投資をするにあたって、一番大切なポイントがあるとすれば?

投資をする上で大切なポイントは、「長期、分散、積立」と言われています。

すべてが大切なポイントではありますが、その中でも最も守らなければいけないと考えられるもの、それは『長期投資』です。

もし長期投資を正しく理解し、効果的に行うことができるのであれば、他の「分散」や「積立」は、おまけでしかないのかもしれません。


『長期、分散、積立』どれも本当に重要なことです。

どれもなくてはならないものです。しかし、その中でも最も重要なことと考えているのが、『長期』です。

分散や積立を行っているからと言っても、『長期』の視点が抜ければ、資産運用はうまくいきません。

また、『長期』を正しく理解し、実行できれば、もしかすると「分散」や「積立」は、なくても何んとなかなってしまうかもしれません。

例えば、世界株式のインデックスに連動した投資信託を、歴史的な視点から見て、安値だと思われる時に、一括で購入し、延々と保有し続ける。

これだと、「分散」や「積立」という視点が抜けていますが、それでも、この方法でどのような結果が得られているか、それは簡単に想像できます。

『間違いなく、大きく資産が増えていることでしょうね。』と、誰にでも想像できます。

ということなんです。分散や積立が大切だと言われますが、本当に大切なポイントは長期投資ってことなのです。

長期投資というのは、長期間保有することだと思われていますが、そうではなく長期的な視点で投資を行うという事です。

歴史的に安値だと思われる瞬間なんて、数十年に一度くるかこないかかもしれません。

でも、そこで効果的に動ければ、歴史上、投資は必ず成功しているのです。

投資で大成功した人の話を聞けば、ほとんどのケースがこのパターンです。

世界経済は、人の歴史の中で、常に成長を続けてきました。

そしてこれからも成長していくことが予想されます。

常に新し革命、技術、社会構造の変化が起こっています。そしてそれとともに世界経済は新しい段階に移りながら、日々成長しています。

今思いつくだけでも、AIやクラウド、ブロックチェーン、宇宙などなど、新しい世界を築いていきそうな要素がいくらでも転がっています。

つまり、長期投資に徹して入れば、世界経済の成長と一緒に、資産も自動的に増加していくことになるわけです。

さらに株式という資産は、その世界経済のもっとも中心地にいる、経済のエンジンでもあります。

株式という仕組みが誕生してからの、世界経済は、一気に加速して成長してきました。

長期投資で、株式に投資する。

世界中の成長をまんべんなく享受するために、世界中に投資をするインデックスファンドへ集中して投資する。

これだけでも、投資の成功はかなり高いものだろうと考えています。

ただ、どうしても、それだけでは済まないことが、実際に投資をするとでてくる。

そのリスクを軽減するために、必要なことが、分散と積立てだという事です。

そもそも、分散や積立というのは、長期投資を補完するものなのだと思います。

いろいろ耐えることやつらいことと遭遇することになるけれど。

それでも頑張れる人ならば、資産運用のポイントは、『世界株式への長期投資』。

これだけで十分なのだろうなと思います。

投資って、いろいろ複雑な話があるけれど、突き詰めれば、いつも出てくる答えは、非常にシンプルなものになる。

そんなものだと感じています。


0コメント

  • 1000 / 1000