ファイナンシャル・プランナーが考える。投資信託で資産運用の利点と欠点?

資産運用を始める一番最初の登竜門ともいえる投資信託。

投資慣れたファイナンシャル・プランナーが、その投資信託で資産運用することについての利点と欠点について考えてみた。

投資信託の良さは、始めやすいこと?

投資信託の良さは、何といっても始めやすいというところです。

始めやすいからこそ、始めて資産運用をする人の最初の一歩ともなっているわけです。

銀行に口座を持っていない人は、ほとんどいませんよね。投資信託は、そんな身近な銀行で買える資産運用商品だという事もあります。

また、投資を始めるにあたって、10,000円程度のお金から始めることができるので、万が一投資額全額を失うようなことになっても、「まぁいいか」とあきらめが付くという安心感もある。

さらに、プロが運用してくれるという謳い文句によって、素人でも資産運用ができると思えるようになるという点もあります。

このようなところが、初めて資産運用を始めようと考える人にとても受けているのだと思います。

筆者個人も、最初に投資を始めた時は、投資信託でした。

借金をして不動産を買うのはちょっと怖い。株式を買うにしても、ギャンブル的なものがある気がして、素人が簡単に手を出すものではない気がする。

個人向け債券など債券投資では、運用しているという満足感があまり得られない気がする。

とあれこれ考えると、やっぱり最終的に行きついたところは、投資信託でした。

初心者が投資を始める、投資信託の利点とは?

少額で投資ができる。

投資信託の大きな利点といえば、少額で投資ができることです。

初めて資産運用を始めようと考えている人にとって、このメリットは大きいです。

仮に失敗したとしても、少額の損失で済むという安心感があります。借金をすることもないので、必要以上の損失を負わないところも安心できるところです。

少額からの投資は、初心者向けの投資商品の絶対条件とも言えます。

世の中の”初心者向け”と名のついた投資商品を見ればよくわかります。必ずといっていいほど、少額で始められることが謳われています。

万が一失敗しても、生活に支障をきたすことがない範囲でできるところが、投資しやすいところですね。

少額投資でも”分散投資”が可能!

初心者向けの投資信託の解説書などを見ると、必ず紹介されている概念が『分散投資』です。

『一つの籠に卵を盛るな』という説明とともに、分散投資の重要性を説明していることをよく見かけます。

『一つの籠に卵を盛るな』とは、籠を落としてしまったら、すべての卵が割れてしまうような状態にするなという事を意味します。

つまり、一社の株式だけに投資をして、その会社が倒産して自己資産が0になってしまうようなことがないようにしようといっているわけです。

通常10,000円という少額で、分散投資を行うことは、ほぼ不可能です。

しかし、投資信託であれば、10,000円の投資で、10,000社以上の会社に分散投資することも可能になっています。

この誰にでも分散投資ができるという点が、投資信託の利点ですね。

毎月積立ができる。

投資信託を利用するメリットに、「ドルコスト平均法」が使えるという事があります。

いわゆる定期積立のことですが、さらに積立時に一定額で積み立てができることをドルコスト平均法といいます。

ドルコスト平均法は、リスクを下げつつ、リターンをそこそこに享受できる投資法として非常に有名です。

株式現物への投資などで、一定額づつ積み立てるのは、なかなか簡単ではありません。

なぜなら、株価というのが常に変動し、その変動で買値が変化しているからです。

投資信託も同様に変動してはいますが、その仕組み上、投資信託の基準価格に関係なく一定額づつ積み立てることが可能になっています。

価値が0になることは、ほぼ考えられない。

投資信託へ投資をすると、その投資信託自体が分散投資を行っているため、全資産を失うことになるということがまず考えられません。

どんな投資信託を購入するにせよ、その投資信託がちゃんとした分散投資を行っている限り価値が0になるというのは、ほぼあり得ないことと言えます。

また、仮に投資信託の運用会社に何かがあっても、運用する資産は、別の業者(信託銀行)が管理しているので、投資信託の運用会社の状況がどうであっても、投資している人の資産とは、あまり関係がない制度設計になっています。

つまり、投資信託という商品は、”法律的”に資産を保全させるための仕組みが出来ているという事です。

メリットが多いように思える投資信託の欠点。

まず前提として、初心者向けの金融商品というのは、基本的に手数料というコストの発生によって、リターンが下がるようになっています。

初心者にも投資しやすいようにするために商品を作り替えたり、専門家の知識や工夫を入れたりと、様々な人の手が加わればその分手数料が発生するのはある意味仕方がないことです。

そしてそのことは、当然投資信託にも当てはまっています。

株式などの売買手数料。投資信託を運用する会社の管理費や人件費、運用を指示するファンドマネージャーという専門家への報酬。投資信託が保有する資産を管理するための信託銀行の手数料。投資信託を販売している会社の手数料。などなど

このように、投資信託という商品の中には、様々なコストが発生しています。

逆に言えば、これらのコストが発生することで、初心者が投資しやすい商品に生まれ変わっているともいえるわけです。

投資で確実にリターンを上げる方法は、『コストを削減すること』という話があります。

つまりは、運用に係るコストは可能な限り減らす工夫をした方がいいわけです。

投資信託は、投資初心者が最初に始める資産運用として、非常によくできていると思っています。しかし、投資で本気でリターンを得たいと考えると、運用コストが高くなりがちな投資信託は実はおすすめできるできないというわけです。

たとえば、自分自身で投資信託を運用するように、株式現物を分散投資する場合で考えると、その運用に係るコストは、株式現物の売買手数料のみなります。

つまり、運用の仕方にもよりますが、1,000万円のお金を運用するとしても、負担することになるコストは、おそらく年間数千円程度というのが良いところでしょう。

たいして、投資信託で1,000万円を運用するとなると、年間数万円のコストはかかることになるし、それどころか、数十万円かかるような投資信託もたくさんあります。

投資信託は、投資初心者に向ている投資商品ではありますが、その投資初心者に向いているということが、かえってコストを高くするというデメリットにもなっているというわけです。


0コメント

  • 1000 / 1000