まともに貯蓄をしなくても、250万円程度は自動的に蓄えられる?

最近はやりのポイント投資。永久不滅ポイント、楽天スーパーポイント、dポイントなどたくさんのポイントでポイント投資サービスを行っています。

これらを活用すれば、貯金なんかしなくたって、250万円程度の資産が作れそうです。

資産250万円の根拠ですが。

① 毎月2000円を積立

② 年利7%で複利運用

③ 30年間続ける。

以上で、最終的に2,439,942円になります。

つまり、投資ができるポイントを毎月2,000ポイント集めること。年利7%程度で運用できそうなポイント運用サービスを使う事。そしてそれをひたすら続けること。

これができれば、その他に貯蓄活動をしなくても、250万弱の資産が作れるというわけですね。

まず、毎月2,000ポイントをどうやって貯めるのか、また貯めることは可能なのか?

これに関しては、『可能』でしょう。

例えば、dポイントの場合、dカードゴールドを持っていると、毎月のドコモの携帯利用料金の10%がdポイントとして還元されます。

つまり、10,000円で1,000ポイントですから、家族の携帯料金をまとめれば、月に1,000ポイントを貯めることは、それほど難しくないでしょう。

さらに、dカードのクレジットカード利用のポイント還元率は1%となっていますから、月に10万円以上の利用があれば、さらに1,000ポイント貯めることができてしまいます。

電気料金などクレジット払いできるものはすべてクレジットカードで支払うようにしたら、月に10万円ぐらいはいってしまうのではないでしょうか?

もっと貯めようと思えば、自宅のネット回線をドコモ光にしたり、キャンペーンを利用したりいろいろな方法が簡単に思いつきます。

上手くやれば、月2,000ポイントは軽く超えるかもしれません。

楽天スーパーポイントも貯めやすいポイントです。

普段から楽天市場をよく利用していたり、楽天カードや楽天銀行、楽天証券などの楽天の金融サービスを利用したりしていると、「いつの間に?」と思うようなポイントが貯まっていたりします。

楽天スーパーポイントの貯め方は、いろいろコツがあるようですので、いろいろ研究してみるのも面白いかもしれません。

次に年利7%で運用する方法ですが。

実はこれは、厄介な目標です。目安としては3~5%と考えた方がいいかなと。

というのも、多くのポイント運用サービスは、バランス型の運用を行っています。

バランス型とは、株式や債券、不動産など複数の資産クラスにある程度決まった配分で運用する方法です。

たとえば、dポイントはロボアドバイザーと呼ばれるポートフォリオ理論を用いたバランス運用ですし、永久不滅ポイントも似たような感じです。

バランス運用は、値動きの違う投資先に分散して投資することで、運用資産全体の値動きを抑える(リスクを抑え)効果をりようした運用法なわけですが、その分散先のなかで、一番収益率が高いのが、株式です。

つまり、分散投資の中にどれだけ多く株式に配分できるかが利回りを上げるポイントなわけですが、ポイント運用のほとんどが、株式に重点的に投資をしていない傾向にあります。

というのも、資産運用初心者を想定しているサービスであるため、リスクを低めにとっているという印象です。

そんなわけで、ポイント運用のほとんどが、年3~5%の利回りを想定した運用になるのかなと思います。

そんななか、楽天スーパーポイントの運用サービスである、ポイントで投資信託が購入できるサービスは、異質です。

というのも、株式中心の投資信託を購入することもできるからです。中にはレバレッジを利用した投資信託だってあります。

つまり、楽天スーパーポイントは、よりハイリスク・ハイリターンの投資にも挑戦できるわけです。

また、インヴァスト証券が行っているポイント運用サービスのマネーハッチも比較的高い利回りが期待できそうです。

マネーハッチでは、海外のETFが投資対象となっていて、さらにCFDという一風変わった取引形態をとっていることで、そのETFにレバレッジをかけて取引することもできるようになっています。

まさにハイリスク・ハイリターンのポイント運用ですね。もしかすると最も高リターンが期待できるポイント運用なのかもしれません。

これらの運用サービスを使えば、年利7%以上も夢ではないかもしれません。

そして最後に長期間運用することですが。

そうなると、重要なポイントは、その運用サービスが数十年にわたって運営され続けるかどうかです。

これはわかりません。少なくとも30年は続けてもらわないといけないわけですからね。

そこで、注目するのが楽天スーパーポイントの投資信託購入サービスです。

ポイントを随時投資信託にかえていくわけですから、その投資信託が繰上償還などにならない限り、運用し続けることができます。

繰上償還になるかどうかが、またわからないところにはなりますが、それでも、少なくとも現金としては確実に返還してもらえるでしょうから、資産としては残るはずです。

ポイント運用サービスをトータルして考えると。

どうやら楽天スーパーポイントが、貯めやすさ、利回りの良さ(選ぶ投資信託にもよりますが)、資産としての保全性。といった面で最も優れているのかなという気がしますね。


【投資・資産運用の相談と講座】

金融商品を売らない! 独立系の投資会社兼ファイナンシャルプランナー会社 ㈱あせっとびるだーず ではじめるお金の勉強。

0コメント

  • 1000 / 1000