流行りをつくるマーケットの原則?『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則(マルコム・グラッドウェル)』

流行りって何なんでしょう?

「今の時代何が売れて、何が流行るのかさっぱりわかない。」という言葉を聞くことがあります。

流行ると思って売り出しても、売れない。逆にこれは売れないかもと思っていたけど、想像以上に売れた。

なんてことがよくあるそうです。

コンビニなどの棚にあるお菓子や、飲料水、次々に新しいものが出てきては、どんどん消えていきます。

それらの商品は、1,000ある中で生き残るのは、2つか3つなどともいわれています。

個人的に気に入った商品が、いつの間にか姿を消していたなんてこともありました。

覚えているのは、『マルちゃんのやきうどん弁当』。スーパーで見かけて買って食べてからしばらくハマっていたのですが、いつの間にか商品棚から消えてしまった思い出があります。

このような商品やサービスに限らず、何かが流行るということにはどんな仕組みがあるのでしょうか?

それがこの本の主な目的です。

流行らせるにはコツがある?

何かを流行らせるには、コツがあるのでしょうか?

少なくとも、何かが流行るには、いくつかの要素があるというのが、この本の著者の考えのようですが、流行らせる方法が分かったからと言って、何でも流行らせることが出来るというのとはちょっと意味合いが違うのかな?

本の中で解明している流行り現象として、ニューヨークの犯罪率の低下。エイズなどの感染症。麻薬や自殺、喫煙。ハッシュパピーという靴の流行などを取り上げながら流行りを研究しています。

これらの流行りに共通することとして、複雑系ネットワークというものが関係しているようです。

複雑系ネットワークの話は、依然『複雑な世界、単純な法則』という本で非常に興味を持って読んだことがありました。

6次の隔たりやティッピングポイント、パレートの法則などなど、新しい世界が見えるようなそんな感じを受けました。

今回の流行の話は、まさにティッピングポイントの話とも言えます。

世界ってこうなっているのか?と、知的好奇心が刺激される本でした。

0コメント

  • 1000 / 1000