これぞ最強のインデックスファンド⁉  たどり着いたのは、『くりっく株365』だった。

『くりっく株365』って聞いたことありますか?

知っている人はおそらくかなりの投資マニアなのかもしれません。『くりっく株365』ってなかなかマイナーな投資商品ですよね。

いろんな投資に手を出してきた中で、最終的に行き着いたのは、『くりっく株365』でした。

パッシブ運用がベストと思った!

株式の個別銘柄、FX、投資信託、などいろんなところに投資してきた中で、投資をするならパッシブ運用がベストだと思いました。

パッシブ運用とは、市場に逆らわず、市場と同程度のパフォーマンスを目指すという運用方法です。

統計的に計算されて出てくる結果と同じパフォーマンスになるように設計した投資戦略であり、簡単にいえば、『市場の平均値』です。

平均値という事は、パッシブ運用の投資は、「市場を出し抜こう」、「誰よりも相場で儲けてやろう」という発想とは別世界の運用法です。

市場の平均値に満足し、市場の流れに乗るように、流されるように、市場と付き合う。

投資に関して、そういう考え方をするようになったのは、『効率的市場仮説』という言葉を知ったからです。

効率的市場仮説とは、市場はすべての情報を織り込んで価格が決定されているという考え方で、自分が知らないことや考えていないような情報までもが、すでに織り込まれているという話です。

そして株式市場というのは、とても高度に効率化されているために、効率的市場仮説が通用すると考えられているわけです。

個別銘柄投資への投資をすればするほど実感する話でした。

歴史に残る経済学者であり、ある意味経済に関しては世界トップ級に物知りで頭が良かったはずの、ジョン・メイナード・ケインズが、自分の持てる知識と技能を駆使して行ったアクティブ運用に破れ、最終的にはパッシブ運用に落ち着いた、という話を知って「はっ、と目が覚めたように投資の世界を見る目が変わったのを感じました。」

ちなみに、ケインズはパッシブ運用に切り替えてから、大資産家になったようです。

ただケインズのパッシブ運用は、よく言われるインデックスファンドよりもアクティブファンドに近い運用をしていたようですが。


パッシブ運用をもっとハイリターンにできないだろうか?

パッシブ運用は、あくまでも市場の平均値をマークする運用法です。

言ってしまえば、刺激が少なく、面白みがない投資法でもあります。

となると出てくるのが、「平均値で満足することを良しとしない」という、人の性です。

そこで、パッシブ運用でありながら、よりハイリターンなパッシブ運用はないものかと、いろいろ考えて思いついた方法が『パッシブ運用にレバレッジを掛けること』だったわけです。

株式投資にレバレッジを掛けるという事で、最初に思いついたのは、信用取引です。

しかし、調べてみると、信用取引は金利や貸株料など、とにかくコストがかかりすぎる事。

そして、一般的には保有していられる期限が決まっていることなどから、今回は却下でした。

レバレッジを掛けて長期投資がしたかったので、保有コストが高いことは大問題です。

そして、保有期間に期限があるなどは長期投資で運用する方法として論外でした。

同様の理由で、先物取引やオプションも選択から外れました。

先物やオプションは、信用取引に比べれば運用、保有のコストは圧倒的に低いものの、期限があるということが合わなかったためです。

そして、最後に見つけたのが、CFDでした。

CFDとは、FXと同じ仕組みで取引する、株式や商品などを対象として取引できる商品です。

CFDには、保有期間に期限がないため、レバレッジを掛けた長期投資ができ、しかも配当金も反映される。これはすごいかもと思ったことを覚えています。

最初に取引したのは、CFDを使った個別銘柄への投資でした。気に入った銘柄を買って、しばらく保有していました。この投資自体はそこそこうまくいったのですが、やはりコストが気になりました。

CFDの取引でも信用取引と同じように金利コストがかかるためです。

それもそこそこ高い。

店頭CFDの商品説明では、取引のコストとして、保有期間中の金利コストをあまり表面に出していない会社も多く、実際に取引してみたら、とても無視できるコストではなかったわけです。

結局、長期投資をするにはイマイチ扱いきれなかったわけです。

そんなこんなで投資をしていたら、金利コストまで最安の、しかも公的な機関で取引が行われる商品が出てきました。

長期投資に必要な、信頼性と保有コストの安さの両方を兼ね備えているとなっては使わないわけにいかない!

それが『くりっく株365』だったわけです。

『くりっく株365』

くりっく株365のポジション保有コストは、『売り方が受け取る金利相当額と買い方が支払う金利相当額は同額』となっています。

つまり金利差で儲けようとは、していないわけです。

そして、金利は最低限の水準となっていて、日経平均を取引する場合、無担保コール翌日物となっています。

具体的にえば、ゼロ金利政策の時には、保有コストは0になります。

つまり、ゼロ金利の時のくりっく株365で投資する株価指数への投資は、インデックスファンドよりも低コストになるわけです。

しかも、先物のようにポジションの保有に期限がありません。

毎日ロールオーバーされ、いつまでもポジションを維持し続けることができます。(2020年10月から変更になります。)

ハイレバレッジ、低コスト、長期保有、低コスト、高い信頼性。これこそまさに探していたハイリターンのパッシブ運用なのではないかと思ったわけです。



0コメント

  • 1000 / 1000