1時間でわかるイーサリアム入門 ~ビットコインに次ぐ仮想通貨をゼロから学ぶ~(小田 玄紀)

最近、もしかしたらビットコインは仮想通貨の主流にはならないのかなと思い始めていたところでした。

いつ、どこへでも、安価な手数料で価値を送る、つまり送金や決済することができるという点で、新しい金融の世界を感じさせてくれたビットコイン。

しかし、実際には、ビットコイン価格の上昇と取引量の拡大により安価ではなくなってしまった手数料。取引量増大についていけていないスケーラビリティの問題。取引関係者の利害不一致によるシステムづくりの不安定さ。一部の者に富が一極集中になっているという不誠実な市場。といった感じで問題だらけです。

正直これではどこに価値があるのかわかりません。

そこで、やはり仮想通貨はシステムの実用性という基準で、選択していくべきなのではないかと思っていたところでした。

そこで目をつけていたのが、仮想通貨市場で第2位の時価総額となっている『イーサリアム』でした。

それと、気になっているのは『リップル』といったところです。

そして見つけたこの本、『1時間でわかるイーサリアム入門 ~ビットコインに次ぐ仮想通貨をゼロから学ぶ~』。

『イーサリアム』には、ビットコインのような価値の送信(お金を送金するシステム)の他に、契約という機能まで持たせているという事で、なんかすごそうだぞと思いつつもそれがどういうものなのかよくわかっていなかったので、なんかわかりやすく説明してくれるものはないかなと考えていたところでした。

そんなことを考えているときに、この本を読んで、なおさら『イーサリアム』に未来を感じてしまった!という感じです。

今までもビットコインを取引していたこともあり、仮想通貨というかブロックチェーンという技術の将来性については確信めいたものを感じています。

それなのに『イーサリアム』には『ビットコイン』よりももっとすごい可能性があると感じた次第です。

『イーサリアム』の持つ契約の機能というのがどういうものなのかというと、本書の説明を読む限りでは、AさんがBさんに商品を販売した。Bさんは商品が手元に届いたときにお金を支払うという約束をしたが、それではAさんが本当に払ってくれるかどうかわからないので不安。

といった場合に。

『イーサリアム』の機能で、AさんとBさんが商品売買の契約をした時点で、BさんがAさんから商品が届いたときにAさんに振り込まれるように記録させておくことで、Bさんは商品が届いたときの支払い。Aさんは契約時に商品さえ届けばお金が振り込まれる予約がしてあるので支払ってもらえなくなる不安がなくなり安心という取引ができることになるわけです。

凄いです。今まではこのような契約は銀行などの第三者機関を通すことで行っていたわけですが、『イーサリアム』を使えば、当人同士でこのようなこともできてしまうというわけです。

間違いなくビットコインの上をいくと思っているのは私だけでしょうか?

ビットコインの議論になると、価値の保存と言いますが、はやり根本にあるブロックチェーン技術をうまく社会に役立たせるように作られていることの方が、重要なのではないかと思います。

その点では間違いなく『イーサリアム』の方が『ビットコイン』の上だと、この本を読むと実感します。

余談ですが、映画でもよく1作目よりも2作目の方が面白かったといった話を聞いたことはありませんか?

つまり、仮想通貨の世界も、第一世代のビットコインよりも、第二世代のイーサリアムの方がいいのかもしれないということもあるのかなと。

パソコンのOSもアップルのマックが登場した時の革新性よりも、実際に広く使われるようになったのは、マクロソフトのウィンドウズでした。

そんなことを考えると、やはり仮想通貨の主流は『イーサ』なのかもしれないと思わずにいられないといった感じでしょうか?

しかし将来のことはわかりません。人に、少なくとも自分には未来を予知する力はありません。

なので、可能性のあると思う所へ分散投資というのが基本になってくるかと思います。

『1時間でわかるイーサリアム入門 ~ビットコインに次ぐ仮想通貨をゼロから学ぶ~』は、『イーサリアム』についての本が少ない中で、初心者向けにわかりやすく説明してくれている、数少ない本です。

『イーサリアム』というものについて考えるうえで、一読してみるといいように思います。

非常に読みやすく、本当に1時間程度で読み終わってしまうような量なので、読書が苦手な人にもいいのかもしれません。

0コメント

  • 1000 / 1000