SL投資、不動産担保型の投資案件だからといって安心というわけでもないのか?

ソーシャルレンディング投資は、価格変動がないのに高い分配利回りが得られるということで近年急激に人気が高まっています。

そんなソーシャルレンディングの投資案件の中でも、特に人気が高いのが、安全性が高いと考えられている不動産担保型の案件。

しかし、その不動産担保型の案件にも落とし穴が隠れているようです。

不動産担保型とは、何なのか?

「担保」という言葉を聞いただけでも、なんか安全性が高くなっている感じがしますが。

ソーシャルレンディングとは、お金を貸して利息を得るという投資方法です。つまりやっていることは、銀行の融資とほとんど同じです。

そこで銀行で住宅ローンを組む際の流れを考えてみましょう。

銀行で住宅ローンを組む際に必ずと言って行われるのが、「抵当権の設定」ですね。

抵当権の設定とは、いざ住宅ローンを返せなくなってしまった時に、銀行はただ泣き寝入りすることになってしまわないように、住宅ローンの対象となっている、土地や建物を差し押さえる。つまり返済ができないのであれば、その土地と建物は銀行のものだ!というようにできる権利(抵当権)をつけておきます。

この抵当権を設定している、つまりもしもの時は差し押さえることができる物件のことを、担保物件と言います。

ソーシャルレンディングで、不動産担保型と呼ばれるものは、この話の流れの通り、もし貸したお金(投資資金)が返してもらえなくなったら、その対象となっている担保物件を差し押さえることができようにしておくという条件付きで投資ができる案件ということです。

なんとなくここまでの説明だと、安心してお金が貸せそうだ、投資できそうだと思わなくもありませんが。

実際はそういうものでもないのかもしれません。

というのも、不動産担保型ということで確かに抵当権を設定してはいるが、問題はその不動産の評価額です。

貸したお金よりも取引価格の低い不動産を差し押さえても、その不動産を差し押さえた後に、その物件を売却したら、お金を元本通りに返すことができなくなりましたということが起こる恐れがありますよね。

まさに今、ラッキーバンクで起こっている事例です。

さらに、担保として抑えていても、実際に抵当権を実行するかどうかは、ソーシャルレンディング業者次第です。

例えば、ラッキーバンクやみんなのクレジット、グリーンインフラレンディングなどの問題が発生したソーシャルレンディング業者に共通していることですが、集めた投資資金の貸付先が、結局のところ彼らの身内だったという時です。

こういう時は、彼らもそう簡単には抵当権を実施しないことが考えられるし、まさにそういったことをしているように感じます。

つまり不動産担保型なんて、ただの肩書だけといった場合です。

クラウドクレジットでも似たようなことがあったと記憶しています。

担保案件か保証案件だったかはっきりとは覚えていませんが、返済が滞ったときに、権利を行使しても投資家の元本を毀損する恐れがあるといって結局権利を行使しなかったことがありました。

担保や保証をしているからといって確実に安全というわけではないということですね。

ソーシャルレンディング投資、「不動産担保型=安全安心」というわけではないようです。


田仲幹生

投資会社、FP会社 ㈱あせっとびるだーず 代表取締役

投資、資産運用のスクールを運営。
資産運用、ファイナンシャルプランニングの相談などを行う独立系のファイナンシャルプランナー。

0コメント

  • 1000 / 1000