投資と資産運用って何がちがうのだろう?

投資と資産運用ってなんか似ていると思いませんか?

資産運用の相談をすると、投資信託の説明を受けることが多い印象ですよね。投資信託って、資産運用というよりも、すでに投資だと思いませんか?

投資と資産運用って何が違うのだろう?

一般的に使われている投資と資産運用って対して違いはないような気がする。

どちらかといえば、資産運用という言葉の方が投資という言葉を使うよりもマイルドな感じはします。ですが、その実態は大差がない気がします。

資産運用といって投資信託を購入しても、その投資信託が購入している資産は株式や債券で、投資や投機の対象とされている資産です。

そして何より、投資信託を購入する場合には、資産運用と考えるよりも、投資をすると考えた方が分かりやすいし、失敗することも少ないことでしょう。

資産運用といえば、投資に比べると、それほど恐れるものではないという印象を与えられる感じがするので、金融機関などのキャッチコピーでは、投資ではなく、資産運用という言葉を使っているのかもしれませんね。

資産運用という言葉と投資という言葉、実際にはどう考えればいいのでしょうか?

資産運用は、資産を運用するという言葉の通り、資産をうまく利用してプラスの効果を出そうというイメージでしょうか?

対して、投資は、積極的にリターンを狙ってお金を動かすというイメージなのかもしれません。

やっぱり資産運用はマイルドなイメージですね。

資産運用といわれると、リターンを狙うというよりも損をしないようにというイメージもあるかもしれません。

例えば、インフレでお金の価値が目減りしないように、賢く運用しましょうなどです。

ディフェンシブな資産運用?オフェンシブな投資?

資産運用は守り?

インフレに対する備え。日本国債のデフォルトに対する備え。銀行が破たんしたときなどの備え。

などなど、どちらかといえば、守りのイメージですね。

対して、投資は攻めの印象が強く。

配当金で生活する。資産を何倍にもして資産を築く。損をするかもしれないけれど、当たればでかそうだ。

などなど、リスクをとって積極的に攻める行為という感じです。

それもそのはず、資産運用は、インフレから資産を守る。資産の目減りをなくす。という目的のもとに行われてきた行為と考えられます。

つまり、1億円持っている人が、将来にわたってその1億円の価値が目減りしないように、どうやってその1億円を蓄えておくか、知恵を絞ってきたのが資産運用ってことですね。

資産運用は『守る』ことが主な目的だったのに。

今の資産運用は、考え方が攻めになっていないかい?

資産運用は、『守る』ことが目的だったはずです。ですが最近の資産運用は、攻めの気持ちがでてきているように感じます。

資産運用をしましょうと言って、株式投資100%の投資信託をすすめる。

これは明らかに『攻め』の行為ではないでしょうか。つまり投資だと思います。

こういう『投資』は資産運用的ディフェンシブな発想ではなく、投資的オフェンシブな発想で取り組むべきです。

そうしないと痛い目をみることになると感じています。

資産運用で儲けようという発想はいらないはずです。

資産運用は儲ける必要がなく、今ある資産をインフレという意味でも減らさないようにすることが一番の目的なのですから。

ズバリ言えば、消費者物価異数に連動するように資産の評価額が変動してくれればいいわけです。

世界的には2~3%程度の変動率ですね。

そして日本国内は0.2%程度です。

これだと、資産運用で株式などに投資する必要ないのでは?

という声も聞こえてきそうですね?

株式などに100%投資する行為は、資産運用ではなく投資だってことですね。

資産運用の鉄則。守りの方法とは?

投資ではなく、資産運用を行うためには、『守りの運用』に徹しないといけません。

つまり、消費者物価指数に連動する程度の資産の価格変化になることを目指すことになります。

一番手っ取り早いのは、消費者物価指数に応じて金額が変動する物価連動国債を利用することですが、この商品は個人には買うことができないという問題点があります。

投資信託で物価連動国債に投資する商品もありますが、これだと信託報酬手数料がかかる分、消費者物価指数にその分負けることになります。

他に方法はないのだろうか?

守りの運用の鉄則とは?『分散投資に徹する。』です。

具体的に言えば、いろんな資産のインデックスファンドに適度に分散して投資するという方法が挙げられます。

いわゆるポートフォリオ運用と呼ばれているものですね。

よくポートフォリオ運用が富裕層の運用方法だといわれることがありますが、守りの運用を行うことが富裕層の運用目的であるためというわけですね。

とはいえ、そのポートフォリオが金融資産のみである場合、守りの資産運用としては若干弱いのかもしれません。

実物の不動産や、金地金など実物資産ならではの良さというのもあると思われるので、そういう分野にも分散させた方がより安心だといえますよね。

とにかく、いろんなリスクを想定して、様々なところに資産を分けておくということが、資産運用ということなのでしょうね。

0コメント

  • 1000 / 1000