サイクルがわかれば投資は上手くいく!『市場サイクルを極める 〔ハワード・マークス〕』

サイクルがわかれば投資は必ず上手くいく、簡単な話ですが、実践することがこれほど難しいことはありません。

市場のサイクルについて学びたいと考えても、そのサイクルについて詳しく説明してくれている本というのもほとんど見かけません。

そんな中、「投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識」という投資家が学ぶべきとても大切なことを教えてくれる本を書いた、投資家ハワード・マークスが、市場サイクルについてのみ語っている本が出版されました。

「これは読まないわけにいかない!」そんな気持ちでこの本を手に取りました。

ちなみに先ほどの「投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識」という本は、投資の神様と言われるウォーレン・バフェットが、自身の経営するバークシャー・ハサウェイの株主総会で株主に配布したことで有名な本で、堅実に投資で成功を求めるなら、一読の価値がある本です。

本書『市場サイクルを極める』でも、帯にはそうそうたる著名投資家たちの感想が並んでいます。

ウォーレン・バフェット「ハワード・マークスからの「顧客向けレター」が届くと、私は何をおいても必ず真っ先に読むことにしている。常に新しい学びがあるからだ。」

チャーリー・マンガー「「歴史は最良の教師である」と私は常々述べてきた。本書は、歴史から学び、未来を見通す知見を得る方法を授けてくれる。」

レイ・ダリオ「当代最高の投資家が、サイクルという重要な概念を説明ている。必読。」

カール・C・アイカーン「市場が急落するかわからないから不安だ、もしくは「今回は違う」から安心だと思っているなら、投資の前に本書を読むべきだ。」

などなど、これを読まずして投資を語るべきではないとさえ思えるような内容です。

実際に読んでみるとどうか。

正直、なかなかに難しい内容なのではないかと感じました。

特に、投資を始めてまだ日が浅い人が、本書の内容がどこまで腑に落ちるのか疑問に感じなくもありません。

ですが、まさにそういう人たちこそ読むべき内容だというところが、なんとも歯がゆく感じる部分でもあります。

本書のテーマである、市場サイクルですが、言ってしまえば簡単なことです。

サイクルというのは、つまり相場というのは、常に上がったり、下がったりを繰り返しているものですよという事です。

本書で詳しく述べているのは、そのサイクルを見抜く洞察力を身に着け、サイクルの下方にあるときに投資ができれば、その投資のパフォーマンスはかなり魅力的なものになるという話です。

数字などを用いて説明しなくても、そうなる理由は簡単に想像できます。

市場のサイクルに合わせて投資ができれば、それこそまさしく”ローリスク・ハイリターン”の投資になり、それは投資で目指すべき極限の域だと言えるでしょう。

しかし、”相場が上がっている時には買わず(売って)、相場が下落しているときに買う”という、こんな簡単な話がなぜそんなにも難しいとされているのか。

実は、これがわかるようになるためには、それなりの経験と時間をかけなければ理解できないことでしょう。

おそらくその理由として、”人を行動させるのは、理屈ではなく、感情と心理だということ”、これが、この簡単な話をなかなか実行できなくさせている原因です。

そして、市場というのは、その人の非合理的な部分が渦巻いている世界だということも、さらに理解のしにくさに拍車をかけてくれています。

人の感情や心理が投資を難しくてしまっているのであれば、AIやシステム売買を用いて、感情や心理を取り除こうと考えたとしても、そのAIやシステム売買を使うのがまた感情と心をもつ人である以上、結果としては同じことを繰り返すのみなのでしょう。

このように、市場のサイクルというのは、簡単なようで簡単に説明できるものではない。

ということが、これまで市場サイクルに焦点を当てた本があまり出てこなかった理由なのかもしれません。

『市場サイクルを極める』というタイトルを見て、いつのタイミングで買えばいいのか、また売ればいいのかを見抜く、具体的な数字や方法が書かれているのではないかと考えた人もいるかもしれませんが、残念ながらその期待に本書は応えてくれていません。

本書は、結局のところ『極める』といっても、市場サイクルの現在地を探るための洞察力を身に着けるための素材と考え方しか説明してくれていない感じとなっています。

これでは物足りなく、読むほどのことではないと思うかもしれません。

しかし、最後まで読んでみると、言葉にはできないけれど、なにかとても大切なことを与えられた、そんな気持ちにもなりました。

そもそも、市場サイクル、特に相場の頂点と底を具体的に見抜く方法なんてないという事です。本書の中でも何度も出てきますが、『予測は不可能』ということです。

ただ、市場の中になんとなくある流れ、動き、それを感じとる感覚を鋭くするための説明書というのが、本書の立ち位置なのかもしれません。

そのため、具体的な数字をもって説明している部分はほぼ皆無に近い感じですし、具体的なようでも一番知りたい重要なところは曖昧になっていて、「具体的にどうしたらいいのか」を求める人には、物足りなく感じることでしょう。

しかし、それこそが一番のポイントなのかもしれません。

この曖昧な感じ、これこそまさに市場そのものなのかもしれないと思いました。

つまり、市場でうまく立ち回るために必要なことは、誰よりも賢い頭脳よりも、物事の本質を見抜く哲学的なアプローチと、深い洞察力。そして、人や世の中、そして市場に流されない、強い精神力が必要なんだという事を改めて実感させられたしだいです。

0コメント

  • 1000 / 1000