子供向け金銭教育?『マネーという名の犬ーー12歳からの「お金」入門(ボード・シェーファー)』

タイトル通り、子供向けにお金との付き合い方を学ばせたいという思い書かれた物語ということですが、大人でも十分に学ぶところがある本でした。

成功日記を書いてみよう!

この物語は、マネーという名の犬と女の子の出会いから始まる物語です。

そしてマネーは人の言葉を理解し、その女の子に『お金に関する知恵』を与えるという話です。しかし実際にマネーがお金のことをあれやこれやと説明しているシーンはそれほど多いわけではなく、マネーはあくまでお金に関する原理原則の入り口を教えただけで、その女の子(キーラ)が自らの力で、お金に関する悩みと向き合い、考え、いろんな人々との出会いを通して、様々な課題を少しずつ解決していくという物語です。

最初は普通の女の子だったのに、気が付くと最終的にキーラはとても普通の女の子と表現していいのかわからないほどになってしまいます。おそらく最初の姿を知らなければ、才能と運に恵まれたたぐいまれな女の子の話だと思ってしまうことでしょう。

なんといっても物語の最後には、お金持ちの知人と共同出資で、子供がお金を学べるところを作るための会社を設立してしまうというところまで行くのですから。

そのキーラがマネーから教わった原理原則の中に、『成功日記』というものがありました。成功日記を書くことで、自分に自信が持てるようになるということでした。

お金のさまざまな問題を解決するためには、『自身』というものが必要だということをこの本から学ぶことができます。そしてお金持ちになることや、お金のことで悩まないでいるためには、『自身を持つこと』がとても大切のようです。

お金に関する様々な知恵もこの物語の中に紹介されていますが、最も根本的な原理原則は何かといったら、おそらくこの『成功日記』にあるような気がしました。

子供向けの本ということなのに?

『お金との付き合い方』を真剣に考えたことがある人というのは、それほど多くないのではないでしょうか?

でも、ちゃんと考えたこともないのに、自分に「お金に関することで才能がない」なんて思っている人もほとんどいないことでしょう。

お金というのは、私たちが生きていくうえでこの上なく重要な項目であることを疑う人はほとんどいないことと思います。仮にそのことを否定したところで、今のこの社会においては、お金の呪縛から逃れることはできないと思います。

この本を読むと、お金との付き合い方を考えるということを否応なくさせられることでしょう。

この本で学ぶお金との付き合い方というのは、とても子供向けとは言えないと感じました。大人でも十分に学ぶところがあります。

そして子供向けという著者の意図なのに、なぜか『投資』や『ビジネス』の棚に置いて販売していた書店。

子供向けであるはずなのに、子供に向けて読むようにはなっていないという悲しい日本社会の実情ということなのでしょうか?

それとも、子供よりも大人が読むべき本だという意図なのでしょうか?

『お金には、うまい付き合い方がある。』

「お金と付き合う?」という言葉にピンとくる人は金銭感覚がいいのかもしれません。人はお金を使っていると思っているようですが、意外とお金に支配されているところがあるのです。

自動車の運転も似たような感覚があるようなのですが、一般的には「自分は運転が上手い」と思って運転している人が多いようですが、実際には『自動車を運転しているのではなく、自動車という機能に運転させられている』という人もいます。

不思議な感覚ですよね。ハンドルを握って、アクセルを踏んで、ブレーキをかけたりしながら運転しているのは私だよと。しかし、今運転している自動車はどうやって動いているのかを想像しながら運転している人はほとんどいません。

自動車にはタイヤがあり、タイヤの性能で加速したり曲がったり、止まったりしているわけですが、運転をしながらそのタイヤがどのような仕事しているのか考えたことはありますか?同じカーブを走っていても、人によって車体の揺れが違うのは、なぜなのでしょうか?

あるテレビ番組で、主婦が自動車の運転の練習で、おそるおそる車体を横滑りさせたり、おっかなびっくりにドリフトをしたりしながら、自動車の操作と車体の動きを体で感じながら運転を学んでいるのを見たことがあるのですが、その主婦が、自動車が走れる限界まで動かしたときに、初めて感じた自動車を運転しているという感覚の話をしていました。

お金との付き合いかたというのもこれに似ているのだと思います。

お金を使うだけならば誰にでもできるぐらい簡単な話です。お店で支払ったり、クレジットカードで決済したり、住宅ローンを組んで家を買ったり。これらのことは、簡単に行うことができてしまいます。

しかしお金も自動車と一緒で簡単に操作ができてしまうからこそ抜け落ちる、『本当の意味での使う』という感覚。

ぜひこの本を読んで、少女キーラがどんなふうにお金を使いコントロールしているのか、ぜひ学んでみてはいかがでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000