あなたは投資をしますか?それとも資産運用をしますか?

資産運用も投資も似たような感じです。

ただ資産運用というとなんとなく易しい感じ。投資というと損するかも?という感じをうけなくもないですよね。

両者にはいったいどんな違いがあるのでしょうね?

あなたは投資をしていますか、それとも資産運用をしているのでしょうか?

投資も資産運用もそれほど大きく違うものではありません。あえていうのであれば、資産運用というのは投資の一部と言えるかと思います。

似たような話で、投資と投機はどう違うのかという話もあります。

「投資は良いが投機はやってはいけない」なんて言われていたりもしますが、はっきり言って、投資も投機もまたそんなに変わるものではないように思います。

投機とは、機を投じると書くように、「今がチャンスだ」とおもって、資金を投げ入れるといったイメージかと思います。

投資は、「この企業はこれから伸びるぞ」と思って、今のうちに資金を投じてみようというイメージでしょうか?

この2つにどのような差があるでしょうか?

全然違うようにも見えますが、投資も、企業が成長するという機会に資金を投じるという意味では、投機と同じようにも思います。

投資と資産運用も一緒ですよね。

資産運用というと、戦略をもって、着実にリターンをあげることのようにも思われますが、投資だって基本的には同じ意識で行われているものだと思います。

要は、投資にしても資産運用にしても、投機にしても、投資という行動を行うにあたっての本人の考え方、向き合うスタンスの違いなのではないかと思っています。

資産運用には、投資と呼ばれるものの中でも、インフレというリスクから資産を守る。という「守り」のイメージが強いと考えています。

つまり、「守る」というスタンスの投資ということは、儲けようと考えて行う「投資」ではないのかなというわけです。

よく「富裕層の資産運用」という言葉を見かけますが、富裕層は、すでに十二分な資産を持っているため、より儲けようとする必要があまりありません。

つまり、今の資産を減らすことなく、生活していくのに十分な糧が得られればいい。

これが資産運用のスタンスなのではないかと思うんです。

一般的には、「資産運用=儲ける」というイメージが強いので、「守る」という意味での「資産運用」では、若干捉える方のイメージと食い違いが生じると思い、「資産運用=儲ける」で言葉を使っているところはあります。

ですが、本来の資産運用のイメージは、インフレヘッジ後で資産を減らさないというのが資産運用の本来のスタンスなのではないかと思っています。

つまり資産運用の運用目標値は、インフレ率ってことです。

この辺を意識すると、「富裕層の資産運用を一般の人にも」という謳い文句に疑問が生じることになります。

「富裕層の資産運用」は資産を増やすのではなく、物価上昇(インフレ)に負けない程度に資産の価値が変動すればいいというスタンスです。

つまり、一般人のように、「もっと今よりも資産を増やしたい」というスタンスではありません。

この「もっと今よりも資産を増やしたい」というスタンスは、資産運用ではなく、それこそ「投資」であり「投機」です。

資産運用という言葉が、誰にでもできるような、やさしいイメージがあるため、投資ではなく資産運用という言葉を使っていることが多いのかもしれませんが。

本来富裕層ではない人が行わなければいけないのは、資産運用ではなく投資と投機になるはずです。

言葉では資産運用と言っていても、その実態では投資と投機をスタンスをとるべきだという事です。

つまり、一般の方は資産運用の仕方を学び行うのではなく、投資と投機の仕方、考え方を学ぶ必要があるわけです。

本やネットにあふれる情報の中から、この話は「資産運用」の話なのか、それとも「投資」や「投機」の話なのか、それを見極めながら、自分の投資戦略に取り入れるか否かを考えていかなければいけないわけです。

それを見極めることができるようになるまでには、たくさんの勉強と経験を必要とするのかもしれません。

でも、そこにたどり着いてやっと本格的な投資がはじまる段階に至るのかもしれないとも感じています。

自分が「投資」をしているのか、それとも「資産運用」をしているのか、まずはそこをよく考えてみるといいのではないでしょうか。

【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000