残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する(エリック・バーカー)

「成功法則」こういった話の本ってほんとたくさんあります。

そして、そのほとんどが個人的な経験であったり、願えば叶うといったことを言っているものが多く、本当に正しいのかどうかは、よくわからないことが多いです。

そして読んで満足していまうことが多く、意外と生産性のない読書になることが多いようにも思います。よく言われるのが、自己啓発の本をたくさん読んでいる人ほど、うまくいっていないといった話です。

本書は、ただの成功話ではなく、成功の裏にあるエビデンス(証拠)というものに注目しているところが面白かったです。この本を読んでどうしようというよりも、知識として「世の中にはこういう法則?があるのか」ということを知ることが面白いと思って読むことができます。

そういえば似たようなものに「となりの億万長者」という本があったことを思い出します。

ちなみに「残酷すぎる成功法則」も「となりの億万長者」もベストセラーとなっているようですが、なんとなくわかる気もします。

この「残酷すぎる成功法則」では、個人が成功したという話が誰にでも当てはまるものではないということをはっきり説明しています。

たとえば、成功に関する本の多くでは、人との付き合い方が良くならないといけない、いわゆる外交的である方がいいと言っているのを見かけます。

たしかにそのことは間違ってはいないのだと思いますが、外交的であることは成功するための絶対的な理由にはなっていないという事実も説明されています。

本書の中で例えられているものに、ニュートンがいました。

ニュートンは子供から大人まで、世界中の誰もが知っている超偉人です。

そんなニュートンは、人との関わり方がものすごく悪かったという話です。超偉人なのに人づきあいができていないかった、それどころか人とかかわることを徹底的に嫌っていたと。単純に言えば内向的であったそうです。

それ以外にも、私はあまり知らないのですが、有名なメジャーリーガーでテッド・ウィリアムズという人も、とにかく野球ばかりで人づきあいがうまくなかったそうです。

つまり、成功するためと外交的なことは必ずしも一致しないというわけです。

内向的な人間には成功は無理なのかなと思っている人もいるかもしれません。

上司や職場の同僚とうまくやっていて、人気者で、どんどん社内で地位を確立していく人を見ながら、「内向的な自分はダメだ」と思う必要はないのかもしれません。

むしろ、内向的であるからこそできる成功への道を探すべきなのかもしれません。たとえば、専門家になるには外交的であるよりも内向的であった方がいいのかなと、この本を読んで思ったことです。

投資に関して言えば、投資という仕事はもしかすると内向的であった方が向いているのかもしれないと思いました。

投資って、たぶん研究職といっしょだと思うんです。

とにかく勉強し、いろんな知識を欲し、気づいたことや思いついた方法をいろいろ試し、実験しながら、良い投資先や投資方法を探していく。

投資家ってそういうタイプの方が向いているのかなと思います。具体的に言えば、人と向き合っている時間よりも本を読んだり、情報を探したり、頭で考えたりという時間を多くする方が重要になってくるのではないかと思うわけです。

つまり、成功するための時間の使い方によっては、人付き合いはかえって邪魔になることもあり得るわけです。

面白い話でした。どちらかと言えば、自分のことを内向的だと思っていたので、ちょっと安心してしまったぐらいです。

この本は、投資に限らず「成功」というものについて視点を当てて書かれているのですが、読んでいると、投資という視点だけから見てもいいことが書いてあると思いました。

色々あって説明はしきれないのですが。

具体的には、「グリット」つまり「やりぬく力」のことですが。一般的にはあきらめずにやり抜くことが大切だと考えられています。

確かにその通りです。投資においても最後までやり抜く力というのは非常に重要なことだと思っています。

個人的な経験から言えば、リーマンショックから民主党政権時代。回復している外国株に比べて日本の株価はずっと低迷していまいた。当時はその時抱えていた損失はもう取り戻せないかもしれないなとも思っていました。しかし、それでも日本株への投資をやめずに続けてきたことで、アベノミクスという相場に乗ることができ、今では当時投資していた額をはるかに上回る額にまで成長してくれました。

これもあきらめずにやり抜いたからだと思っています。

しかし、やり続けていることで、いつまでも失敗を続け、損失ばかりになることも事実です。やり抜くというのは、強力な力であると同時に、下手をするととんでもない損失を抱える可能性だってある危ない話でもあります。

実際は、どこかで見切りをつけることも本当は必要だったりするわけです。

そう、投資でいえば「損切」というやつです。

間違っていたと判断したら「損切」をしないととんでもないことになることもあるのは、投資をしている人ならばみんな知っている話だと思います。

そのやり抜く力と途中でやめる事、それにどんな関係があるのかなどは、投資においても非常に参考になる話だと感じました。

ズバリ言ってしまえば、「小さく賭けろ」。そしてその中から良さそうなものを選んで伸ばしていけ(やり抜け)ってことになるわけですが。

他にも、ゲームに見立てる話や、自信の考え方、コントロールする感覚、などなど面白い話がたくさんあり、そのすべてが投資の話にも応用できる。

「成功法則」の本ではあるけれど、目線を変えて読んでみると「投資において大切なこと」が書かれているようにも思えてきます。

「投資で成功するための残酷すぎる成功法則」ってタイトルであっても間違っていないのかもしれない?

FPたなか/㈱あせっとびるだーず


『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』という独立系FP事務所で資産運用プラン策定の相談を行っています。

https://fpoffice.okane-iroha.com/

㈱あせっとびるだーず 
 代表取締役 田仲幹生 です。
【保有資格】
 CFP
 1級FP技能士
 宅建士

生命保険会社に勤め、その後税理士事務所に勤務すると同時期に、投資信託や株式投資を始めたが、2年後リーマンショックという株価大暴落に巻き込まれ、総資産の半分近くを失いました。
しかし、その後もめげずに投資と勉強を続け

0コメント

  • 1000 / 1000