株式投資で普通でない利益を得る(フィリップ・A・フィッシャー)

著者フィリップ・A・フィッシャーといえば、世界一の資産を持つ投資家、ウォーレン・バフェットの投資法に影響を与えた人として有名です。

バフェットは、フィッシャーの投資法の影響を受ける前は、ベンジャミン・グレアムのバリュー投資がメインでしたが、フィッシャーの影響を受けたことで成長株へ投資するようになったと言われています。

少なくとも今のバフェットの投資スタイルはグレアムよりもフィッシャーに近い感じを受けます。

そもそもバフェット曰く、成長株もバリュー株も分けられるものでないと言っています。

一般的には成長株投資いわゆるグロース株と割安株投資のバリュー投資は、真逆の性質を持つものと言われています。

というのも、グロース株は割安になっていることがほとんどないからです。

将来的に大きな成長が見込める株は、当然その成長を見込んで株を買われます。すると、現在の価値よりも価値が上昇する将来の価値で取引されることになるため、現在の価値と比較すると株価が高くなってしまうためバリュー株とはなりません。

対してバリュー株は、誰もその株に大きな将来性を描いていないため、安値で放置されている株式ですから、将来の成長が期待されていないため、成長株とはならないわけです。

しかし、この区別は本質的に間違っているというのがバフェットの考え方なわけです。

株式投資というのは、将来的に高い成長が期待できる企業を、その成長を見越したうえで安く売りに出されたときに買うことだというのがバフェットの考え方なわけです。

これを実践的な方法で単純化して言えば、市場全体が不安感に包まれる暴落相場などで、良い銘柄もふくめてすべての銘柄がバーゲンセールとなっている中、高成長が期待できる優良銘柄を購入するという事になるかと思います。

そして、将来にわたって高成長が期待できる企業とはどういうものなのかを教えてくれているのが、このフィッシャーの考え方です。

フィッシャーはこの本で、将来にわたって高い成長をし続けてくれると考える企業を選択するための15のポイントを示しています。

正直その15のポイントは、具体的な数字などで示されているものではなく、一般の個人投資家がどうやって調べたらいいのかわからないところもありますが、そもそも成長する企業を見分けるポイントを数字などで明確に示してしまうと、状況が変わったときに使えなくなるという弊害もあるのかなと思います。なので、このぐらいの曖昧な感じの方が重要なのだろうなと思います。

例えば、昔は製造業などが多く、設備投資に大きなお金がかかるというのが当たり前という時代だったけれど、今は製造業よりもITなどのサービス業の方が多くなり、設備投資というのがほとんどかからなくなり企業を判断する上での財務内容の変化や利益率の変化などが起こっているなどといった感じです。

フィッシャーの株式投資の考え方を、個人的な印象ではありますが、ザックリというと、いつまでも高い成長をし続けてくれると期待できる企業を徹底的に探して、その企業に投資をしたらとことん保有し、いつまでも株価が上昇し続けてくれる利益を取っていく。といった感じで説明できるのかなと思います。

かりにそうなるのであれば、今現在の株価が高かろうが安かろうが、将来的には今よりも株価は上昇していることになるわけだから、買値はそんなに気にする必要はないという事になります。

本書の中でも、買値を気にしないで「成り行き注文」で買った方がいいという記述がありました。

さて、成長し続ける株を見分ける15のポイントが気になってきたところかもしれませんが。

話はそれますが、本書の最後に『私が知るかぎりで最も有能な投資家の一人が、株式市場では知能が高いことよりも精神力が高いことのほうがはるかに重要だと教えてくれた』とありましたが、これってバフェットのことなのかな?

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000