投資に興味を持ったきっかけと、初めての投資。

よくある話ですが、『金持ち父さん貧乏父さん』という本を読んだことが、投資に興味を持つことになったきっかけでした。

この本に出会ったのは、大学生の時でした。

私は、工学部という理系の大学にいたため、理系の仕事に就くものだと当時なんとなく考えていましたが、たまたま学生時代にこの本を手に取ってしまったことで、価値観ががらりと変わってしまったという感じです。

金持ちが良くて、貧乏が悪いというわけではないのですが、少なくともそれまでは、貧乏父さんの価値観で物事を考えていたように思っています。

ですので、「世の中にはこんな価値観、考え方があるのか」と目からうろこが落ちるような衝撃を感じたことを覚えています。

そしてお金という世界に興味が湧き、ぜひ投資というものをやってみたいと本気で考えるようになったわけです。

ただ、おそらくその前から投資というものに多少の興味や関心はあったようにも思います。

『金持ち父さん貧乏父さん』で出てくる投資は、不動産投資の話がメインでした。

しかし、不動産投資は当時の自分にはちょっと身の丈に合わない投資だと思っていました。

借金をして投資をするなんて、さすがに怖いと思っていたわけです。

そこで考えたのが、『株式投資』から始めてみようということでした。

株式投資は基本的に、投資したお金以上の損失を負うことがないので、比較的安全だと考えたわけです。

大学卒業後、これもやはりお金の世界である生命保険会社で営業として働くことになるのですが、当時は日々の生活に四苦八苦していて投資まで頭が回っていませんでしたが、その後保険会社を退職し、税理士事務所に入所したところ、少し気持ちに落ち着きが出てたこともあり。

「よし!株式投資を始めて、本格的に投資をやってみよう!」と考えたわけです。

しかし、いざ株式投資をしようと思ってもなにから手を付けていいのかわからない。

とりあえず書店で本を探して読んでみたところ、投資初心者向けに投資信託という商品があることがわかり、そしてその本に紹介されていたお勧め投資信託『野村6資産分散投資信託』を買いに郵便局へ行きました。

私の初めての投資は、野村證券の『野村6資産分散投資信託』だったわけです。

それともう一つ、『日興5大陸債券ファンド』というものも、当時の郵便局員の勧めで購入しました。

その郵便局員の言い分では、「投資信託は分散投資をした方がいいですよ。だから一つの投資信託に絞るのではなく、ほかの投資信託と複数購入したほうがリスクが小さくなります」というものでした。

当時はなんの疑いもなく、その言葉をそのまま受け入れて2つの投資信託を積立で購入することにしたのですが、今思えば、これはほとんど意味のない分散投資だったといえます。

野村6資産分散投資信託という、すでに債券投資も含んだ分散投資を行う投資信託を購入しているのに、さらに外国債券投資の投資信託を購入する理由はほとんどないと考えるのが普通でしょう。

そして同時に、6資産に分散して投資する投資信託と、外国債券の投資信託は、ほとんど同じようなリスク(値動き)で上下しているということも、わかってきました。

つまり、現代ポートフォリオ理論の観点からも、あまり意味のない分散投資になっていたというわけです。

今思うと、この経験は、ただ分散投資すればいいというわけではないということを実感するいい経験になったと思います。

そして、このあとサブプライムショックやリーマンショックへと突入していくことになるわけです。

こうして私の投資生活が始まったわけです。

つづく!


㈱あせっとびるだーず 代表取締役、CFP 田仲幹生

0コメント

  • 1000 / 1000