Q.生命保険の加入を検討中です。保険金の適正額ってどうやって決めればいいのでしょうか?

生命保険に加入しようと考えています。

保険の営業の人にいろいろ話を聞くこともいいのかなと思いましたが、ネットで加入できる保険の方が割安だとも聞きました。

ただネットで加入しようと思うと、保障額を自分で決めなければいけなくなり、いくらの保険に入ったらいいのか見当がつきません。

何のために生命保険に加入するのですか?

まずは、生命保険に加入する目的から考えてみましょう?

生命保険に加入するのは、万が一亡くなった時に、家族の収入、葬儀代、亡くなったことで子供が十分な教育が受けられなくならないためになど、いろんなことが考えられます。

しかし、よりシンプルに考えれば、亡くなった人の『収入が途絶えることへの保障』という考え方になるかと思います。

つまりは、生命保険に被保険者(保険金が支払われる対象者のこと)として加入する人が今後稼いでくるはずの収入と同程度の金額の保険に加入すればいいと考えるのが最もシンプルで分かりやすいことと思います。

例えば、主人の現在の給与が年収500万円。将来的に700万円にまで昇給される予定で、今後稼ぐことになるであろう収入総額の予測は、1億5千万円だったと仮定した場合。

その時点の死亡時の必要保障額は、『1億5千万円』ということになるわけですね。

ただ、一年一年時が過ぎるにつれて、その間に稼いでくる分もあるので、保障額は年々少なくなっていくことになります。

しかし、毎年いくらの保障額が必要なのかを計算するのはちょっと面倒なので、逆算的に月々どの程度の収入があれば十分といえるのかを考えて保障額を計算するという方法もありだと思います。

つまりは、何があったとしても、毎月のお給料として『最低』どのくらいが欲しいのか?ということですね。

逆にこちらの方が、どの費用にどのくらいかかり、一生涯トータルいくらかと考えるよりも、生命保険の入り過ぎを避け、より適正な金額に設定しやすいかもしれません。

というのも、なかには生きて稼いでいるよりも、亡くなった時の保険金の方が大きい人もたまにいるようです。

正直なんでこんなことになってしまうのか不思議です。

個人的には、生きているときに充実していた方がいいと思うのですが。

過剰な生命保険加入というのは、『亡くなった時』に充実した収入を得らるように、生きているときの収入を保険料として失っていくということですからね。

亡くなったときのために、生きているときを必要以上に犠牲にしているとも言えます。

それでいいと考える理由が、いまいちよくわかりません。

必要以上の保障額を設定してしまう理由には、保険営業の話法によるところもあるのかもしれません。

生命保険の営業では、「亡くなった後どうあってほしいですか?」という視点から保険の必要保障額の話をします。

当然家族に十分な収入を得てほしいと考えるのが普通でしょう。その結果、今現在の身の丈以上の生活を想定していまい、生きているときよりも亡くなった時の方が充実するような保障額になってしまうのかもしれませんね。

保障額は今の給与から算出してみてもいいのでは?

本当であれば、生活費や子供の教育費、老後の生活費など、ライフプランを考えながら必要保障額を計算するのでしょうが、実際にそれをやるには手間がかかるし、正直言って面倒です。

それに一番大きいのが、ライフプランなんて何がきっかけで状況が変わることになるかわかりませんということです。

緻密に計画を立てて計算したところで、長い人生にマッチするライフプランなんてほとんど不可能なのではないかとも個人的には思っています。

ただ、今の仕事をこれからも続けていったとしたら、自分がどのくらいの給与をこれから稼いでいくのかはだいたい想像がつくこともあるかもしれません。

言ってしまえば、必要保障額を『亡くなった後の途絶えた収入への保障』という視点で考えれば、これから稼ぐであろう収入を基準にすることで、それを維持するように保険に加入すれば、家族の今と同じ生活を守れることになるわけですよね。

ということで、だいたい今わかっている現在稼いでいる給料から生命保険金の保障額を検討してみてはいかがですかというのが一つの提案です。

月々の給料から月々の必要な保障額を考えて保険の加入を考えるというわけです。

この方が計算が楽だし、わかりやすくありませんか?

それに、結局生きている間も、月々の給料から、生活費や子供の教育費、老後の積立や葬儀代などを使っているわけですからね。

あえて生涯の必要経費を計算しなくても、月々の給料の範囲で考えた方が単純だと思います。

遺族年金を引いてみよう。

月々の給料をベースに保障額を考える場合、みんながすでに入っている保険で月々の保障が得るものがあります。

そうです。遺族年金です。

よって、何があったとしても必要な月々の給料から遺族年金を差し引くことで、月々の保障額が決まってきます。

しかし、ここで問題が発生です。遺族年金がいくらでいつまでもらえるのかなんて一般の人には想像もつきません。

FPや社会保険労務士といった専門家や年金事務所に相談しに行くなどしないとなかなかわかるものではありません。

なぜこれほど複雑な仕組みにしてしまったのか、個人的にも非常におかしいと思っているところです。国民年金や厚生年金などどの公的年金に加入しているのかでも違ってくるので、困りものです。

とりあえず、毎年送られてくる『ねんきん定期便』を参考に簡易的に計算してみることが一番かもしれません。

ややこしい話をざっくり省きますが、『「これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額」÷加入月数×300か月(25年)×3/4』がざっくりとした遺族年金の計算式です。

さらにここに遺族基礎年金がプラスされますが、遺族基礎年金の基準は年額779,300円となっています。ただ支給要件などがいろいろ細かくあるので、念のため確認しておくといいでしょうね。

投資等で得られる収入も引いてみよう!

『貯金があれば、生命保険は必要ない』とか『お金持ちは、生命保険に加入しない』といった話を聞いたことがありませんか?

とうぜんですよね。十分な貯えがあればあえて損することになる生命保険にあえて加入する理由はありません。

お金持ちといわれる人のように、貯えから不動産収入や株式の配当など新たな収入を得ているような人ならばなおのことです。

資産作りも立派な保障になるということですね。

投資での収益は、不労所得と呼ばれるものでもあり、働けなくなっても受け取り続けることができる収入です。ずばり言ってしまえば亡くなっても延々と続く収入ということですよね。

つまり、この投資から得られる月々の収入は、必要な保障額から差し引くことができるわけですね。

死亡保険金が月々受け取れる家族収入保険で月々の保障を補てんしよう。

例えば、遺族年金だけで月10万円程度受け取れるような家庭を想定してみましょう。

月の必要収入が30万円と仮定すると、保障として必要な月の収入は、30万円-10万円=20万円です。

つまり月20万円程度の保障でOKということになります。

さらに投資信託などに積立を行っていて、月5万円ほどの収入を得られるようになっていた場合、月々の必要保障額は、15万円ということになります。

これを、一括で高額の保険金が受け取れるタイプではなく、月々で保険金が受け取れる家族収入保険と呼ばれる種類の生命保険でカバーすることを考えてみましょう。

月々で必要な保障額は、15万円とでましたから、加入する家族収入保険は、万が一のことがあった時に月々15万円の保障が退職予定の年齢までの間受け取れる保険に加入すればいいということになりますよね。

仮に月15万円程度の家族収入保険に加入するとした場合、月々の保険料は、30歳で加入すると5,000円程度になります。

思ったよりも安い保険料だなと感じたでしょうか?

でもこれだけで、生きていても、万が一のことがあったとしても、ほとんど同じ経済状態が維持できると考えれば、これでも十分かなと思わなくもないですよね。

あまり難しく考えず、シンプルにこんな感じで生命保険を考えてみるのもどうでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000