使わないと損。ふるさと納税のメリットって?

地方自治体に寄付すると、お礼がもらえることで有名な、ふるさと納税。

でも、「寄付してお得ってなんで?」「お礼をもらえると言っても、支払う金額は高くない?」と思う人もいるのかもしれません。

知らないと損する?ふるさと納税を使うことがなぜお得になるのか?

ふるさと納税がお得な理由、それは節税できるからです。

ふるさと納税という仕組みそのものを節税と言っていいのかどうかわかりませんが、ふるさと納税をすることで、とにかく支払う納税額を減らすことができるわけです。

どういう意味かというと、ふるさと納税をすることで、寄付金控除という所得税と住民税の控除制度を使うことができます。

この寄付金控除の枠を限界まで使って、ふるさと納税すると、〔ふるさと納税の額=減額された税金の額+2,000円〕になります。

つまり、ふるさと納税による追加の負担額は、2,000円という事です。

しかも、ふるさと納税には、お礼の品というふるさと納税をすることで、寄付を受けた自治体からお米やお肉、魚介類といったお礼の品を受け取ることができます。

要は、追加負担2,000円で、受け取ることができるお礼の品が2,000円以上の価値のものであれば、その分得することになるわけですね。

ふるさと納税をお得に使える限度額の計算は?

ふるさと納税は、やればやるほどお得というものではなく、ある一定額を超えると、逆に損することもあります。

その、ふるさと納税の限度額の計算は、簡単なようでなかなか複雑です。

まず第一に、自分のふるさと納税をしようとする年の納税額を把握しないといけないのですが、これがそう簡単なことではないですよね。

ほとんどのケースでだいたいの数字で計算せざるを得ないかもしれません。

ふるさと納税のサイトでは、ほとんどのところで、限度額計算シミュレーションを用意しているので、わかっている範囲で調べてみましょう。

計算する中で、特に困るケースは、株式やFX、不動産売却など給与所得以外からも収入がある場合です。証券会社などから簡単に、今までの損益が計算できればいいのですが、複数の口座で取引していたりすると、簡単に把握できませんし、計算も面倒です。

ふるさと納税の限度額を計算するシミュレーションサイトもまた、複雑なものを使わなければいけなくなります。

ふるさと納税をお得に使うコツ?

ふるさと納税をして、2,000円以上のお礼の品を受け取ることが、ふるさと納税をお得に使うコツです。しかし、たいしてほしいと思っていないものをもらうために、2,000円も負担することはいいのだろうか?

節約という視点から見たら、間違いなのかもしれませんが、もし仮に2,000円を優に超えるお礼の品が受け取れるとしたらどうでしょうか?

ふるさと納税で2,000円以上のお礼の品を受け取るためのコツは、複数の市町村に寄付をすることがまず一つ挙げられます。

ふるさと納税という制度は、いくつの市町村へ寄付をしても、寄付金控除の限度額は同じように使えます。

つまり、一つの市町村に寄付金控除の限度額全部を使って、高級なお礼の品を一つ受け取るのもいいかもしれませんが、それだけではなく、複数の市町村にわけて、寄付金控除限度額まで寄付することで、同じ寄付金で、お礼品を2つも3つも受け取ることもできるというわけです。

これならば、追加で発生する負担分2,000円を取り返すのも大して難しくないと思われます。

ふるさと納税のお礼の品には、趣旨を反しているなどの意見も見られますが、それでもお礼の品を送ることを行っている市町村は少なくありません。

お得に節税できる制度の一つとして十分に活用の余地はあると思います。

また、ふるさと納税をクレジットカードをつかって納税できるところもあるので、このようなところでは、クレジットカードのポイントが付くこともあります。

例えば、楽天ふるさと納税では、楽天スーパーポイントが、他の楽天市場のお店を利用した時と同じように付与されるし、楽天カードを使用すれば、当然カードを使用したことによるポイントも付き、2%、3%のポイント還元も十分に狙えます。

節税という効果のほかに、お礼の品、ポイントと2重、3重にお得感があります。

一時期は非常に活況があったふるさと納税。

最近は、少しその活況もしぼみ気味でしたが、あらためて見てみると、以前よりもお得感が増しているような気もします。

もうすぐ年末です。

今年の分の税金対策としてふるさと納税をするいいタイミングかもしれません。

一度検討してみてはいかがでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000