人生100年時代の資産運用!?投資の原点に戻るべき?

人の平均寿命が延びていることもあり、最近では『人生100年時代』という言葉をよく見かけるようになってきました。

それによって、資産運用も100年生きることを前提に計画しようという話も聞くようになりました。

人生100年時代の資産運用はどうあるべきなのか?

こういう話になった時に、どのくらいの貯蓄をしなくてはいけないのか?という疑問が湧いてくるかとおもいます。

例えば、65歳で退職して残りの人生35年を生きていくのに必要なお金は?

月々の生活費が30万円として計算すると、厚生年金などで月15万円ほどの収入があるとした場合、その差額15万円をなんらかのかたちで貯蓄しないといけないという考えになります。

そうすると、15万円×12ヵ月×35年で、6,300万円ということになりますね。

つまり、65歳までに6,300万円の貯蓄を作らないといけないという話になってくるわけです。

そして、その6,300万円を用意するために、投資信託などで運用しましょう!というのが一般的な意見だと思います。

しかし、本当に6,300万円も必要なのでしょうか?

そもそも、投資を行う原点について考えると。

金融や不動産という資産を保有することで、収入を増やすことであるはずです。

この考え方は、『バビロンでいちばんの大金持ち』という本を読むとよく理解できると思います。

つまり、投資や資産運用というのは、資産残高を増やすことが目的なのではなく、お金を投資に使うことで、将来の収入を増やすことが本来の目的であったはずという事です。

65歳までに6,300万円を用意しましょうという考え方は、取り崩すことが前提の話になっています。ですが、本来なら、取り崩すのではなく、積立てた貯蓄で投資を行い収入を得ましょうと考えるべきなのではないかと思います。

例えば、資産運用で年間5%程度の収入を作れるノウハウを持っていれば。

6,300万円の資産で、年間315万円の収入が永続的に得られるようになるようになる計算です。

先ほどの例でいれば、年金で足りない収入金額としてでてきた月15万円(年間180万円)を軽く超えてくる金額です。

つまり、資産運用で年間5%以上の収入が得られるノウハウがあれば、資産6,300万円も必要ないという事になるわけです。

ちなみに、月15万円でいいのであれば、資産額は3,600万円で達成できますね。

(3,600万円×5%=180万円 180万円÷12ヵ月=15万円)

このような考え方の方が、人生100年時代の資産運用に合っていると思います。

まとめれば、人生100年でかかるお金の総額を貯蓄するという考えよりも、資産運用で人生にかかるお金を稼げるようになろうという事です。

問題は、資産運用で年間5%という収入を作れるノウハウがあるのかどうかというところです。

しかしその辺のことは、投資の勉強を行い、資産運用に関する情報に積極的にアンテナを張っている人であれば、それほど難しい話でもないと思っています。

例えば、比較的安定した現金収入を得られると考えられているリート(不動産投資信託)を調べると、国内のリート(J-リート)の中にも、分配利回りが6%を超えているものはいくつかあります。

またリートだけでは、リスクが気になるという場合、クラウドファンディングという投資先にも分散してみてもよさそうです。

クラウドファンディングの投資の利回りは、だいたい平均的に年7%ぐらいある感じです。

他にも、分散したければ、インカム投資の代表である債券や高配当株などにも目を向けてみるといいかもしれません。ただ、債券や高配当株式投資の場合現在のところ年間5%という収入はなかなか難しそうではありますが。

といった感じで、年間5%程度の収入を生み出すような投資先は探せば結構あると感じています。

個人的には年7%ぐらいならば、投資の天才や優秀なブレーンがいなくても、誰にでも運用できるレベルなのではないかと思っています。

人生100年時代に合った資産運用ができるようになるために一番必要なことは、目標利回りを達成できるようにする投資のノウハウを勉強することなのかもしれません。

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000