資産運用はこれだけでOK? ネット証券大手のSBI証券による全自動の運用サービス、SBIラップ始まる!

すべてお任せ、全自動の資産運用?

全自動の資産運用と言えば、AIをつかったロボアドバイザーサービスが有名です。

ウェルスナビやテオ、楽天証券の楽ラップ、マネックスのON COMPASS、今はいろんなロボアドバイザーサービスがでてきています。

これらのロボアドバイザーサービスの仕組みとしては、AIをつかって個人のリスク許容度を算出し、それにあわせた資産配分を組み立て、あとは全自動で資産運用を行うというものです。


多くのロボアドバイザーサービスで利用している現代ポートフォリオ理論に基づく資産運用戦略では、買付時の資産配分から、運用時に崩れた資産配分バランスを整えるリバランス、金融市場のリスクの変化に対応するように資産配分を変更又は調整する、といったことが必要になってきます。

それらの面倒な作業をを全自動でやってくれる。これがロボアドバイザーサービスの魅力だといえます。


現代ポートフォリオ理論通りに運用するなら、こんなに便利なものはないと言えるのかもしれません。

手数料も決して安いというわけではありませんが、資産運用の運用から管理までを信託銀行などに任せる他のラップ口座と比べれば、ロボアドバイザーの方がはるかに低コストだと言われています。

今では、人気の金融サービスの一つとして育ちつつあります。


しかし、そもそもリスク許容量別に資産配分のタイプを分ける必要はあるのだろうか?そもそも、現代ポートフォリオ理論での運用に何を求めているのだろうか?

AIと聞くと大層なもののように聞こえるけれど。だいたい、個人のリスク許容量を算出するということのために、AIを持ち出すことに意味はあるのだろうか?

いかにも、AIが運用に関わているかのごとく言われていてるけれど、別にAIが運用してるわけでもない。(リスク計算でAIをつかっている可能性はあるけれど?)


などなど正直言えば、今のロボアドバイザーサービスに対しては、そういう疑問もなくはなかった。

ところが、今回登場したSBIラップはこれらのロボアドバイザーサービスとは、ちょっと立ち位置が違うようです。

個人のリスク許容度は考えず、運用戦略を1本に絞るというコンセプト。

マーケットデータの分析のためにAIを利用し、資産配分をダイナミックに変動させてリスクを抑えるというもので、投資家はお金を入れるだけの、完全なお任せ運用になっています。


コアサテライト投資戦略のコアに利用する?

投資戦略にコアサテライトと呼ばれるものがあります。

資産運用の中心的な部分としてコア運用を行い、その周りをまわるようにサテライト運用を行うというものです。

実は、コアの部分で良く使われるのが、リスクを軽減しなら安定的に運用する資産配分戦略のポートフォリオ運用です。

そしてサテライトの部分で、オプションなどのデリバティブを使った挑戦的な運用や個別銘柄への集中投資などを行ったりしています。


今回のSBIラップのコンセプトは、まさにこのコア向きの運用商品という位置づけのようです。

リスクを調整しながら、インフレ率プラスアルファぐらいのリターンを目指す、まさにコア向きの運用です。

コアとして使うなら、複数の運用戦略を用意しなくたって、優秀な1本を作って、それだけに絞ったっていいじゃないか。

とても分かりやすい存在意義です。


運用コストは、組入れる投資信託などの信託報酬手数料を含め約1%程度と、ロボアドバイザーサービスの中ではまあまあの手数料率です。

しかし、運用残高に応じて約0.2%のポイント還元があるようなので、それを考慮すると、他のロボアドバイザーサービスよりも実質的なコストは低いと言えそうです。


コンセプトは悪くない気がしますが、まだ始まったばかりのサービス。

多くの金融商品に言えることですが、始まったばかりは様子見が良い。本気で利用するにしても、年数を重ねて、運用状況を確認してから本格的に利用するという方が良いと思われます。


0コメント

  • 1000 / 1000