『新しい! お金の増やし方の教科書 銀行も証券会社もFPも教えてくれない(篠田 尚子)』

基礎知識を学べる。

お金を増やす基礎知識のほとんどを学べる内容です。

守りと攻め、お金を管理する方法。

生命保険の入り方。

iDeCoやNISA、ふるさと納税、だれでもできる節税の一般的な知識。

そして、この本の筆者のもっとも得意とする投資信託の話。

お金を増やすために学ぶべきことが、一から書いてある。まさに教科書的な内容です。

ただし、ある程度お金の知識を持った人にとっては、ちょっと物足りない。

これと言って、特別新しいことが学べるようなことは書いていない。


お金を増やすためには、投資をすることだけでなく、お金の管理の仕方を考えることもとても重要。

個人的には、2,000万円程度の資産形成では、投資よりもお金管理のスキルのほうが大切だと思っている。

この本の筆者は、10年で1,000万円という目標を立てた場合に、どうやってお金を管理したらいいのかを説明していました。ただ、この設定は資産運用ありきだったので、思ったように行かない可能性も考えなければいけないでしょう。

リーマンショック後のシミュレーションで計算していたけれど、リーマンショックが起こる直前から運用を開始していた場合のシミュレーションも内容に組み込んだ方がよかったような気がします。

なんにせよ、資産形成においては、どうしても投資の話に注目が向かいがちですが、本書では『お金の管理』について触れていたことには、好印象でした。


本書のお金の管理の考え方でよかったと思ったところは、浪費や無駄遣いもOKという所です。

貯蓄や節約というと、浪費や無駄遣いは悪ととらえるところがあります。

しかし、そういうものもないとストレスだけが溜まって、結局貯蓄も節約もできないかったということになることもあるものです。

そこで、「設定した目標(本書では、10年で1000万円)に対して、必要な積立金額と運用計画を立てたら、他のお金は自由に使ってもいい。」という考え方は、個人的にもわかる気がします。


運用は投資信託?

この本の筆者は、投資信託のアナリストというだけあって、資産運用でつかう金融商品は、投資信託になっています。

もっというなら、不動産投資やFXなどの他の運用方法に対しては、否定的な意見を持っているようです。

さらに、投資信託の中でも、アクティブファンドと呼ばれる、インデックスプラスアルファの成績を目指す投資信託をおすすめしています。


そもそも、今の資産運用の常識としては、インデックスファンドが主流になっています。

コストの安いインデックスファンドのほうが、アクティブファンドよりもパフォーマンスがいいというのは、誰もが知るところとなっています。

しかし、インデックスファンドがアクティブファンドよりもパフォーマンスがいいというのは、すべてではありません。実は、ごく少数ですが、インデックスファンドよりも高パフォーマンスなアクティブファンドというのも存在している。

この本の筆者のように、投資信託を常に勉強し、調べているような人なら、そのような投資信託を見つけることもできるのかもしれない。

確率的には、インデックスファンドを上回るアクティブファンドを見つける確率はとても少ない。だから初心者にはインデックスファンドがおすすめと言われている。

でも、どんな世界でも、それに精通した人というのは、その確率の低いことを、高い確率で成し遂げるとことがあるものです。

そんな投資信託の専門家がどんなアクティブファンドを推奨しているのか、気になる人には、参考になる本なのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000