株価暴落への対処法?

最近株価の下落が目立ちます。中にはリーマンショックのような株価の暴落も危惧している人も少なくないようです。

株価が暴落したときにどう対処したほうがいいのでしょうか?

暴落への対処で一番難しいところが、暴落すると思っていたのに暴落しなかったときだと思います。

たとえば、トランプ大統領が大統領選挙で勝利した時に、株価の暴落を予想していた人が多かったようですが、実際には大きく株価が上昇する結果となりました。

そのため、暴落予想でポジションを作っていた人は、その株価の上昇に乗ることができなかったということがありました。

中には、信用取引や先物取引などで売りのポジションをとっていたために損失を作ってしまった人もいるようです。

暴落に対処するというのは、そういう難しさがあります。

そこでよく言われるのが、積立投資という方法を進めてくるパターンです。

積立投資の場合、暴落しようがしまいが関係ないというスタンスの投資法であるため、何が起ころうとも積立投資で暴落相場を乗り切りましょうという事です。

米国の株価の長期的な推移を見れば、何度も暴落を繰り返してはいても、常に最高値を更新し続けています。

つまり、とにかく株式を買って長期間保有していれば、いつかは利益になってきたわけですから、暴落を無視して、コツコツ買い続けていればいいわけです。

あとは、ポートフォリオを作って、リスクをコントロールしながらコツコツ買い増していくという方法です。

暴落時に大きな損失とならないように、株価暴落時に被害が小さく抑えられる。または、株価暴落時に大きく値を上げるような資産を株式と一緒に保有することで、下落リスクを抑えながら資産規模を増やしていくという方法です。

どちらも教科書的な話ではありますが、実際にこのやり方で資産形成ができている例もありますから、非常に有効な方法だと思われます。

あとは、暴落の予感を感じた時に、株式のポートフォリオに、少しVIX指数に連動する有価証券や、プットオプションなどを含ませて保険を掛けるという方法も考えられます。

発想としては、ポートフォリオを作ってリスクコントロールをしているのに似ていますね。

どの方法をとるにしても、暴落したからといって保有している株式を売ってしまう事がないとう点に注目ですね。(リバランスするときは別ですが)

つまり、今持っている株式資産を売却することなく、株式資産の価格下落に対して、補完するようなイメージで、他の資産を購入するなどして対応しているという事です。

そして一番重要なのが、暴落した時にこそ株式の購入に貪欲になるという点です。

ウォーレン・バフェットの名言を借りれば、『他人が貪欲になっているときは恐怖し。周りが怖がっているときは貪欲に。』というやつですね。

株式のリターンは、暴落した相場で購入することでリターンを大きくすることができることは誰の目にも明らかです。

ウォーレン・バフェットしかり、著名な投資家他、周りの株式投資でうまくいっている人のほとんどが、暴落した相場で株式を購入しているパターンが多いです。

つまり、暴落する相場で一番重要なポイントは、暴落時に株式を購入するための資金を何らかの形で用意しておくという事です。

ウォーレン・バフェットの場合は、現金または短期国債債券などで準備しているようです。

言っていることはそれほど難しいことではないと思います。

ただ、実践するとなると難しいことなのです。

言っていることは簡単、実践することも難しくなさそうだと考えれば、誰でも株式投資で大きく資産を増やすことに成功していたはずです。

でも、このやり方で資産を築くことができた人が少ないのは、やはり実践することに何らかの問題があるからとしか言えません。

理由は、人の心です。

最近ノーベル賞を受賞したりして認知度が高まってきたようにも感じますが、経済行動学という分野で、こんな簡単なことが実践できない理由が証明されています。

人は、短期的な視点に大きく左右されるという癖があります。

分かっていても引っかかるという不思議なトリックなので、どうしようもありません。

10年後は最高値を更新しているかもと思っていても、1、2か月後に大きく資産が目減りしている想像をしてしまうと、どうしても逃げ出したくなってしまうものです。

投資信託などを購入時に最大で20%価格が下落することがあると聞いていても、実際にそうなってみると、「こんなはずではなかった」と思ってしまうものです。

少しでもマイナスが目立つようになってくると、「もうだめかもしれない」「10年後に最高値何て本当に言えるのか?」という思いが湧いてきて、我慢することができなくなってしまいます。

そもそも、10年後に最高値を更新するなんて保障どこにもないわけですから当然です。

積立投資やポートフォリオ運用を行っていても、同じことです。

おそらく、「積立投資を続ければいい。」「ポートフォリオ運用に徹すればいい。」そう割り切れる人は、少数派だと思います。

だからこそ、暴落時に購入できる人は、人にできない事をしているため大きな利益を手にする可能性が高くなるっているわけです。

暴落に対処するという事が、簡単なようで簡単なことではないということを感じてもらえればと思っていますが。

やはり、最終的に暴落相場をうまく乗り切れる人というのは、百戦錬磨の経験者には敵わないのかなと思うところです。

もし本当にこれから暴落相場を迎えるのだとしたら、暴落という経験をするためという意識で暴落相場に飛び込むことが、将来的に暴落相場をうまく乗り切れるようになるための対処法ということなのかもしれませんね。


FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000