投資初心者の資産運用、少額で挑戦するなら何が良いですか?

少額で投資ができるサービスが増えるにつれ、投資初心者が資産運用を始めやすい環境が整ってきましたが、ただ中には投資初心者を取り込もうと若干不安に感じる内容の商品も少なからずあるようです。

投資初心者、言い換えれば、投資の認識がまだ出来上がっていない段階の人は、『うまみ』を見せられると、ついつい飛びついてしまうこともあるようです。

自らの資金を使って投資をしている実践派ファイナンシャル・プランナーから見ても、投資初心者に勧められると考えているサービスはあるのでしょうか?

少額でできる投資サービスって、いくらから可能なの?

最近は、100円台から投資できるサービスや、クレジットカードなどのポイントを運用できるサービスも増えてきました。

これらの投資サービスは、失ってもそれほど気にしないで済む金額から始められるので、まさに投資初心者にうってつけのサービスです。

しかし、100円単位の資産運用は、『あそび』のレベルであることはちゃんと認識しましょう。

資産運用というならば、最低でも数百万円単位の投資をするつもりで考えていかなければいけなくなるはずです。

そんな少額投資サービスの中から、本当に初心者のためになる投資サービスはどんなものがあるのか考えてみました。

クレジットカードなどのポイントを投資する?

クレジットカードなどのポイントは、ある意味『おまけ』と捉えがちなので、失っても気にならないというところがあったりするものです。

だからこそ、その失ってもいいようなポイントで資産運用を体験してみませんか?というサービスがいくつか出ています。

・永久不滅ポイントの運用サービス

・dポイントや楽天スーパーポイントの運用サービス

・ポンタの疑似株式投資サービス

・インヴァスト証券のETFのCFD取引サービス

・Tポイントの株式投資サービス

などなど。

最近の共通ポイントサービスでは、これらのサービスはある程度必須となってきているようです。

また、これらの中でも、まさに初めて投資を始めますという人向けのサービスといえるのは、永久不滅ポイントの運用サービスや楽天スーパーポイントの運用サービスなどです。

これらの投資サービスに共通することとして、運用手数料が低い投資信託での運用が基本となっていることが挙げられます。

しかも、バランスファンドという複数の資産に投資を行い、リスクをある程度コントロールしているところもあります。

値動きするというリスクを肌で感じたことのない人にとっては、ほどよいリスクを感じられるのではないでしょうか?

また運用コースも、少なくし、初めての人でも迷わない工夫もされているように感じています。

ちなみに、似たようなポイント運用サービスを行っているdポイントの運用サービスをお勧めとして挙げなかったのは、若干運用手数料が高めの投資信託を利用しているという事が理由です。

dポイントの運用サービスは、テオというリスクを自動で計算し、資産配分を自動で変更したりする自動売買システムで運用されるという画期的なサービスを利用しているところに特徴があります。

とてもいいサービスのように考えられがちですが、商品性が複雑な分、手数料が高くなっているという弱点があります。

そして、資産運用を学ぶとよくわかることですが、投資において手数料というのは、最大の敵ともいえる存在です。

『手数料を削れば、その分リターンが増えることになる』と考えてほぼ間違いないです。

投資サービスは、見えないコストに注意しよう!

先ほどのdポイントで利用されるテオという投資商品の場合、運用に係る手数料はテオを運営している会社の手数料だけではありません。

テオという会社が投資先に使っているETFという投資信託の運用を行っている会社の手数料も実は隠れ取られていることになっています。

実は、金融商品には、このような目に見えないコストがいろいろと隠れているケースが多いです。

この点は、永久不滅ポイントの運用サービスや楽天スーパーポイントの運用サービスでも同様となっています。

そして特に注意が必要な商品が、ポンタの疑似株式投資サービスです。

疑似とか、CFDとか、投資初心者には聞きなれない言葉が出てきましたが、まさにこういった商品には、隠れコストが含まれていることが多くなっています。

ポンタの場合、ストックポイントというサービスが元となってきているのですが、このストックポイントは、資産運用としてはあまりお勧めできないサービスだと感じています。

大きな理由は、投資コストが全く見えないことです。ポイントが株価に連動していても株式そのものを買っているわけではないので、配当金などは出ません。株主優待もありません。

どのように運営され、どこでコストをかけられているのかが一切見えないところが資産運用に向かないと考えているところです。やはり直接資産を買うわけではないのは、ブラックボックスとなるところが大きいですね。

本当の『疑似』投資体験だと考えた方がいいかもしれません。使うとしても、『遊び』として利用するにとどめたいところです。

また、CFD取引では、取引手数料無料という広告をよく見かけるのですが、実際には買値と売値の差を作って、差額を手数料として取っていたり、また長期保有する時には保有するにあたって『金利』というものが発生する仕組みにもなっているため、金利によってはやはり資産運用に向かないサービスとなる可能性があります。

ただ、資産運用向きのCFD取引も存在していて、その一つとして公的機関が運営している『くりっく株365』が挙げられます。

インヴァスト証券のCFD取引は、他のCFDサービスよりも金利を低くしているところがあり、他のCFD関連サービスよりも資産運用に向いていると言えます。

このように、初心者向けの投資商品として作られているサービスの多くは、見えないところで手数料を取ってサービスを行っているケースがすくなくない傾向にあります。

投資初心者に、その見えないコストを見抜けといってもまず不可能かもしれません。

投資初心者が、そういった見えないコストを避ける方法としては、株式やETFなど現物の資産に投資をする方法が提供されていることや、低コストの投資信託に直接触れられるサービスであるかどうかになるでしょう。

複雑な商品設計の投資商品は、避けた方がいいというは、資産運用の基本ということですね。

投資初心者向け少額投資のおすすめサービス⁉

①楽天スーパーポイントの運用サービス

楽天スーパーポイントの運用サービスでは、低コストのバランス型投資信託に連動させている低コスト運用です。また、運用の種類が「アクティブ」と「バランス」だけなので非常に簡単。

株式市場が好調だと思えば、「アクティブ」に、低迷だと思えば「バランス」に、と考えれば十分です。

これだけでも、資産運用をしている感覚をそれなりに学べること思います。

この「アクティブ」にしたり「バランス」にしたりといったバランス感覚が身についたところで、本格的な資産運用を始めてみるのもいいでしょう。

楽天スーパーポイントの場合には、楽天証券口座を準備することで、楽天スーパーポイントで実際の投資信託が買えるようになります。

ただ、この時には、非常に多くの投資信託の中から選択するという作業が増えることになるので、より投資知識を試されることになります。

②Tポイントの株式投資ネオモバイル、FROGGY(フロッギー)

これらのサービスのいい点は、100円単位という少額から株式そのものへ投資するのと同じことができるという点です。また、その株式を購入するときに発生する手数料も無料というのが、なお良いところです。

株式へ投資をするわけですから、配当金や、単元株まで購入すれば株主優待を受け取ることも当然できるようになります。

仮に投資初心者が投資をするにあたって、10,000円から始めてみようと考えたとします。

ですが、実際の株式投資では、1銘柄購入するのに数十万円という資金が必要になったりします。

すると、分散投資どころか一銘柄も購入できないわけですが、これらのサービスを使えば、10,000円からの投資で、数十銘柄まで分散して投資することも可能になるわけです。

株式投資を行う上で、必ず行った方がいいこと、それは複数の銘柄に分散して投資をすることです。

著名な投資家の中でも、分散投資を行っていない人なんてほぼいないものです。

分散投資の目安として、最低5銘柄、最大20銘柄というのが個人的な見解ですが、多いからといって、リスクに関して大きなデメリットとなるものはほとんどありません。

逆に少ないことは、ただリスクを高めるだけとなることの方が多かったりします。

つまり、少額で投資を始める投資初心者が、リスクをコントロールしつつ株式投資を学ぶには、最適な教材となるかもしれないわけです。手数料も安く、少額で本格的な資産運用が学べる仕組みができているという意味で、これらのサービスはお勧めできるだろうと考えています。

0コメント

  • 1000 / 1000