クレジットカード決済がさらにお得に?政府の意図を想像してみる。

来年10月に消費税が10%に増税されることが決まっていますが、その時に、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を利用するとお得になる?

具体的には、ポイントなどで還元するという案を政府が考えているそうです。

これは、クレジットカード利用がさらにお得になるってことなのか⁉

クレジットカードは便利でお得。近年そういう流れができています。

しかし、まだまだクレジットカードをこまめに利用している人は少ないようにも感じます。

コンビニなどへ行っても、クレジットカードを使っている人は少ないイメージです。ただ徐々に電子マネーの利用率が上がっているのかな?

それでも、「現金決済」の方が全然多いのかなという気もしなくもないです。

しかし、今は政府が積極的にキャッシュレス化を勧めていこうとしています。

そして最近話題になっているのが、消費税増税とキャッシュレスの推進を組み合わせようという案ですね。

具体的には、消費税10%への増税とともに、政府は中小小売店で「キャッシュレス決済」をした買い物客にポイントを還元する対策を検討中ということです。

中には、キャッシュレス決済になじみがない高齢者などに恩恵がいかないといった問題を提起している人もいるようですが、そもそも、今回の政策の意図は、キャッシュレス決済を使って、消費者に増税分を還元することにあるのではないような気もしますよね。

そう、キャッシュレス化を推進するという目的なのかもしれないってことです。

なぜ、キャッシュレス化を進めたいのか?

今回のようなキャッシュレス決済の利用でポイント還元という政策を聞くと、ある国の政策を思い出します。

それは、韓国です。

韓国は、世界トップクラスのキャッシュレス化ができている国です。

その韓国がおこなったキャッシュレス化の政策と言えば、クレジットカードの利用額に応じて所得控除を行うというものです。

つまり、クレジットカードを利用すればするほど、所得税の納税額が減らせるといったものでした。

同じ支払をするにしても、特定の方法を使えば税金が少なくて済むというであれば、そっちの方がいいと考えるのは当然でしょう。

お店側だって、多少手数料がかかったとしてもお客さんを逃さないようにクレジットカード決済端末の導入を考える事でしょう。

クレジットカード決済が進むわけです。

この制度、今回のキャッシュレス決済によるポイント還元案と似ているなと思いました。

小規模の店舗が対象という点でも、クレジットカード決済端末の導入をしていない店舗に端末導入の普及を促すといった意味でも効果がありそうですしね。

そもそもなんでキャッシュレス化を進めたいのか?

その理由としてはいろんなことが考えられます。

現金をなくすことで、会計帳簿の不正をなくし正しい税金の納税を求める。

お札をつくる経費を減らすことで、より効率的なマネー経済をつくる。

などといった効果が考えられています。

どれも大切なことですが、一番の理由は人手不足への対応にあるようです。

皆さんご存知のように、日本はこれから人口がどんどん減少していく事になります。そしてそれとともに、労働人口も減っていきます。

そうなると、経済のパイも小さくなり、GDPも減少。

本当にろくなことにならない予測がされています。

そこで、キャッシュレス化を進めることで、なにができるのか?

思うに、決済や経理、税金計算、金融といった分野での労働人口をかなり減らせるのではないかということです。

そして、その減った労働力を分を他の分野に移動できるのではないか?つまり、経済成長のためにより必要なところへ人手がまわることになり労働力不足解消につながるのではないかと考えているわけですね。

キャッシュレスになれば、レジなどの手間が減るので決済に係る人手が少なくて済むイメージはなんとなくわきますよね。

他には、会計や経理という分野でも、キャッシュレス化によっていちいち伝票をつけることなく、決済をしたと同時に会計帳簿に自動で記載することができる時代ですから、キャッシュレス化によって経理の人手も減らせます。

金融の分野では、ゴールドマンサックスが、株式売買のプログラムを自動化したことで、600人いたトレーダーが2人になってしまったという話題がありました。

つまり、事務を行う人ではなく、プログラムを作る人だけがいればよくなったというわけです。

このように、キャッシュレス化と自動化で、多くの人手を他の領域にまわすことができる可能性が生まれるわけです。

それが、政府がキャッシュレス化を目指す本当の理由らしいです。

クラウド会計などを利用するとわかりますが、決済や記帳などの数字を扱う仕事って本当にコンピューターによる自動化と相性がいいんですよね。

人がやるよりも早いし正確。

キャッシュレス化でより自動化が高まれば、経理などに割く人の数を減らせるだろうなと想像するのは簡単です。

今回の消費税増税に絡めた、キャッシュレス化の推進、意外といいところに目を付けたのかもしれないなと思いますよね。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000