保険を見直し、資産を築く⁉ 賢いお金の考え方。

保険料を払いすぎる「保険貧乏」という言葉があります。

保険料を見直すことで、資産形成につながるといったらどう思いますか?

なぜ保険を見直すことで、資産形成につながるのか。その考え方とは?

保険の見直しと資産形成?

保険、特に生命保険の場合、貯蓄型の保険という言葉があります。

「終身保険」「養老保険」といった種類がそう言われています。これらの保険は、保障と貯蓄の両方を兼ね備えているため、使い勝手がいいと考えられています。

反面、「掛け捨て」の保険と言われる定期保険などは、損をするような気がして、避けられる傾向にあります。

実際には定期保険にも保障というメリットがあるわけですから、決して損をしているとは言いきれないのですが、自分が亡くなると言われても現実感がないためか、みなそう考えてしまうようです。

そのため、「掛け捨てでは・・・」と思っているところへ、「掛け捨てではない貯金もできる保険があるんです。」と言われると、そっちの方がいいと考えるようになってしまうわけです。

掛け捨てだからと言って損をしているわけではないと理屈ではわかっていても、心では納得できないものです。

そして、中には外貨建てや変額年金保険などを勧めることで、貯蓄だけでなく、資産形成もできる保険として販売していることも見かけます。

しかし、保険は保険、保障が目的の商品だと割り切ることが、本来の趣旨だと思うのです。

保障は保険、貯蓄は預貯金や定期預金などで。

保険に加入する目的は保障を得ることと割り切った場合、貯蓄は何で行えばいいのか。

その答えの一つとして預貯金や定期預金などが挙げられます。

定期預金などは、金利が低いために、貯蓄性の生命保険で貯蓄するよりも、不利なのではという意見があります。

ですが、利回りではなく使い勝手で考えてみましょう。

預貯金や定期預金には、ほぼいつでも引き出して使うことができるというメリットがあります。これを流動性といいます。

病気なので入院した時など、突然の出費や予定外の支払いが発生したときに、いつでも支払いに回せるお金ということです。

ところが、生命保険で貯蓄していた場合はどうか、突然の出費などで支払うためのお金を用意するためには、保険契約を解約する必要が出てきます。

そして、保険を解約すると利息があるどころか元本を毀損することになることの方が多かったりするものです。

そう考えると、その毀損する分を保険料と考えれば、掛け捨ての保険に加入している場合と、そう大差ないのではと思うわけです。

また、契約者貸し付けなど、解約をしなくても生命保険からお金を借りることだってできるという意見もあるでしょう。

しかし、貯蓄で何とかなる金額をわざわざ利息を払って借りるという考えもどうなのでしょうか?

細かく支払利息を計算した結果、意外にも割にあうこともあるのかもしれませんが、心情的にそれでいいのかと思ってしまうところです。

結局のところ、貯蓄という機能だけをみれば、生命保険よりも預貯金や定期預金といった金融商品の方が、元本保全性や流動性など、貯蓄としての機能は高いといえるわけです。

もっといえば、さらに有利な貯蓄向け商品の個人向け国債なんて商品もあります。

このように貯蓄は貯蓄向け商品を利用するという考え方の方が合理的だと思います。

資産形成は資産形成向けの商品を使おう!

生命保険を利用して、保障から貯蓄、資産形成までなんでもできますといわれたりします。

ですが、「何でもできるは、なんにもできない」という言葉もあります。

つまり、先ほどの貯蓄の話と一緒で資産形成は資産形成向けの商品を利用しようということです。

例えば、貯蓄性の生命保険に加入し、月5万円を支払っていたとして、その生命保険を見直し、掛け捨ての同じ保障額の生命保険に入り直すことで、保険料を、10分の1ぐらいまで抑えることができたとしたらどうでしょうか?

貯蓄に回すお金として45千円増えることになります。

さらに、このうちの3万円を資産形成商品の投資信託などを利用したらどんなことが期待できるかを考えてみます。

仮に一般的なインデックスファンドの期待利回りとして想定される5%を基準に考えると。

毎月3万円積立で、30歳から60歳までの30年間運用した場合、約2,500万円の資産になることになります。

さらに15千円を預貯金や個人向け国債で貯蓄すると、540万円程度の貯蓄ができていることになります。

合わせると3,000万円を超えてくるシミュレーションになります。

さらに言えば、投資信託となっている2,500万円が、年に1.5%程度の配当金を生み出したとしたらどうでしょうか?

年間37万円の不労所得を受け取れることになります。

これだけの金額があれば、軽い旅行を年に一回行うなんてこともできなくもない金額ではないでしょうか?

そうでなくても、月約3万円というのは、年金のプラスアルファとしてそれなりに魅力的な数字でしょう。

そして、これだけの資産があれば、この後は生命保険に加入する必要はなくなると思いませんか?

つまり、保障を終身でしてもらう必要もなくなるというわけです。掛け捨てでも十分と考える理由となります。

このように、それぞれの目的に沿った商品を利用するというのが、賢いお金の使い方のポイントだと思うわけです。

生命保険にも貯蓄向けや資産形成向けの商品もある?

目的に合わせて商品を選ぶといっても、生命保険商品のすべてが貯蓄や資産形成に向いていないのかというとそういうわけでもないというところが悩ましいところです。

元アメリカのFRB議長だった、ベン・バーナンキは、資産のほとんどが保険商品だったという話もありました。FRB議長とは、日本でいう日銀総裁のような存在で、金融市場の中心ともいえる存在です。

金融の世界の中心にいた人物が、投資信託などを利用せず、保険商品で資産を作っていたというのは、意外かもしれません。

しかし、ここで利用されていた商品というのは、日本のような超低利回りの保険商品ではなく、十分な資産形成効果のあった高利回り商品を利用していたというところが違います。

今の日本で同じような保険商品を望むはほぼ不可能です。

ですが、貯蓄であれば、「じぶん積立」という商品が該当しそうです。

あくまで生命保険でありながら、保障という機能を極限まで絞り込み、貯蓄機能を強化した商品です。

いつでも解約できるという定期預金並みの流動性、預貯金よりも高い利回り、保障はほとんどありませんが、貯めるという視点から見れば、十分に魅力的な機能を有していると思われます。

これらのことから分かることとしては、生命保険であっても、保障をほとんどなくし、貯蓄や資産形成という機能だけに絞ると、その生命保険は、貯蓄や資産形成向けとして十分に機能することがあるということです。

貯蓄に必要な機能とは?

資産形成に望む機能とは?

そういった基本的なお金の機能を理解し、その機能有している商品を選ぶということが、本当の意味で、賢いお金の使い方ということなのかもしれません。



0コメント

  • 1000 / 1000