタイプがあります。

つまり、定期保険は保険金が支払われる事故が起きなければ、何も受け取ることができない保険なので、『掛捨て保険』といわれているわけです。

保険料から言えば、同じ保障額で比較すると、満期保険金が受け取れる養老保険が最も高く、次に終身保険、そして最も安いのが定期保険となっています。

そもそも生命保険の仕組みから言えば、養老保険の保険料は、満期保険金に充てる保険料と保険期間に万が一のことがあった場合の定期保険的な保険料の2つを負担しているといえます。

つまり、定期保険は「掛け捨てなので勿体ない」と思われがちですが、保険会社に積立をするつもりがなければ、定期保険も養老保険も根本的には大差ないと考えられます。

収入保障保険は、無駄のない生命保険?

生命保険でかけるべき必要保障額についての考え方としては、年々必要保障額を減らしていくべきです。

例えば、生涯で必要なお金の総額は、30代、50代、70代と年を取るにつれて、どんどん減っていきます。

生命保険に加入するときも、それに合わせて加入したほうがいいというのが、収入保障保険の考え方となっています。

具体的には、名前の通り、収入を保障する保険となっていて。被保険者に万が一のことがあった場合、その被保険者に変わって、退職ごろまでの給料を保険会社が代わりに支払ってくれるような仕組みになっています。

加入の仕方のイメージとしては、65歳までの給料の保障として、満期を65歳、月々に受け取れる保険金を20万円といった感じで設定したりします。

すると、例えば50歳で万が一のことがあった場合、65歳までの15年間毎月20万円の保険金が保険会社から振り込まれる。という感じになります。

つまり、受け取れる保険金の総額は、30代、50代と年を取るにつれ少なくなっていく仕組みとなっています。このような仕組みの保険を逓減定期保険と呼んでいます。

将来に向けて、保障額が減っていく仕組みであるため、普通の定期保険のように、満期まで保障額が一定になっている保険よも低い保険料で加入することが出来るわけです。

まさに無駄な保険料負担の少ない生命保険といえます。

若くても高額の保障に加入することが出来る!

収入保障保険の無駄な保障額を省くというメリットによって、若い人でも高額の保険に加入することが可能になっています。

例えば、結婚し子供が生まれ責任が増える20代は、もっとも保障が必要な年代といえます。

しかし、年収でいえば、30代や40代よりも少ないことがほとんどです。そのようなときに、大きな保障額に合わせて高額の保険料負担となるようなことはできるだけ避けたいと考えるところです。

とはいえ、万が一のこととなれば、やはりそれなりの保障をつけておかないと心配です。

そんな時に活用できるのが、収入保障保険です。

収入保障保険の保障額を25歳の時に1億円からスタートするように加入する場合でも、月々の保険料負担は、7,000円以下で抑えられる感じになっています。

仮に、保障額が一定の定期保険に加入するとしたら、月々約19,000円(アクサダイレクト生命の場合)になっていきます。

掛捨てであることを考えると、月10,000円以下で抑えられるのは大きなメリットではないでしょうか?

収入保障保険と一緒に医療保険なども組み合わせて加入しても10,000以下の月々の保険料負担とすることも可能になりそうです。

これで必要な保障額が十分に賄えるのであれば、これだけでOKということも考えられそうです。

生命保険に加入するなら、収入保障保険から検討してみよう。

保険料は、基本的に掛け損となることを知っておきましょう。

なぜならば、生命保険を運営している保険会社の取り分が、保険料には含まれているからです。

生命保険は決して儲かる金融商品ではありません。保険会社に手数料を支払って、リスクを負担してもらう仕組みでしかありません。

つまり、経済合理的に考えれば、生命保険はできるだけ無駄を省いて加入する工夫をするべきなのです。

その点から考えると、収入保障保険の仕組みは良くできている方だと思います。

生命保険に加入するなら、まずは収入保障保険で必要な保障をカバーすることを考えてみることをお勧めします。

終身保険など他の保険を検討するのは、その後で十分だと思います。

言ってしまえば、生命保険は収入保障保険で保険料をできるだけ低く抑え、貯蓄などは他の金融商品を使って貯えた方がいいとさえ思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000