仮想通貨の確定申告!クリプタクトを使ってみた?

今年の確定申告も折り返し地点となりました。

今年の確定申告で特に問題となりそうな、仮想通貨の利益の申告。なによりも、仮想通貨の利益の計算が面倒なことになっている人も少なくないのではないでしょうか?

そんな人に便利なツール。『tax@cryptact』

そろそろ申告書の作成もしないといけないので、試しにどんな感じか使ってみました。

登録画面から新規登録し、ログイン。

取引データを読み込んだら、「あっ」という間に計算が終わってしまった。

今まで悶々と考えていたのが馬鹿みたいに簡単。

便利だなと思いました。

ただ、利用規約に『「本製品が利用者の目的、希望または期待に適合すること、含まれる内容が税務的に正確、合法、最新等であること。」は一切保証されません』となっているので、「クリプタクト」を過信することもまずいのかもしれません。

どういうことかというと、万全を期した計算結果となる努力はしているが、税務的に間違いが起こる可能性もあるので、もし間違ったとしても責任は負いませんという事ですよね。

つまり、最終的に税務申告でクリプタクトの計算結果を使うかどうかの決定権は申告する人にあるというわけです。

それでも、取引量の多い人は、頼らざるを得ないのかなというのが個人的な印象です。

逆に言えば、こういうサービスがなかったら、今年の税務申告はどうなっていたのかな?と思うところです。

「クリプタクト」では、所得の計算方法も変更して確認できるようですね。

仮想通貨の所得の計算方法は、「移動平均法」と「総平均法」のどちらかを選択できることになっています。

移動平均法と総平均法の詳しい説明は、省かせていただきますが、選択できるならば有利な方を使いたいところです。

しかし、一つの計算方法で計算するだけでも大変なのに、二つの計算方法で計算して有利な方を選択しようというのは、なかなか酷な話です。

しかし!「クリプタクト」を使えば、両方の計算結果がクリックするだけで確認できてしまいます。

ちなみに私の場合は、総平均法で計算したほうのが、昨年の所得は少なくなるようですね。

所得が少ないという理由だけで計算方法を選んでしまうことは、少し危険なところもありますが、それでも、二種類の方法を比較できるというのは良いですよね。


0コメント

  • 1000 / 1000