教養としての「税法」入門(木山泰嗣)

『教養としての「税法」入門』。タイトルだけ見ると難しそうな本に感じてしまいますが、読んでみるとそれほど難しい内容ではない印象です。

「入門」というタイトル通りといった感じでしょうか?

それに、最初は難しそうな内容なのかなと思いましたが、結構面白かった。

税金に関する本だと、「節税」とか「個人事業のための」といった類のものが人気があるそうですが、こういう本も意外と読んでみると「なるほどなぁ」と思わされる気がします。

私も税理士事務所で勤務していたりした経験があるのですが、それでも法律というところから着目した税金の話というのはなかなか触れて来なかったんだなと感じさせられました。

今の税制がどのような成り立ちからできていて、どういう原則のもとに制度運営されているのか、意外と知らない事ばかりでした。

本書の最初に、『武富士事件』というものが取り上げられていました。

言い方は悪いかもしれませんが、相続税を回避するために、海外に居住地を移し贈与税がかからないようにしたという話です。

お金持ちが、租税回避のために法律の抜け穴をつかってわざと?課税を逃れたわけなので、我々一般の人の感覚からしたら、「ずるい」と感じてしまうような事件です。

ですが、「租税法律主義」という原則があるために、法律できちんと定義していなかったことの方が問題なわけで、「感覚的にずるい」とかは関係ないということで、最高裁では国税庁側の意見は認められなかったという話でした。(武富士側が勝利)

日本の税金は、法律というものが大前提にあるんだなという事を改めて感じさせられた話でした。

法律という視点から税金のことを考えると、こういう背景があるんだなということは、税理士事務所で実際に実務に携わっていたとしても、なかなか知る機会のない話だと思います。

となると当然、一般消費者や事業者などもなかなか知る機会のない話という事になると思います。

本書の中でも触れていましたが、日本の税制は、なかなか一般の人が触れることがない制度になってしまっています。

会社に勤務している給与所得者の人のほとんどは、自分がどれだけの税金を納めているのかを認識している人は少ないかと思います。

日本の税制には、源泉徴収制度と年末調整という制度があり、勤めている会社が納税者に代わって税金の確定から納税までをしてくれています。

そのおかげで、なんの手間もなく税金の手続きができるわけですが、そのせいで、自分がどれだけ納税しているのかを意識することなく、自分たちが税金を納めているという実感さえも感じていないこともあるかもしれません。

本来、申告納税制度とというのは、納税者が自分で納税額を決めて(自由に決められるわけではないけど)納税するというものです。

税制改正や自分にあった税制などがある場合には、その制度を利用したりしながら、納税額を減らしたりする工夫も許されているわけです。

そして、本書を読んでいて感じたのは、税法というのは、そういうことが大前提として行うことができるような法律として作られているというのを感じました。

なのに、一般の人からすると源泉徴収制度や年末調整制度によって税金というのが、ちょっと身近な存在として感じないような制度になってしまっている。

なんかとても残念な話に思えてきます。

だからこそ、「教養としての」という意味も効いてくるのかな?

繰り返しになってしまいますが、タイトルは確かに小難しい感じです。

でも、個人的には読みやすく、面白い話だと感じました。きっとこの本を読むと税金というものの見方が少し変わってくるんじゃないかと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000