クレジットカードとキャッシュレス。基本のキ

キャッシュレスが話題になって久しいですが、「まだうまく使えていないんだけど?」や、「何から始めたらいいのだろうか?」、「始めようとは思っているけどまだいいや」、などと考えている人もいるかもしれません。

キャッシュレスにすることで何が得なのか? 特にクレジットカードを使ったキャッシュレスについて考えてみたいと思います。

キャッシュレスにすることでなぜ得するの?

キャッシュレスの第一歩として挙げられるのは、クレジットカードではないでしょうか?

キャッシュレス生活を始めようと考えて、いきなりスマホ決済から始めるという人は少ないように思います。

クレジットカードを使用すると、使った金額に応じてポイントがたまることは周知のことと思います。しかし、なぜクレジットカードを使うとポイントという還元があるのでしょうか?

同じ商品を同じ値段で購入するのに、現金とクレジットカードの違いでなぜポイントという差がうまれるのか?

クレジットカードを利用して支払いをすると、お店はクレジットカード会社に手数料を支払っています。

最近消費税の増税のからみで、この手数料について話題がでていますが、だいたい3%超の手数料がかかっているようです。

つまり、100円の物をクレジットカードで購入すると、お店は3円超の手数料をクレジットカード会社に支払っているというわけです。

そして、クレジットカード会社はクレジットカードを利用した人へ、ポイントとしてお店からもらった手数料の中から還元しているということですね。

つまりクレジットカード決済は、お店側は必ずしもプラスというわけではないですが、私たち消費者は、同じ支払いであれば現金よりもクレジットカードで支払った方がお得というわけですね。

できる限りクレジットカードで支払うようにしてみよう!

クレジットカードを持っている人は多いです。むしろ社会人になってクレジットカードを1枚も持っていないという人は稀だと思います。

しかし、クレジットカードを持ってはいても意識して使っている人は少数派のようにも感じます。

というのも、クレジットカードを使うことに若干の抵抗があるからなのかなと感じています。おそらくクレジットカードによるカード破産という言葉が一時期はやったからではないでしょうか?

クレジットカード払いは後払いの買い物です。つまり後から請求書がくるため、お金を使っている感覚がマヒし、どんどん買い物をしてしまうことによってカードの請求金額が支払えなくなってしまうのではないかという怖さがあるのかもしれません。

しかし使ってみるとそれほど恐れるものでもないこともわかりました。

意外と一般的な消費感覚の人であれば、現金からクレジットカードへ主な支払方法を変えたとしても、使う金額はあまり変わらないと感じています。

それに、カードの利用金額には限度額の設定ができますから、利用限度額を必要以上に使えないように設定することで、必要以上の買い物のリスクに対応することもできます。

例えば、ショッピング枠の利用限度額を5万円にまでさげられるクレジットカードであれば、利用限度額を5万円に引き下げることで、だいたい一月に5万円程度しかカードで買い物ができないことになるわけです。

それに、中にはクレジットカード支払いを多用することで、クレジットカードの明細を家計簿代わりに利用していたり、スマホアプリの家計簿ソフトなどとクレジットカードの利用履歴を連携させることによって、ほとんどリアルタイムでの消費動向を確認したりしている人もいます。

そのようにクレジットカードの利用履歴の記録機能をうまく使うことで、現金よりも家計の管理が楽になるケースも増えてきています。

スマホの家計簿アプリとクレジットカードを連携させてみよう!

家計簿アプリとは、銀行口座やクレジットカードなど電子的な取引で決済や集金などをした場合に、自動で家計簿として記録されるアプリのことです。

また、これら家計簿アプリのほとんどが、クラウドでデータが保存されていて、インターネットがつながる環境であればPCでも利用できるようにもなっています。

クレジットカードを利用して決済をした場合、その取引の記録がAPIという技術を使って家計簿アプリに自動的に取り込まれるので、たいして手間なく家計簿がつけられるというのが最大のメリットです。

つまり、現金取引をなくし、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレスでの取引中心にすることで、無理なく家計簿がつけられるので、今では、かえって現金取引を少なくしたほうのが節約につながるかもしれない時代にもになってきました。

どんどんクレジットカードを使っていこう!

クレジットカード利用で怖いと思っていた、使いすぎや買い物のし過ぎという不安は、クラウドの家計簿ソフトによって、逆に使いすぎを防ぐことができるようにもなってきました。

クレジットカードを使い過ぎるという恐怖心がなくなれば、むしろクレジットカード支払いはポイントという還元がある分、非常にお得です。

しかも最近のポイントは、ものによってはほとんど現金と変わらないようなものまで出てきています。

今やクレジットカードは、家計の節約術としてとても強力な味方となってきました。

例えば、月に15万円ほどの支出をクレジットカードで支払うようにするだけで、年間18,000円以上のポイントを得ることも夢ではありません。

ただ気を付けた方がいいこととして、支払い方法で『リボ払い』は避けるということでしょう。できる限り『一括払い』ですべての支払いを済ますようにすることがポイントといえます。

0コメント

  • 1000 / 1000