キャッシュレスに向けて、ウォレットアプリ『Kyash』を利用してみた。

キャッシュレスを勧めるにあたって、いろんなアプリが増えてきました。その中のひとつ『Kyash』を実際に利用してみた感想です。

結論から言えば、なんか良さそうな感じがします。

『Kyash』ってなあに?

『Kyash』とは、プリペイド式の決済アプリです。『Kyash』を利用する時には先にお金を入れて、その入っているお金の範囲で、決済に使うというタイプです。

クレジットカードなどの銀行口座の残高とは別に、利用限度額まで使えてしまうという類の物とは違うので、お財布の感覚に近く、比較的軽い気持ちで使えるところがあります。

また、『Kyash』の利用法は、基本的にクレジットカードと同じです。

最近はやりのスマホでバーコードを見せて決済するみたいなものではなく、クレジットカードのように現物でカード(リアルカード)が存在するので、今までのクレジットカード支払いに近く、違和感なく使うこともできます。

ここが『Kyash』を試してみようかなと思った大きなポイントでした。

やはり、レジでスマホをつかって画面を表示して支払いをしますというのは、若干抵抗がありました。その点今までクレジットカードで支払ってきたのと同じように使えるとなれば、使うことに抵抗がほとんどありません。

使える範囲が広そうなのはグッドです!

今までも現金の利用はできるだけ減らしてきていて、その中でも最も頻繁に利用しているのがクレジットカードでした。

その点で『Kyash』は、クレジットカードと使い方が似ているので、今のところ違和感はほとんどありません。ただ問題点としては、継続課金の支払いやガソリンスタンドなど一部使えない店舗もあるところです。

まぁこの辺は、今まで使っていたクレジットカードを利用すればいいわけなので、それほど大きな問題でもないでしょう。

利用できる金額がチャージした金額までというプリペイド式が『Kyash』のありがたいところです。お小遣いとしての利用や計画的な支出などを考えるなら、プリペイド式という仕組みは、案外便利なのではないでしょうか?

つまり『Kyash』は、街中やインターネットでお小遣いを使うまたは利用金額を制限するように、クレジットカード支払いでそれができるというところが、一番の魅力なのでしょうね。

そして実際に使ってみてこれは良いと思ったのが、『QUICPay』が使えることです。

コンビニなどの少額決済でクレジットカードを出すことに若干の抵抗がないわけでもなかったので、電子マネーの『QUICPay』が利用できるのは良かったです。

スマホで、わざわざ画面を表示することもなく、スマホだけで決済ができるのは電子マネーの強みですよね。

『Kyash』は、インターネットでの利用、街中でのリアルカードでの利用、『QUICPay』の電子マネー利用ができることで、ネットでの購買やサービス利用、そこそこの金額の外での買い物ではクレジットカード(リアルカード)。ちょっと寄ったコンビニでジュースだけを買う場合には電子マネー。

といった幅広い使い方ができそうなのがいいですね。

『Kyash』が『LINEpay』か?

最近話題のキャッシュレスを実際に使ってみようかなと考えて、最終的に候補となったが、『Kyash』と『LINEpay』でした。

どちらも、リアルカードがあるということが、個人的な選択肢になった理由です。やはりリアルでカードがあったほうのが、普段クレジットカードを多用している方としては受け入れやすかったということがありました。

そして決め手は、チャージの方法でした。

『Kyash』には、クレジットカードのチャージがあり、しかもクレジットカードでチャージすると、そのチャージ分もクレジットカードの利用分としてポイントが受け取れるというところです。

しかも『Kyash』はVISAが使えますが、『LINEpay』はJCBというのも、若干『Kyash』に傾いた理由です。

『LINEpay』の還元キャンペーンは魅力的に思いましたが、長く使うことになるかもしれないことを考えると、一時的な還元よりも長い目で見た還元の方がいいだろうなということで、『LINEpay』の還元キャンペーンには目をつぶることにした感じです。

それでも、『Kyash』の還元率は、チャージに使うクレジットカードの還元率と『Kyash』をつかった時の2%です。仮にチャージに使うクレジットカードのポイント還元率が1%であったとしたら、2%+1%で合計3%になります。

個人間送金もできるようだけど、今は決済機能がメインだね。

『LINEpay』などの最近のキャッシュレスアプリの機能として個人間の送金というものがあります。

今まで現金を使わないでお店でお支払いをする方法はクレジットカードや電子マネーなどいろいろありましたが、個人間では現金ということがほとんどでした。

今やその個人間のやり取りもキャッシュレス化です。

でもまだまだでしょうね。『Kyash』でも個人間送受金はできるようですが、受け取る相手側も『Kyash』アプリを入れる必要があるためです。正直これは使いにくいと思っています。

『LINEpay』や『Kyash』には、銀行口座などへの払い出し機能がありませんから、受け取った相手はそのお金をKyashで利用するほかないということになってしまいます。正直これは不便。

その点は、個人間送金と、受け取ったお金を銀行口座に払い出せるという機能を持つ『pring』に軍配が上がります。

『Kyash』は店舗決済用。個人間送金は『pring』というのが妥当かもしれませんね。

トータルとして、『Kyash』は決済用口座としては十分に使えそうです。

決済用として欲しい機能は、なによりも使いやすさです。その点では、『Kyash』は決済機能としてほしいものを大方そろえていると思いました。

リアルカードでの支払い機能。

インターネットでの決済機能。

少額決済でクレジットカードを使うことに抵抗がある人には『QUICPay』という電子マネー。

『QUICPay』によって、財布を持ち歩かなくてもスマホだけ生活もあり得る?

現金チャージもセブンイレブンのATMでカードを用意しなくてもスマホだけでできるので、本当に財布なしに近いです。

現金しか使えないところを除いては、ほぼほぼいろんなケースに対応できそうです。

ただ、一部使えない店舗やサービスもあるようなので、その時のためのクレジットカードも用意しておく必要はありそうですが、普段使いとしてはまあまあイケてる気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000