クレジットカードは節約の敵か味方か?

「クレジットカードを持つと、必要以上にお金を使ってしまうのが怖い」という話を聞くことがあります。

私の周りのファイナンシャル・プランナーの中にも、「クレジットカードを使うことは危険だからお勧めしない」という人がいたりします。

どうやらクレジットカードは節約の敵という認識が強いように感じます。

しかし、実際にはクレジットカードを頻繁に利用している人ほど、家計のやりくりが上手いという感じも受けています。

そもそもクレジットカードを頻繁に利用している人の考えとしては、クレジットカードを利用することで受け取ることができる「ポイント」というものを意識しているようです。

クレジットカードのポイントは、高いものだと、利用金額の1%を超えるようなものもあります。

もし月にスマホ、電気、食費などに100,000円の出費があるならば、その支払いをクレジットカードを通すことで、月1,000円分のポイントがつくという事になります。

細かい話ですが、コンビニで買うジュース数本分になります。

よくこの節約をすることで、どれだけ得するのかという話で、ジュースの本数などで例えられたりすることもありますが、それと似たような話です。

しかも、クレジットカード利用の節約は、買いたいものを我慢した節約ではなく、買いたいものを買っての節約というところにも違いがあります。

つまり、クレジットカードを多用している人は、この点を重視しているという事なのかもしれません。

また、資産家を目指す人へという話の中でよく出てくることに、たまに贅沢も取り入れるべきだという話が必ずと言ってでてきます。

理由として言われているのが、いつも節約節約と言っているよりも、適度な贅沢も行うことによって、仕事を頑張ろうとか、もっと稼ごうとか思うようになると言われています。

所詮この話は、感覚的なものでしか過ぎないため、実際のところがどうかはわかりませんが、必要なことのような気もします。

そもそも人は、「何のために」という事を理解していないと、自分のやっていることがただの苦痛になってしまうことがあります。

たとえば、「年に一回旅行(適度な贅沢)をするために節約する」といった理由を見つけると、節約することに頑張れるようになるということです。

クレジットカードを使う事での本当の問題点は、こういった必要以上の出費という部分ではなく、リボ払いやキャッシングというところだと思います。

よくある話ですが、一つのことについて、良くないことが起こったりすると、その悪い点が強調されて、いい点が見えなくなることが多々あります。特に投資などを行っているとよくわかるのですが、投資の世界ではこの手の話は非常によく見かけます。

悪い点をコントロールできれば、確実に良い話であるはずなのに、悪い点が気になって、そのいい点を見ようとしない。または、いい点に気づかず悪いものだという評価を下してまう。

直近の例でいえば、コインチェックの不正送金のような事件があれば、その悪い点だけで仮想通貨は危ないという判断を下してしまう。

でも、ちゃんと仮想通貨取引業者を見極めていれば、今回のような事件に巻き込まれることは防げただろうし、少なくとも仮想通貨を動かしているブロックチェーンという技術には、大きな可能性が含まれています。

そして実際世界中の多くの企業や政府関係者が、その可能性を模索しています。

少なくとも投資を行う上では、一つの事柄だけ見て良いか悪いかの判断を下すことは間違っていると考えています。必ず良い点と悪い点の両方をバランスよく比較してみるべきだと考えています。

確かにクレジットカードは、ATMから現金を引き出すという手間がないため、なんとなく使ってしまうことが多くなるのかもしれません。

また、リボ払いやキャッシングという便利な機能もあるので、必要以上の買い物をしてしまうのではないかという不安もあると思います。

しかし、ある程度支出のコントロールができる人にとっては、決して貯蓄の足かせになるようなものではないと思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000