Tポイントでも投資が可能に⁉ ポイント運用の選び方。

ついに、Tポイントでも資産運用が可能になる?

これで、永久不滅ポイント、楽天スーパーポイント、dポイント、そしてTポイントとほとんどの主要なポイントサービスで、資産運用しながら増やすことが可能になるわけですね。

TポイントのCCCマーケティングが、SBI証券と業務提携しTポイントを使った資産運用サービスをできるようにする予定だそうです。

ポイントを使って投資をするのが、まるで当たり前のようにになってきました。
以前、永久不滅ポイントの運用サービスが始まった時に、ポイントを運用できるサービスが今後どんどんひろがるのではないかと思っていましたが、やはりというか、想像以上に早いスピードで広がっているのを感じます。
ところで、これまでのポイント運用サービスをみていると、大きく2つのタイプに分かれているのを感じます。
1つが、ポイントをポイントのまま運用するタイプ。
もう一つが、ポイントを金融商品に変えて運用するタイプです。
ポイントをポイントのまま運用すると言うのは、ポイントが基準となる金融商品に合わせて、増減するタイプで、運用から取り出しても、あくまでポイントとしてしか使えないというものです。
永久不滅ポイントやdポイントがこのタイプになります。
そしてもう一つの金融商品に変えて運用するタイプのものとは、ポイントを使って投資信託などを購入するタイプです。
つまり、運用から取り出せば、それは現金となることを意味します。
楽天スーパーポイントやインヴァスト証券のポイントがこれに当たります。
結局どちらの方がいいのか。
結論から言えば、ご想像の通り、現金化できるタイプの方が使い勝手はよさそうです。
ただ、運用商品が、ポイントをポイントとして運用するタイプのものより複雑になりやすいので、初心者向きではないのかもしれません。
それでも、ポイントはポイントを運営している会社の都合などで、失効となるおそれもありますから、できるだけ現金化可能なポイント運用を使った方がいいと思われます。
また、ポイントには、相続できないという規定になっていることもあるので、財産的価値から考えても、やっぱり現金化できるポイント運用が優位だと考えます。
ポイントをポイントとして運用するタイプのもは、資産運用というよりも、ポイントという制度のおまけ機能でしかないのかもしれませんね。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000